« ずいぶん暖かいけど | トップページ | 我慢 »

2010年1月25日 (月)

不発した企み

土曜日は予定通りに午前中は自転車に乗って午後は子守に精を出すつもりだったのだけれど、目覚めたらまったく持って自転車に乗る気が無くなってたので予定を変更して午前中は梅田に買い物へ。買い物といっても心弾むようなものではまったく無くて、コンタクトレンズと嫁の化粧品なのでどちらかというとオツカイレベル。
午後からは嫁が美容院に行くので子守。がっつり公園にでも行って遊んだろ~とか思ってたんだけど、部屋の掃除したり子供がドラえもん見始めたりとで出かけるタイミングを失う。そうこうしている内に下の子が昼寝したので部屋でグダグダと昼寝したり子供とゲームしたり。たまに公園とかで子供たちとがっつり遊ぼうという父親らしいことを企んでも「たまに」だからうまくいかない好例。
そんなこんなの不発な土曜日。

日曜日は宣言どおり関西シクロクロスin桂川の観戦。朝7時に起床して明るくなってきた空をみたらこれまた今にも駆け出したくなるような天気。初めて向かう桂川に向けてルートの確認をしながら朝食をし着替えて8時出発。ルート確認は方向感覚だけ養う程度。行けば何とかなるとか思ってたら案の定その後迷うことになる。

赤川鉄橋を渡り淀川左岸をひたすら遡上。ほとんど無風状態(若干追い風気味)で快調に30Km程度で巡航。日差しが暖かい為体がよく動いて35Km巡航も十分可能な感じだったけど、河川敷の水溜りは氷が張っているくらい気温は依然低い状態の為無理をせず。御幸橋にはあっという間に到着したけど道を間違えて木津川自転車道?を南下してしまう。間違いに気付き国道1号で北上。途中コンビニで地図を拝見させていただき10時過ぎに到着。
関西シクロクロスの会場についてみると大の大人が男も女も混じって河川敷に敷設されたコースを自転車に乗ったり降りたり担いだりこけたりしながら走っていた。楽しそう。もちろんやってる本人達は必死にもがき逃げたり前を追いかけたりしていて、その熱さに観てるこちらまで熱くなる。しばらくすると風が出てきて体が冷えてきたので桂川自転車道を渡月橋まで往復をしてまた戻ってくることにした。
桂川自転車道は道幅せまく、しかもものすごくわかりにくいルート。はじめてで迷わずいける人っているの?という感じ。無事に渡月橋につけたのは他のローディのケツを追いかけていった為。でなきゃ無理。桂川自転車道の終点は阪急嵐山駅のそば。ちょうど11時過ぎで走行距離は50Km、おなかすいてきたのでコンビニで補給かなと思ったのだけどウロウロするうちに一軒の自転車を架けるスタンドをおいてあるお店「毬りん」発見。いつもはたいてい自転車を置くところがないのと節約の為、店で食事をすることはないのだけどせっかくなので入ってみる。
入るなりブログを見て来られたのですかと聞かれたけどたまたまと応える。どうやらちりめん山椒とつくねが売りのよう。チーズつくね定食?を頼む。簡単にいうとチーズハンバーグ定食のハンバーグがつくねになっただけなのだけど、つくねもソースもとてもおいしく、若干高めの料金も味で納得。ちりめん山椒もありがちな山椒をうっかり齧ると味覚消失といった事故は起きず、辛すぎずよい風味をだした山椒だった。
どうやら来客のサイクリストの自転車をブログでアップしているようで、先ほど確認したら相棒が写っていた。なぜかTOP写真(笑)

P1000873

相棒だけ一人で写っている。寂しそう(笑)

P1000865

嵐山のお店なんてどれも観光地ナイズされてて高いだけでうんちゃらかんちゃら・・・と思ってたけど、お店の人も感じがよく、客に接するというより人と触れあおうとされてた。たとえるなペンションのような感じ?
また機会があれば。

食事をしたら少し嵐山をパトロールしようかと思ったけどやっぱり観光客だらけだし、ちょっと場違いな感じがしたから撤退。12時半過ぎに関西シクロクロス会場に戻る。カテゴリも上になっていて迫力が増してた。面白そうだなあと思いながらも当分は「観るだけ」にしとこ。しばらくピットインとか生々しい感じを堪能しつつそのカテゴリが終わったところで会場を後にする。

帰りはうまいこと桂川自転車道~淀川サイクリングロードと帰えることができたのだけど最初から最後までずっと相当な向かい風の為堪えた・・・
ちらほら同じ向きで進んでいるローディがいたもののペースが遅く挽きあいするような出会いがない。ひたすら一人で回し続けるのだけど枚方大橋につく頃には足の売り切れと軽いハンガーノックで30Km巡航持続のの気力体力なし。そこからは25km巡航でなんとか豊里大橋にたどり着き3時半帰宅。

日曜日は乗る前と乗った後クエン酸&BCAA(グリコ、粉末)を試してみた。乗る前に飲んだ効果からかかなり足の廻りがよく、帰宅後に飲んだ効果からか、疲れの残留感が格段に減少。坂がまったくなく運動強度がいつもより低いからどこまでの効果があったか判り辛いとこもあるけど、帰宅後だけでも導入する価値がありそう。次回は峠の加えたコースで試してみようと思う。

それにしても日曜日はよい天気。しらばらくこんなちゃりんこ日和は春までないのではないかと思うと若干山に行かなかったことは後悔、そんなこんなの不発気味も新しい出会いのあった週末でした。

|

« ずいぶん暖かいけど | トップページ | 我慢 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317409/33117994

この記事へのトラックバック一覧です: 不発した企み:

« ずいぶん暖かいけど | トップページ | 我慢 »