« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月

2007年7月22日 (日)

アジア杯 準々決勝オーストラリア戦

PK戦の末、オージーを下しドイツの借りは少しだけ返せたかな。

試合はボールポゼッションを高め相手の体力を奪いつつ相手の穴をつく日本と、縦の速さとフィジカルで勝負するオーストラリアで多少膠着状態になったんだけど、その均衡を先に破ったのはオーストラリアだった。
戦前点を取られるとしたらセットプレーかなと思ってたけどまさか先制されるなんて思ってなかった。実は今の日本のディフェンス力はかなり高いと個人的には評価していて、CBの中澤、阿部のコンビネーションは短期間でアジアレベルでは十分なほど熟成されていて、更に中澤がトップパフォーマンスを見せている。唯一心配なのは速さくらい。だから失点はセットプレーくらいと踏んでた。幸いにも高原がすぐに点を取って同点になったけど、高原の凄さは置いといてこんなに高原に依存して大丈夫なのかと逆に心配になった。
その後は相手に退場者が出て点が入るのも時間の問題かと思ったのだけど結果的に相手がドン引きしたため攻めきれず。
もう少し早めに寿人入れることは出来なかったのかな?基本的にオシム爺さんカード切るの遅いよなぁ。あとやはり延長後半はパワープレーに徹してもよかったのではないか。ボールを回す役の遠藤には全くもってそんな選択肢がないようにみえたが(笑)

PK戦になった時点で僕は勝利を確信してた。友人たちからメールが入ってたけどみんなPKの時点でびびってた。しかしなんか川口神がなんとかすると思ったし実際その通りだった。川口を除けば遠藤のPKが凄すぎ。さすが職人やね。

まあ兎に角よかった、勝てて。次が山場だなあ。どうせサウジだろう。

| | コメント (0)

2007年7月17日 (火)

久しぶりにサッカーの話題でも

まずはナビスコカップ準々決勝ガンバ対レッズセカンドレグ。試合は観てないけど当日は台風の接近でタフな試合となることが予想された。しかし結果は5ー2で圧勝。まさか安田、バン、家長が先発とは恐るべし西野監督。ドSにもほどがある(笑)出場が危ぶまれた家長は異次元のドリブルを見せたようで、オシム爺さん後からベトナムに連れて行かなかったこと後悔するんじゃまいか?(笑)
とにもかくにも宿敵レッズを見事に粉砕したけど、両者ともにベストメンバーではない上、来月にはまたレッズ戦(万博)があるのでもう一度粉砕してあげてチャンピオンチームに引導を渡してあげましょう。 リーグ再開がものすごく楽しみ。

そして次はアジアカップ。ここまでの3戦を観て思ったのは、『いい加減ワントップはやめれ』『高原ってここまでアジアでは抜けてる選手だったっけ?』『遠藤が代表で機能し始めた(笑)』ってとこか?
試合の中身はともかく、先発メンバーを除いて切り札になるメンバーがいないように見えて不安を感じるのは僕だけ?つまり控えの選手がただのバックアップでしかなく、オシム爺さんの言葉を借りると『スペシャルな選手ではなくポリバレント』な選手ばかり。これから決勝トーナメントになるとリーグより相手のレベルがあがるし試合が膠着する可能性もぐっとあがるんだけど、そうした時に選手交代で入る選手の選択肢が現状の戦力だと厳しいような。しいて挙げれば寿人くらいだからなぁ。しかも中村遠藤が怪我や累積で離脱したら試合にならないのは目に見えてるし。(ベトナム戦で中村遠藤が交代した後全く得点の匂いすらしなくなったし)
まあ爺さんのお手並み拝見ってところか?

で、決勝トーナメントのお相手は憎きオージー。我々はあのドイツワールドカップの悔しさ忘れてませんよ(笑)リーグであわや敗退になりそうだったオージーがなんとか勝ち抜いて上がってきたみたいだけど、ここは今年からオセアニアからアジアに加入してきたことを後悔させれるようにがっつり勝って欲しいところ。頑張れ日本!

| | コメント (0)

2007年7月10日 (火)

うまれた(後編)

分娩室に入るとすでに嫁は分娩台に上がっていて、僕の方は看護士に言われるがまま手を消毒し嫁の頭側に立った。
後はひたすら嫁の額やら首やらに浮いてくる汗を拭いて陣痛の合間に団扇であおいであげて『頑張れ!』って言ってるだけだった。

嫁が分娩室に入ったのが12時50分くらいだったけどその30分後には今にも生まれそうな勢い。嫁はんの様子も随分1人目の時と異なり余裕があるように見えた。助産士や先生なんかは『いきむの上手やわぁ』とか言ってて吹き出しそうになった。いきむのに上手い下手があるんだ(笑)
助産士や看護士なんかは全く関係ない世間話なんかもいきむ合間にしてたりして『何この緊張感のなさは(苦笑)』って感じ。まあ少なくとも順調ってわかったからいいけどね。

そんなこんなで嫁は1時29分順調にチビをひねり出したのだけど、1人目の時勢いで臍の尾切らされたからビクビクしてチビの方をまともに見れず、妻の体越しに手足がきちんと着いてることだけ確認した。後は妻に『生まれたよ、赤ちゃん無事だよー』とか言ってただけ。幸いにも臍の尾切らされることもなくチビと御対面。元気に産声をあげるチビを見て一安心でした。そいえば1人目の時は胎盤なんかも見せられたんだよなぁ、わざわざ。

それにしても病院に入って1時間半での出産で、ちょっとこの展開の速さは朝4時起きのぼんやりした頭ではついて行けなかった。お陰で分娩室の異様な雰囲気(オトコにとってあの雰囲気は異質というか落ち着かないのだよ)にひどくやられることなく無事立ち会いを果たした(笑)

なんだかんだ言って今回は1人目の時ほど緊張感もなかったし考える時間もなく、グロテスク(失礼な表現だけどあえて)な胎盤や血を見せられることもなかったせいか出産後はジーンときた。
携帯で書いてるからこれで終わりにしようと思うが家族が4人になってますます賑やかになりそう。今は離れて暮らしてるから寂しいし余計に一緒に暮らせるのが楽しみ。

まあみんなが大阪に帰って来たら来たでいろいろ大変なんだろうけど。とにかく嫁お疲れ。

| | コメント (0)

2007年7月 6日 (金)

うまれた2

待機している間に一旦病院の外に出て親に早く生まれそうの旨を伝える。

個室に戻って部屋の中をうろうろしてるうちに分娩室に呼ばれた。変な服着せられて手を消毒し分娩台の頭側に立った。

立ち会ったことがある人はわかるかもしれんけどあれは本当になんともいえない不安な気持ちというか落ち着かないというか・・・

ひたすら『なんか飲む?』『がんばれ』『もうちょいや』とか言いながら彼女の汗を拭いてた。赤子が出てきて思ったんだけど上の子の出産の立会いのときはもっとテンパっててあんまり

| | コメント (0)

うまれた

070704_1945~0002.jpg
7月3日13時29分無事男児出産。

前日23時くらいから陣痛らしきものがきてるとメールが。妻は私の実家の山口で里帰り出産、私は大阪で仕事してました。
出産に間に合うように駆けつけるつもりだったけど新幹線もない時間に陣痛が始まると無理やしとか思ってた。朝4時に状況を確認したらまだ陣痛の間隔が30分ということで6時の新幹線に飛び乗る。新幹線の中では、これが陣痛じゃなかたっら会社で恥ずかしい、つうかシャレにならんなんてことを思ってた(笑)
しかも実家についたら陣痛の痛みが弱くなったとかぬかす嫁…正直泣きたくなった(笑)

まあそうこうしてるうちに11時前?くらいから 陣痛が10分間隔になり急いで入院準備をして車で病院に向かう。普段の何倍も事故しないよう、揺れないよう気をつけて運転してたんだけど嫁は陣痛にうめきながら『ゆれる、お義母さんに運転してもらえば良かった』だって。道がデコボコだったんだよ(´・ω・`)

病院についたのは12時。個室に通され赤ちゃんの心拍計る機械お腹に巻いて横になる嫁。陣痛がくる度に無理な体制で嫁の腰をさする。あまりに無理な体制だったから毎回脚がつりそうに(笑)そうえば1人目の時はこのさする作業で翌日えもいわれぬ全身筋肉痛になったなあなんて思ってると、看護士さん、『うん、随分開いてるからうもっか?(笑)』

ええっ!そんなに早く?まだ病院ついて40分くらいしか経ってないしー

『パパは立会いするの?うちはどっちでもいいよ?』と看護士さん。

嫁『私は立ち会って欲しいけど・・・』

僕『あ、う、うん・・・』

なんかしらんけど立ち会うことになったーーー

いや、正直あんまり立ち会うことに前向きではなかったんだけどね、なんか嫁にしてやられた感が(笑)

看護士『じゃあママは分別室行こうね。パパは準備できるまでここでまっててねー』といわれ個室で待機。

 

後半へつづく

| | コメント (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »