« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

2010年4月28日 (水)

GWの予定

いやー明日からGWですねーいっぱいあそぼ(笑)

今のところ妻の決裁なしGW予定。

■4/29(木)

トミカ博?雨やしお外で遊べないからちょうどいいかな。でもあんまり気乗りしない。何故ならトミカ博、プラレール博で買わされるおもちゃはちょっとしか遊ばず飽きるから。でも行ったら買わなきゃならない状況になる・・・

■4/30(金)

長男幼稚園で遠足。休みやないんや?オムツはずし練習中の次男とひらぱーにでも行って嫁はんには一人ゆっくりしてもらうかな。

■5/1(土)

予定なし。電車にのって子供を連れてどこか行こう。京都方面か堺方面。

■5/2(日)

自転車でミーティング(亀岡方面)

■5/3(月)

自転車でミーティング(十三峠方面)

■5/4(火)

妻実家?僕以外はお泊り。

■5/5(水)

妻子供おらんはずなので多分自転車。乗れたらがっつりと乗る。もしくは山登り。

妻にもゆっくりしてもらう時間つくらなあかんなぁ。学生時代の友人とも飲みたいなぁ。カメラもってぶらぶらもしたいなぁ。いろいろしたいねん!でも金も時間もないわ・・・もっと『選択と集中』を極めなければ。

そうだった、先日パンクしたから換えチューブがない。買いに行かねば乗れない。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年4月27日 (火)

バブルガムフェロー

バブルガムフェロー死去。17歳、肺炎。
サンデーサイレンスの子供で、朝日杯を勝つなどしてクラシックの中心となるべき馬だったけど骨折。

クラシックはダンスインザダーク、ロイヤルタッチ、イシノサンデーを中心に動いてく・・・

その後4歳(今の規定では3歳)で秋の天皇賞を勝ったりエアグルーブとの死闘が印象に残っているけどなんか優等生的なイメージだったなぁ。

ああ、それにしてもこの年はイシノサンデーとマヤノトップガンを信じて買い続けて負けまくったなー
くっそー思い出してきた。サクラローレルが強いのはわかっていたけど意地でトップガンを買い続けたんだ。そのうちマヤノトップガンを盲目的に愛してしまって(笑)ローレルを憎んでいく(笑)←あほう・・・

次の年の春の天皇賞でマヤノトップガンが信じられないパフォーマンスで当時現役最強馬サクラローレル、3強の一角だったマーベラスサンデーを並ぶまもなくぶっこぬいてレコード勝ちして(ついでに馬券も当てて少しだけ儲けて)リアルにうれしくて泣きじゃくった←あほっ!!

その後トップガンほど好きになれそうな馬も出てこず、その年のトップガン引退で競馬から遠ざかっていく。

ちなみに一緒に競馬場に通い詰めた友人はその後競馬記者になりいっちょまえにスポーツ新聞のコラムも予想も書いている。友人はイシノサンデーで負け続けていた僕の横でダンスインザダークを買い続けて勝ちまくり、マヤノトップガンで負けまくっている僕の横でサクラローレルを買い続けて勝ちまくっていた(笑)向き不向きっていうのがあるんだな。そして趣味が高じて今や競馬記者だもんなぁ。すごいもんだよ。

狂ったように競馬にのめりこんでた10数年前の頃を思い出したニュースでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

買ってみた本

Img_hike_motto_top

amazonでは検索しても引っかからないのは気になるけど中身は結構充実しています。阪急のラガールショップで購入したんだけど、購入前に何軒か本屋を覗いても置いてなかったです。

あくまで「ハイキング」。購入目的は息子や家族と行くため。

だけど目を留めるページは岩場があるとこばかり。。。

しかし、魚崎~大石の灘の酒蔵めぐりコースが「家族向け」の設定。あくまで難易度のことなのか家族全員が20歳を超えていることが前提なのか・・・基準がわからんよ(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月26日 (月)

週末展望 気ぃ早すぎ⇒GWだった。忘れてた。

週明け早々だけど今週末GW(今週からGWだった。忘れてた。)は家族総出か息子と2人かわからんけどこんなプランで。天気は概ね良好みたい。

1案:トロッコとか色々乗り倒すよ

2案:Deepな大阪をちょっとだけ味わうよ

1案の概要は

阪急京都線大宮~嵐電四条大宮~嵐電嵐山で嵯峨野まで散歩。トロッコ嵯峨野~トロッコ保津峡で歩いてJR保津峡。もっとトロッコ乗っていたいとのたまったらトロッコ亀岡まで。JRに乗り継いで並河駅前の亀岡バーガー。時間と元気があれば亀岡散策。帰りはJRでズバッと大阪市内まで。こんなプランなら長男くん大満足かな。

2案の概要は

阪堺線沿線ぶらり旅。フリーパスを買って。

地下鉄天王寺~上町線天王寺駅前~住吉~我孫子。我孫子道で阪堺線の車庫を臨む。帰りは阪堺線我孫子道~恵比寿町。この区間でいくつか途中下車したい駅がある。自転車で迷い込んだことがあってなというか”大阪”を感じる場所。じっくり散策したい。恵比寿町から新世界界隈で通天閣、串かつ。別に串かつを食べたいわけでないけど僕と違って大阪に生まれて育つ息子には経験させるべきな気がする、知らんけど(笑)ただとうちゃんが新世界界隈で呑みたいだけかも。

2案はほんとは1人で歩きながら食いながら飲みながらがいいような気がするけど路面電車に乗ったことがない息子は喜ぶやろうなぁ。どっちの案がいいか聞いてみよう。

両方か?

追記

しばらくして今週からGWであることに気付いた。GWの京都は激混必至だな!あえて行くか、やめとくべきか・・・六甲山ケーブル、有馬ロープウェーを視野に六甲山でもいいかな。きっとどこも人いっぱいに違いないけど。今夜は緊急家族会議だ。

追記2

帰宅後息子にどっちがよいか聞いてみた。

とうちゃん「トロッコが電車と路面電車どっちがいい?」

むすこ「路面電車!江ノ電がいい!鎌倉!」

とうちゃん「・・・大阪にも路面電車あるねんで、ほら電車の図鑑持ってきてみ」

ということで阪堺線に決定。

GWは大げさな旅行はないけどひらぱーいったり妻の実家いったり息子と小旅行したりサドルの上でミーティングしたり、いろいろせなあかんから晴れが続くといいなぁ。それと山登りにも行けたらいいなー六甲山もいいけど比良山系とかでも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月25日 (日)

快適ライディング!

今日は天気がすごぶる良いもんだから自転車に乗るかどうか迷っていたのだけど、息子が自転車に乗れるようになったら好きなおもちゃをかってあげると約束していた(あんまりモノで釣るのよくないなあ)から、発進も含めて乗れるようになったらしい息子を連れて梅田のヨドバシへ。なんやよーわからんおもちゃを買ってやり昼にパンをこーてこい命令が妻からあったのでベイクドQで適当にこうて帰る。

昼ごはんを食べていると「今日は乗りにいかんの?」って言われた。なんか初めて言われた気がした。

我慢するのは良くないから言葉に甘える。13時に出発。天気が良いから本当に気持ちがいい!福井~忍頂寺~清坂と繋ぐ。福井から清渓の交差点まで勝手にTTをしているのだけど冬の間18~19分かかっていたところが今日は16分台。調子がいいみたい。

リエージュがはじまったからここまで。

つづく

Hi3f0289

ユニバーサル園芸社の側の交差点。この坂でスイッチが入る。

Hi3f0296

忍頂寺下り清坂峠までのアプローチ。どこまでも青い空。

Hi3f0299

清坂峠。冬はよく凍結する。鹿もみたなぁ。今の季節でも空気はひんやり。

Hi3f0301_2

清坂を下り733で東進。林の中を進むすばらしい道。時々集落。もう田んぼも水を張る季節。二料周辺。

この後樫田でパンク(笑)チューブ替えてるとnak○gawaのフレームに乗られた桂小枝似のおっちゃんに声を掛けられる。「パンクです。大丈夫です。」といったにもかかわらず足を止めて色々言われる。「それWo?うちのはチューブラーだから(ほにゃらら)」

うるさい替えづらいじゃないか(笑)!!!

「このポンプ使ったら大概大丈夫やで」とドデカイ空気入れ渡されるけど入らない(笑)

20cmも満たない自分の空気入れで3分で空気重点完了。いったいなんなのさ・・・

まぁ悪気はなさそうだから休憩がてら色々話をする。このおっちゃん(小枝)なんかいろいろ聞いてくる。「レース出るの?」「六甲のタイムどのくらい?」「勝尾寺のタイムは?」

六甲のタイムを言ったら黙った・・・決して自分のタイムが早いわけじゃないけどおっちゃん1時間以上掛かるらしい。別にどうでもいいんだけど人にタイム聞いて黙るなら聞くなよ・・・

小枝は吹田らしいから帰路はどんなコースって聞くと同じように6号~46号と繋ぐみたいだからわざと「一緒ですね!」って言ってみたら「私もうちょっと休んでいくから(ごにょごにょ)」つまんないな!一緒に走ろうよ!10秒で千切ったるのに。←大人気ない。

nak○gawaのフレームを素直に褒めたらアルミやカーボンの悪口のオンパレード。曰く「力がロスしている」らしい。クロモリすばらしいしかっこいいし、できることならnak○gawaのおっちゃん生きてるうちにnak○gawaでオーダーしたいと思ってるくらいだけど、プロは誰もクロモリじゃなくてカーボンじゃないか。当分俺はアルミでいいんだよ。ピキピキした感覚が嫌いじゃないんだ。変なおっちゃん(小枝)に丁寧にお礼を言って別れを告げ樫田の交差点から6号を北上。46号分岐で左折する。何故かこの東掛までの区間が一番気温が低い。46号からまた清坂を登り返す。下りの時は急に思える坂だけど登りはたいしたことない。アウターで十分だけど疲れてきてるのでインナーで廻す。

お腹がすいてきたので見山の郷で一服。おやきパンと称す米粉のパンに沢庵をきざんだ物がはいっているパンを食す。んーちょっと微妙。

Hi3f0305   

見山の郷の鯉のぼり。風があったのでよく泳いでる。

本当は16時までに帰って子供たちと赤川鉄橋に行くつもりだったのだけど、この時点で16時。パンクと小枝で時間が(笑)妻にメールを入れて開き直ってここから銭原へ上がり、音羽に抜ける道を通り抜け110号を豪快にダウンヒル。実は110から大阪の街が一望できる開けた箇所があることにはじめて気づく。そういえばあんまり110を下ることないからなぁ。ユニバーサル園芸社の交差点を彩都方面に曲がり、万博外周から府道14号を通ってうちまで。うちに着いたのは17時半。

のんびりしすぎたけど玄関につくと息子たちが騒いでる。ちょうど公園から帰ってきたところだったらしい。とうちゃん汗だらけ子供砂まみれなので一緒にお風呂に直行した。

今日は本格的な春でもう夏用のジャージのみで十分な暖かさだった。トラブルはあったけど春を満喫できたライディングでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

リエージュ〜バストーニュ〜リエージュ

今日はリエージュ〜バストーニュ〜リエージュ。春のクラシックの最後を飾るレース。

今年もメンバーにバルベルデ、シュレク兄弟、ヴィノクロフ、コンタドール、ジルベール、クネゴ、サストレと、ワンデー、クライマー、オールラウンダーの一流どこが集まった模様。

先週は力尽きて見れなかったから今日は張り切ってみるぜ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年4月24日 (土)

目をつりあげて走らない第一弾

今日はあるつながりで初めてご対面する諸兄とサドルの上でミーティング。

8時に箕面駅改札前で待ち合わせなので7時ちょうどで出発。のんびり走っていたら桜塚にて7時40分となり集合時間が微妙になるので飛ばす。飛ばしていたら後ろから"早い感じの人"が。伊吹で一番早かった人が(笑)今日はシ○ベストの朝錬に参加なんですね。

そんなこんなで箕面駅に待ち合わせ時間の8時5分前に到着。すでにHさん、Kさんが到着されていて挨拶を簡単に済ませると雲行きが怪しくなる。そしてとうとう雨が降り始める。家出る時めっちゃ晴れだったのに。結構本格的に降り始めたので雨宿りをしながら遅れているJさんを待つ。雨が降る中Jさん到着したところで雑談をしていると雨が上がり始めた。

Hさんが北摂に不慣れなKさんとJさんにコースの簡単な説明を。こういう細かい気遣いが自分にはできないので見習わなきゃと・・・箕面駅前TTを10分40秒~11分30秒で通過。せっかくなので高山に向かう前に勝尾寺に寄って休憩。この頃には晴天で気温も上昇。勝尾寺で休んだので高山を通過し金石橋まで直行することにする。高山のくだりは肌寒い上ウェットで慎重にくだり妙見の上りに突入。

序盤Jさんと色々お話しているうちにHさんとJさんが切れる。タイム計測していたのだけどそこそこのペースであがっていたのが後からわかる。Jさんはきつかったかも。だけど結構余裕があるように見えたのであまり気にしていなかった。妙見の一旦下りに入る箇所で後続のお2人を待つ。5分程度で合流し下りへ。分岐から「ここからは1Km程度なので各自上げていきましょう。」と提案。千切り合いを提案してみる。了承いただいたように見えた?ので言いだしっぺ特権で先行し分岐からヘアピンまで飛ばす。ヘアピンに差し掛かるところではHさんのみがついてこられていた。ここから若干斜度がきつくなるからHさんと合流しようかと思ったけど先行したアドバンテージをなくすのももったいなかったので15M程度の間隔で先行し最後まで登りきる。最初の上り区間で待っていた時間は時計を止めていたけど27分半程度で妙見を登る。初めてのJさん、Kさんはしんどかったかな(笑)

妙見で亥の子餅を食べて補給。寒くなってきたので降りることにする。Hさん提案で野間方面にくだり一庫~池田とつなぐコースを取る。野間までの下り、寒すぎる。Kさんの温度計では4度を記録していたみたい。ウィンドブレイクいるやろ・・・と思いながら皆さんがいうほど寒い思いをせず下りきる。ヒートテック+裏起毛が以外に防寒を果たした。野間の大欅で雨に捕まり雨宿り。15分程お茶休憩をしているうちに晴れ間が覗いたので再出発。一庫まで40Kmで引っ張りまくる。実はこの時点で足がピキピキで妙見よりがんばった気がする。

後は雨から逃げながらひたすら南下。池田にて渋滞に巻き込まれて雨雲に追いつかれ豊中に入る頃に雨雲に捕まる。一旦解散しHさん、Kさんと随時別れていく。Jさんとは方向が一緒なのでしばらくご一緒に。雨が強くなってきたので豊中のシ○ベストで雨宿りさせていただく。15分程度で雨雲は通りすぎ176~なにわ自転車道と繋いで帰宅。13時前。

今日ご一緒いただいた方々は自分を含め33、34、35、36歳と絶妙なアラサーでもなく中途半端な30代ミドルであった(笑)キャリアやブランクで足の差はあったものの恐らくポテンシャル的にほぼ同等であったので今後も走行会を続けたら足が揃って非常に楽しめるなあと思った。今後ともよろしくいただきたいと思いました>アニキたち

今日は非常に楽しかったです。

追記

読み返すと日本語非常におかしいなぁ。めんどくさいから直さないけど。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年4月23日 (金)

さて今週末は

伊吹が終わったらあんまり自転車のことを考えないようにしようと思っていたのだけどやっぱりちらちら考えてしまうんだなぁ。伊吹前よりは随分まし。しばらく目をつり上げて坂のぼりせずにのんびりのんびり。

本当は自転車乗らないつもりだった先週末は山登りの後夕方1時間くらいほど自転車に乗ってみた。何故なら息子と一緒に行った六甲山への行き帰りにロード乗りをちらほら見かけたため。でもまだ肉体的な疲れや筋の痛みが取れてないからか違和感満点のライディングであったのだけど今週はどうだろうか。体の疲れはしっかり取れた。さほど猛烈にサドルに跨りたいという欲求はないけど跨ったら跨ったでテンションやら心拍やらはあがるんだろうな、きっと(笑)

この週末はとある繋がりの方々と初めてお会いして箕面~妙見往復をすることとなった。今までは基本的にはソロでのライディングであったしそれはそれで満足していたのだけど同じサドルに乗るのが好きな諸兄方と交流を持ってみる。

それはそうと、以前よりどうもBB周りに違和感というか正確にはBBかどうかわからんのだけどペダルを回しているときに足の裏にピキピキとした感覚がするときがある。BBのベアリングを疑っているのだけどまだ4000kmくらいしか走っていないのにもう交換か?

とか思ってたのだけど情報収集してるとどうやら今ついているBBはどうも1年くらいで具合が悪くなるケースがあるみたい。精度が高い頑丈なものに交換するしかないかな。しばらく様子見だけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月21日 (水)

サングラス

ずっと自転車に乗るときは恐らく大学生の時に買ったはずの自転車用でもなんでもないOakleyのサングラスを使っているのだけどこれにはいくつも不都合な点があって

1.風を巻き込むので走り終わったら眼が真っ赤
2.レンズが傷だらけ
3.暗くなると見にくくなる
4.フレームが顔に合わない
5.フレームがメットとあっていない
6.ダサい(笑)

と挙げたらキリがない。4以降はともかく1~3は結構深刻なわけで。

で、去年のサイクルモードに行ったとき個人的に一番物欲全開になったのは地元大阪の企業OGKブースでみたサングラスのCORAZZA。開発者らしき人(妙にたどたどしい感じで営業や企画じゃないなぁという感じ)が色々と丁寧に説明してくれ(すごく感じがよかった。まじめな感じで。一生懸命作ってます!感が伝わってきたような気がして購買意欲を後押しされ)たのだけどウリは

(1)サイズが2サイズS~M/L(そんなに顔大きくないから個人的には必要ないけど)
(2)ノーズパッドと柄の部分が変形して自分にあうよう調整可
(3)ヘルメットと合う形状
(4)レンズが3枚(クリアがあることが大きいなぁ)
(5)レンズ上部のフレームが取り外せて視野が広がる

とのことでほぼ現時点の課題がクリアできそうであったのとデザインが好み、定価が8900円くらいで恐らく実売は7000円前後と予想されお手ごろ感たっぷりなのでいつから発売予定なのか聞いてみると2010年2月末と仰られてた。それを信じて2月末まで待ったけどちっとも出そうな雰囲気がなくて・・・伊吹に間に合うといいな、いっそのこと問合せでもしてみるかと思うくらいであったんだけどようやく4月11日に発売。伊吹の日じゃないか。伊吹は雨と霧の為実際サングラスなんぞいらんかったけど。実物確認をしてよさそうであれば購入の予定。

今見ると若干カラーリングが微妙な気がするがそんなこといっていたらいつまでも何も買えないぜー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月18日 (日)

六甲山

いつもと違い、今日はサドルにまたがってではなく、手足を使って。しかも5歳児とともに。

コースは芦屋ロックガーデン中央稜~風吹岩~横池~打越峠方面~岡本駅。

7時におきて、昨晩遅寝の息子を何とか叩き起こし朝ごはんを食べながら(食べさせながら)おべんとさんを作る。おべんとさんといってもおにぎりと玉子焼きのみ。あとは・・・おやつ!

うちを8時半すぎに出て9時半前にに阪急芦屋川駅着。芦屋川ロックガーデン入り口まで親子ふたりてをつないでぷらぷら。ロックガーデン入り口で息子「お腹すいた」とのたまう。

『山カフェ』でいきなり休憩(笑)父ちゃん仕方なく?ビールとホットドック。息子、アイス。まだ入り口だぜ。先が思いやられる親子旅。

Hi3f0278

結局寒くて1/3しか食べなかった。父ちゃん残り頭痛くなりながら食べた。この山カフェ、お酒が豊富すぎて登りでうっかり入ってしまうと登れなくなりそう・・・いきなりのトラップにとうちゃんびびりまくり。

気を取り直して息子、ガンガン岩場を登る。結構足場はしっかりしているけど急峻(子供にとっては)のはずなのだけど、頼りないと思っていた息子がしっかりちゃきちゃき岩場登るもんだから安心してほってほいた。ロックガーデンはもちろんスタンダードな中央稜。こんなことなら地獄谷方面に廻っても良かったと思ったけどそれはまた次回。

ルートは完全に先行する息子任せ。よほど無理なコースではなければ勝手に行かせる。体重が軽いからかヒラヒラと登っていく姿に、重いからだの父ちゃん羨ましく思う(笑)ジャングルジムもてっぺんに登れないくらいなのに今日はたくましく見えて父ちゃんうれしかった。

であっという間に風吹岩。で昼食。

Hi3f0280

大阪湾一帯を見下ろしながら息子は食事、父ちゃん一杯。飲むにあたって月を探したけど当然みつからず。

大勢の登山客が昼食の中、いのししが現れて客の一人のザックを奪い去る。大人も子供も大騒ぎ。六甲山麓の大学に通っていた為いのしし耐性ありのとうちゃん遠巻きにその様子を眺め食い物とザックをもって撤収できるようにしながら食事続行。息子果敢にいのししに近づこうとする。食い物がついた口もとと手をよく拭いてやりほって置いた。楽しそう。その他小学生くらいの女の子がフリークライミングまがいのことをして背中から落下するのを目撃したりかなりカオスな状態であった※その小学生もザック背負ってたおかげで平気だった。

Hi3f0281

横池にて。淵に連なる黒い塊。なんだろう?

Hi3f0282

おびただしい数のおたまじゃくし。息子大喜び。とうちゃんこの数がカエルになると思うとうるさくてかなわんと思う。

Hi3f0287

うれしくてうれしくて棒でつつく息子。トランス状態。

な息子の周りではまたもやいのしし騒動。なにやら登山客のザックが奪われたとか。いのししも取られた方とその集団もトランス状態・・・

Hi3f0288 

岡本方面の下り。八幡谷に向けて。

その後打越峠方面へ抜け下山。のぼりは調子が良かった息子、くだりは苦戦。足腰がしっかりしないと下りは難しいらしい。長いくだりにうんざりしていた様子。「おもったよりくだりたいへんやったわ~」だって。あと「ここまできたらいのししこないかなぁ?逃げれたかなぁ?もうこうへん?」やっぱりびびってたのか(笑)

でなんとか無事下山。せっかく岡本にきたのでひつじ書房へ。今日一日がんばったことと、昨日自転車の練習でこまなし乗れるようになった(発進時はフォロー要だけど)息子に絵本をプレゼントしてJR~阪急と乗り継いで帰宅。

山の中ではほとんど甘えず自分の足で歩いた。下山のみてをつないで一緒にあるいた。しっかり歩いたけどちっちゃな体で無理したみたいで夜何度か「いたいよおおおおおお」と泣き喚いていた。多分筋肉痛。その日の晩に筋肉痛が出るなんてよっぽど無理したか若いからか。無理させたんだとしたらごめんよ。でもまた行こうな~とうちゃん楽しかったわ。

追記

手足を使って登るのも相当楽しかった。掛け値なしに。自転車にも乗りたいのに山登りも再開したらどっちつかずになるに決まってるけど六甲山だけなら・・・コンパスどこいったかな?捨てたかなぁ?なんて思っている自分がいる・・・

今回もって行き忘れたもの。レジャーシート、コンパス、帽子。

『息子といくルートを探索する為に』と称してソロで行くか?(笑)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年4月16日 (金)

なんでだろう?

子供の虐待死が続く。自分は絶対しないと思っていても彼らだって最初からそんなつもりは無かったかもしれないし、と思うと怖くなる。だからこんな事件のニュースなんて見たくないけど目を背けちゃ駄目なんだと思う。でも願わくば今すぐこんな事件なくなればいいのに。

知らなかった

阪急は今年で100周年なんだけど京阪も100周年なんだ。京阪は近年中ノ島線も開通しチャレンジングなイメージ。他の私鉄も近鉄・阪神乗り入れとか積極的なサービス。阪急もがんばれー例えば、梅田-新大阪とか高槻-東大阪とか。

1Q84

3巻が出たらしい。しかも0時から売ってる店があったらしい。すごいなぁ村上春樹さん人気。ハリーポッター並じゃないか。昨日amazonさんから発送のお知らせがあったから今日届くのだろう。当初続編はありませんとのたまっておられた出版に、そんなわけないやろーこれで終わったら詐欺やでーよくいけしゃーしゃーとそんなこと出版が言うなーと思って非常に読者を馬鹿にしているように思えて白けたのだけどやっぱりとりあえず読むことにした。でないと1、2巻読んだのが無駄になるし。

で、読むとしたら通勤中がメインになるんだけどこの1Q84でかいし重いし(高いし・・・)でちょっと嫌だ。早く電子書籍とそのビジネスモデルが普及しないかなぁ。i-podの時のようにi-padが発売されたら進展するよ。早くi-padを見たい。

結構このあたりの感覚がリアリスティックだと自分では思っていて、例えばレコードやCD、本のジャケ買いなんて絶対にしないしラベルでお酒を選んだりしない。だからi-podやi-padのようにコンテンツをいっしょくたんにして持ち運べてちょー便利になるのは最高。でも本屋やCD屋は好きなんだよなーなくなるのはちょっとなーと思う。ごめんね矛盾だらけで。で、ちょっと今思ったのはなんにせよ一番困るのは電池切れだよなあ(笑)紙と電子のすみ分けが進む、か。

ずっとず~っと前から思っていたことだけど、電子ペーパーなる技術が出てきたときやモバイルの普及時に新しいビジネスモデルに新聞や雑誌が本気で取り組まないことに腹が立っていた。なんで取り組まないからなんてわかるけど。どうせ一回読んだら(大半の記事は読まないくせに)捨てるような紙を大量に印刷して配り倒して、記事に並ぶのはエコの文字だったり(笑)電子に移行したらエコかどうかほんとのところわからんけど。やっと日経は電子版をサービスし始めたけどちょっと腰が引けているし感じだなあ。もちろん機器を使いづらい人だっているしその配慮も必要だろうけどね。

※紙を敵視してるわけでないです。新しい取組みをしないことが体質的に気に入らないだけです。

※※電子化が進むと新聞配達をする苦学生や家計をたすける青年はどこへ?ちょっと心配になるなあ。

電子書籍もそうだけど電気自動車とその(ネットワークを含む)インフラ整備によるパラダイムシフトは確実にそこまできているし、楽しみだなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月14日 (水)

クラシックも楽しい

先週は朦朧とした意識の中パリルーベを観ていたけどカンチェラーラ強すぎですね。ボーネンもアシストを失ってからのアタック攻撃は男らしくてよかったです。カンチェラーラの独走が決まり最後まで逃げ切れそうなところまで観て寝ました。録画してるし。まだ観ていないけど。春のクラシックの一番の楽しみが終わりました。

さて石畳が終わり今週はアムステルゴールドレース。細かいアップダウンが続くこのレースに今年はエヴァンス、シュレク兄弟、クネゴ、サストレ、クルイジガー、ニバリといったステージレーサなんかが出てくるようです。(Jスポ情報)日本人も土井、別府がでるので必見ですな。

個人的にはリクイガスのニバリ、クルイジガーがどこまでできるか。そろそろリクイガスのエースはバッソではなく俺たちだってところを見せて欲しい。エヴァンスやサストレのようなグランツール総合争いする選手にどこまで対抗できるかをチェックしたいとところ。あとはここで調子がよければクネゴとかも完全復活でツールが楽しみになるんだけど所属チームのランプレ自体が薬物でゴタゴタしてるからなぁ。

放送はJsports1 4/18 21:15~24:30

ちなみに4/25はリエージュ~バストーニュ~リエージュで春のクラシック最終戦。去年アンディシュレクが勝ったレース。この2戦はジロをはじめとするグランツールの行方をはかるわくわくするレースになりそうだなぁ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

疲労困憊

日曜日からずっと遊びまくっているせいで疲労困憊。今日は何もないから仕事が終わったらしっかり休もうと思います。

昨日は今シーズン初の万博。ACL予選リーグ第5節ガンバvs水原三星。友人より招待券を譲っていただきました。ありがとうございました。

会社を定時で退社して6時半過ぎに到着。平日なのでガラガラかと思いきや結構入ってました。『美味G横丁』は大賑わい。道頓堀今井が出店していたのできつねうどんをいただく。500円はちょっと高いけどきつねおいしかったです。予報どおり時折小雨がぱらつくが何より気温が低くてスーツじゃつらい中やっぱりビールを飲む(笑)

さて試合ですが、遠藤、ルーカス、橋本、平井、JJを欠く中試合が成立するのか心配でしたが・・・宇佐美くん大塚くんにはあまりボールが収まらず裏を狙う動きばかりでこりゃどうしたものかなぁ厳しいかなと思っていたけど水原も大して決め手がない。体格が相手のほうがよい感じだったので失点するとしたらセットプレーからやなあ、ああセットプレーや、やばいなぁ、ああ入ったって感じの失点。それで奮起したのか、ハーフタイムにはっぱかけられたのか前半あまり見られなかった宇佐美が得意とする左アウトから切れ込むドリブル、つぶれながら二川にパスその二川が芸術的なゴール!ふたさん、さすがや!

というか、この日の二川は無双状態。一人ピッチで次元違うドリブル、3Dフル活用のパス、芸術的なゴール。なんで代表に呼ばれないんだろう。サポ的には呼んで欲しくないけど。試合の内容より二川のプレーで十分お腹いっぱいに。寒さMAXで震えながら見ていてたけど残り10分を残して万博を後にしました。その後ロスタイムに逆転の宇佐美ゴールがあったとか。でも後悔していません、そのくらい寒くて耐えられなかったですから(笑)

自転車では極寒0度前後の中35kmで風切って走ることに耐えれるのに何故だろう・・・

9時半ごろにはおうちについてパスタ作ってもらって焼酎喰らってたらどっと疲れを実感。そいや日曜日はレースをして、月曜日は飲み会、火曜日は仕事後サッカー観戦と遊び倒していたから当然やなぁ。もう20代ちゃうねんから。

飲み会が余計やった・・・スタンディング・ソロ(ただの立ち飲み、こういうとちょっとかっこよくないだろうか?)や家飲みは大好きなのに会社の付き合いとかは難しくなっている。昔はまったく苦じゃなかったのに。「歳だから」じゃ片付かんやろまだ33歳やし。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年4月13日 (火)

足の調子が悪い

ちょっと左足の調子が悪い。筋痛めてる感じ。がんばりすぎたかなー

伊吹山が終わり次の目標は『大台ケ原』かな。公式サイトはまだだけど去年は7月の中旬だったみたいなので伊吹から適度な間隔があっていいように思う。ひょっとしたらとばして熊野古道にするかもしれないけど。こっちは10月?

目標確定の前に少し自転車との距離を少しだけとる。
距離をとるというのは例えば「速くなるために早朝から坂登ったり下りたりする」とかある種の切迫感背負って走ったりはしないということ。乗れるときに乗りたいぶん乗ればいいじゃないか~的なライトなお付き合いにしばらくする。

自転車と距離をとったかわりにちょっとうちの長男坊に近づいてみる。

うちの長男陽太くんは幼稚園年長さんの5歳。体が小さくうえにおめめぱっちりの女の子顔。おまけに甘やかして育てたせいかかなりの甘えん坊さん。そんな陽太くんと先週近所の公園で遊んでると同じ幼稚園の同い年のお友達に会ったので一緒にサッカーして遊んでみた。そこで自分の息子とそのお友達の体力や体格の差に愕然としてしまう・・・そのお友達はサッカーを習っているとはいえボールを止める、パスをする、シュートをする、転がっているボールを正確に蹴り返すことができる・・・と、サッカーになっていた。陽太くんは転がるボールに触るのもやっとのこと。これだけの体力差があったらサッカーだけじゃなく一緒に遊べないよ。でもこれも父親が体を使って一緒に遊ばなかったことに原因の一つがあると思うと申し訳なくなってきた。今更息子にとっては迷惑だろうが対策をさせていただく(笑)

サッカーとか水泳とかは習い事で教えてもらったらいいと思っているからハイキングなんてどうだろう。ここ最近天候が安定しないけど安定したら芦屋のロックガーデンに連れて行こうかな。日常の世界とは違う冒険気分のなかで手足全身使ってのぼりおりするのは子供の体力の強化にもうってつけだと思う。ロックガーデンには随分行っていないから本当にうちの子でも登れるかいまいち自信はないけど登れるところまで登って帰ってきたらいいさ。可能なら芦屋-ロックガーデン-風吹岩-岡本というルートで。

久しぶりすぎるサッカー
今日は縁あってガンバのチケットを譲っていただいたので観に行く。ACL予選リーグ第5節水原三星戦。今シーズン初の万博。どうも怪我や体調不良で遠藤明神橋本平井JJあたりが出れないらしい。フレッシュなメンバーになりそうなのでそれはそれで楽しみ。現在のガンバはメンバー固定および固まった采配で閉塞状態が続いている。事実Jでは降格圏内をうろついている。中核選手がいないときにACL予選リーグ首位チームに勝ったりしたらチームや采配も活性化するんじゃないかな。ところで今夜はあんまり寒くなるなービールが飲めないじゃないか!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年4月12日 (月)

パナソニックヒルクライムin伊吹山 当日2

一緒にスタートする集団の前列に位置どって前の集団がスタートをするのを待っていたら前の集団が人数が少なく1列でのスタートだったので、その直後に並んでいた我々の集団の中に前の集団のスタートと混同した奴らが何人かいた。

こんな状態。
 --------------------←スタートライン
 ○○○○○○○○○○←前の集団
 ●○○○○○○○○○←自分の集団最前列 ●が自分
 ○○○○○○○○○○←自分の集団最後列

自分は集団の最前列である自覚があるし次のホイッスルで出るつもりだったけど後列の人には認識が無かったみたいで前の集団のスタートのホイッスルでごちゃつく(笑)
隣の人も自分と認識が一緒だったのでスタートしなかったが、もういいやと思ってスタートしてみた。最初からぐだぐだ(笑)

30人の集団はすでにばらけてクリートはめた段階で50m前方に最初のホイッスルに反応した集団がいた。数秒前方後方を観察してすっとんで行った前方の集団がよいペースだとわかったけど追いつくにも足を使いそうなので追いつくことを諦める。

スタート直後から結構な斜度が続くが雰囲気に飲みこまれて箕面TTコースをやるくらいに足を使っている自分に気付く。最初の失敗。このままいくともたないから少し落とし気味にして心肺を落ち着かせて足が温まるのを待つ。

雰囲気になれてきたところで再度気合を入れる。最初から今日は「斜度が低いとこや下りではとばし、きついところはがんばりすぎない」作戦。前半は貯めて後半開放とかはあえて考えず。

スタート地点では視界は確保されていたのだけど上りはじめるとすぐにミルキーな世界。ひどいところでは5m先が見えない霧の中、比較的アップダウンのあるコースを前述の作戦であまり先を考えずに実行。後からは嗚咽のような声を上げながら上がっていく人を見るとよくそこまで追い詰められるなと素直にすごいと思う。なかなか真似できない。

「残り6km!」とか「4km」とかスタッフの声、サイコンに眼をやるとコース全長が12kmならばそれぞれ「残り8km」だし「6km」だった。12kmって話だけど結局10km程度だと思うのですがいかがでしょうか。多少そのあたりの声かけに混乱しながらずっとリミッタぎりぎりでのぼっていく。思ったよりレース全般においては静寂な中進み、チェーンを送る音と自分や隣の人の激しい息遣いと後ろから聞こえる他人の嗚咽くらいしか耳に入らない。濃霧の中ちょっとした非現実的な世界にいる気分だった。

「残り700m!」

この声に反応してスパートを掛けてしまう。これが大失敗。100mも持たずたれる。本日最大の失敗。これで完全に足がストップ。その後の残り「○m!」の声で1枚大きいギアに掛けてスパートするも失速の繰り返し。恐らく残り700mはタイムが非常に悪いと思う。意識が朦朧としてくる。下りで気付いたのだけど、最後の700mは結構な斜度だった。結局その時点で冷静な判断下せないくらい疲れきっていたんだろうな。もったいないことをしたと悔やまれる・・・

それでもゴールはかつて経験したことないくらいもがき倒して(といっても足は既に売り切れてたからハエがとまりそうなスピードで)ゴール。ゴール後しばらく歩けないくらい(もちろん歩ける)だった。ゴール後ぼんやりしたり写真を撮ったり荷物とったり色々しているうちに特にすることもないから早く下山することにした。

Hi3f0271

誰も表彰なんてしてくれないけど。

Hi3f0272

ゴール後のミルキーな世界。 撮影者は足がくがく。自転車はただたたずむ。

が、ここから下山の列に並ぶも進まない。時間にして30~40分くらい?記憶が曖昧。理由はわからないけど恐らく時間的に実業団のスタートと重なった為のように思う。延々と待たされ結局おり始めたのは12時半を過ぎていた。下山し始めると実にスムーズで、あっという間に下りきる。下りは上ったときよりも視界がクリアで途中から関ヶ原?を見下ろしながら自分がどれだけ登ってきたかをようやく実感できた。

駐車場まで戻ってきた後は会場でそばを食べたりまったりしていたが、なんていうかあれだけ居たはずのクライマーの方々はまばらで閑散としていた。みんなどこ行った?みんなまだ上にいるの?なんかもう終わってしまったというふうに感じて一人片付けて帰路につくことにした。

Hi3f0273

最後まで全貌をあらわさなかった伊吹。来年は頂上に上ったるねん。

運営について、いろいろといいたいこともあるけど、上ってる途中、下山途中応援をしていただいたことにただ感謝。気温は比較的高い日でしたが濃霧の中やはり寒かったはず。来年も是非開催して欲しいと思います。

去年の8月にロードを嫁に黙って買って白い眼で見られ、同じく嫁に白い眼で見られながら毎週乗り回して、子供ほっぽりだして挙句の果てに子供が寄り付かなくなったりして(今は仲直りしたと思ってる)反省しながらもやっぱり乗り回した成果として臨んだ伊吹で、土壇場で出るかどうかも含めて悩み倒しながらも結局出てよかったなと車をうちに走らせながらぼんやり考える。

レース自体タイムはまあ想定どおりだけど細かくは色々失敗していて、さすがにキャリア8ヶ月のレース初参加の未熟さを露呈した。そんな細かい失敗はあっても楽しかったし目標タイムを1分上回った達成感も十分感じられている。

伊吹に臨む2,3週間は自転車中心の生活を送ったのでしばらく家族よりにシフトする。それから伊吹が終わったらご一緒しましょう、なんて言葉を色々と交わしている諸兄方にお会いしたいと思う。つまりしばらく眼を三角にして自転車に乗ったりしない(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パナソニックヒルクライムin伊吹山 当日1

当日は朝4時に起床。朝食は卵かけご飯にインスタントのスープとしっかり食べながら気になるのは天気ばかり。

朝5時の気象庁の発表を見ると「曇り夜遅くに雨」とのこと。じゃあ大丈夫かな、行こうかなということでレンタカーを取りに行く。しかし無常にも外は雨で、今日の天気予報が当てにならないことが早くもわかる(笑)

「もういい。どうなっても知らんけど行く。」ことにした。

6時前に荷物を積み込んでGO!出発時は大阪は雨。高速を走ること1時間滋賀県は時折雨ぱらつくがまとまった雨ではない。

が、関ヶ原に着くと結構な大雨。これには笑うしかなかったけど、無事8時過ぎに会場に到着。駐車場は混雑もなくスムーズに駐車できた。なんにせよ受付を済ませるか、と思いそのまま受付へ。ここでも並ぶことなく完了。総合案内所には「DNSはこちらへ」の文字。そうかDNSをするにも申告したほうがよいのか、そうか自分はどうしようかとあれこれ考えながら車に戻る途中、ここに何しにきたんやろー雨が降ったから走りませんとかなら最初から来なきゃよかったんやと思い直した。

「もういい。どうなっても知らんけど走る」ことにした。

とりあえず自転車を組み立てとりあえずレーパンをはく。雨は降っているけど気温は高めなので夏用で行くことにした。でも結構回りは冬装備なので若干不安になる。後からわかるけどやっぱり夏用で正解であった。冬用の人はかなり暑かったんじゃないかな。色々準備をしているうちに晴れ間が見える。小雨も降る。今日はこんな1日なんやろなと腹をくくる。

Hi3f0269

雨が上がりしぶしぶ組み立てる。

9時前には準備を完了し会場の周りをウォーミングアップで走るが、あまり人が多いし時々逆走もいたりして秩序ある状態ではないのでさほどアップにならなかった。アップをあきらめて軽く補給をして荷物をまとめて預けたりぼんやりしてたりした。幾人かネット上でやり取りをしている方を見かけたのだけど何故か声をかけなかった。

「声をかけるなら走り終わってからでいいじゃないか」

このあたりから緊張などはしていないけどレースに臨むモードになっていたように思う。そうこうしているうちに集合時間になりスタート地点まで移動。この移動が歩道を走ったりいくら誘導がいるからといって信号を守らない箇所があったりで間延びした。運営上仕方ないかもしれないのだけどなんか工夫の余地があるような気がした。スタート地点では集団の後方に位置していたけど、ゼッケンが近い30人程度の集団で30秒ごとのスタートと聞いていたのでなんとなくここにいたらいけない気がしたから強引に隙間を通り前に出て一応自分が所属する集団でスタートラインにつく。

Hi3f0270

スタートラインの相当後方。自転車を愛する諸兄方に囲まれて嬉し楽し大好きだぜ。

なんかワクワクしてきたが最初で躓く(笑)

つづく。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年4月11日 (日)

伊吹山とりあえず

無事参加、完走しました。

44分でした。いろいろ書きたいことがあるけど今日はもう限界までパリルーべ観て寝ます。

楽しかったです。

詳細はまた後日~

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年4月10日 (土)

伊吹前日

レンタカーの手配をしていろいろ準備をして今はもうまったり。

明日は4時起き。もう少し呑んでから早めに寝るつもりだけどwonder×wonderが気になって気になって。

ゼッケン1537です。

諸兄方、ソロでの参加で寂しい思いをしていますので見かけられたらぜひ声をお掛けください。

それでは明日がんばりましょう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 8日 (木)

水都大阪

そんでもっておうちに帰って自転車に乗るコスチュームに着替えて2時に出撃。

お山に行こうかと思ったけどテンションがあがって運動強度があがりすぎても困るのでCRを走ることにする。

なにわ自転車道に御旅町から入りを下流に向けて走る。時間帯のせいかあまり人がおらず快適に飛ばせた。人のいない見通しのよい区間は35km以上で廻せた。で、ここ。

Hi3f0224

パヴェ、じゃなくて矢島緑地。角が立った石畳の為低速限界でそろろと。

そこから43号線に戻り東進、淀川左岸を下流に進路をとりヨットハーバー経て舞州へ。

舞州では強風の中全力で5週ほど周回し足が止まりかける前にやめぴ。いつも上らない新夕陽ヶ丘に行ってみる。

Hi3f0230

遠くに見えるは今日は避けた六甲山系。存在感たっぷりだったぜ。今日は大阪の中心から六甲だけじゃなく、生駒や北摂の山々がくっきりと見えた。

このはな大橋を渡りユニバーサルスタジオ西側を通り天保山渡船場へ。初めてだけどすぐにわかった。

Hi3f0239

渡し舟の豪快なドリフトとその正確な技術にとうちゃんビビッた。

向かいの海遊館のそばまでは5分程度。なんかワクワクしっぱなしだった。でも自分以外は完全に生活のために乗船。若干どころかかなり浮いてたような。

そこからなみはや大橋を渡りウエパでもよって帰ろうかと思ったのだけど、渡ってしまうと夕食に間に合わなくなりそうなのでそのまま中央大通りを東へ。四ツ橋を北上、中ノ島で再び東進し大川沿いを経て毛馬まで。

大川沿いは桜がまさに満開。平日の昼間なのでそれほど人はおらず、でも自転車で走るにはちょっとストレスを感じる程度。気持ちを切り替えてのんびりと走る。

Hi3f0243

毛馬閘門。毛馬閘門はかっこええ。今日は画像なしだけど今度撮ろう。

Hi3f0247

影が長くなってきた。どうりでお腹がすいてきた。おうちはすぐそこ。

Hi3f0249

毛馬からすぐの赤川鉄橋。

今日は渡りません。何故なら今の時間帯であればここにいかなきゃ。

Hi3f0257

菅原城北大橋からの5時47分の夕日。実際はもうちょっと明るい。ここからの夕日はきれい。遠方に見える梅田のビル群と淀川の自然のコントラストが絶妙だと思う。携帯の画像じゃわかりにくいかも。

ここからうちまでは5分。おうちにつくと妻がハンバーグを焼きはじめていました。どうやら夕食に間に合いました。

走行距離:65km

今日はそこそこ上げて走るつもりで出撃したのだけどそれは舞州までで、そこを離れると水都大阪ポタリングになってしまった感が・・・まあつかれきってもしょうがないのでまあいっか。

ポタリングにしてはレーシーな夏の装い。どうせポタるんだったらもうちょい街になじむ格好にすればよかったわ(笑)

Hi3f0259

とうちゃんの今年度春夏秋の戦闘服。おしりとサドルの相性が抜群に良くなるパッド入り。みごとな仲介ぶりにとうちゃん感動したぜ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お天気

今朝は気温はあまり高くないけどよく晴れている。朝会社に行く前から自転車日和やな~休もうかな~今の時期仕事暇やしな~とか思ってたんだけど今日のうちにしておかなきゃならないこともあったような気がしたからとりあえず会社に行く。

そしてちゃっちゃとやっぱりあった今日しておかなきゃならないことをして午後休みの申請(笑)明日やればいいことは明日でいいのさー

息子の熱は昨晩はまだ38度台だったけど今朝になると正常に戻っていた。とりあえず一安心だけど、日曜日からずっと食欲がなかったからげっそりしている。妻によると1Kg体重が減ったよう。大人であれば1kgの減なんてほとんど体調に影響はないけどもともと少ない子供の体重から1kgの減はしんどいやろうな。今朝はお腹すいたーって言ってたからこれまた一安心。いっぱいご飯を食べて元気になりやー幼稚園の始業式にでれてよかったなー

それにしても帰って何しようかな。やっぱり自転車を少し乗りたいけどどこ行く?

きついから六甲山以外で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 7日 (水)

お散歩

仕事終了後のびきった髪を切りに新大阪の美容院へ。

仕事帰りに美容院に行くと適度に疲れているからシャンプーやその後のマッサージが異常に気持ちよくてたまらん。仕事で疲れているときとかたまにシャンプーだけでもしてもらうのもいいかもー

で、リラックスしたのでついでに新大阪から散歩しながら帰宅することにした。

まずは西中島方面。近所なのにあまり足を運ばない地域なので駅周辺をパトロールしてみる。歩いているとお腹がすいてきたので立ち飲み屋に入ろうかと思ったが心くすぐる店がなかったのでスルー(実はかなりdeepな角うちがあったのだけど人が一杯で・・・)なんとなく西中島の雰囲気を把握して思いついたのは先日花見をした『柴島浄水場で夜桜を見る』だった。

ほんで崇禅寺に移動。発泡酒(500ml)とサラミ(計278円)を両手に桜並木を歩く。会社員や大学生、カップルなど多種多彩で楽しんではる中のんびり満開の桜を眺めながら歩く。15分ほどで通り抜け、淡路方面に歩いて夜の散歩終了。うちに着いたら9時過ぎで、1時間くらい散歩したことになる。

会社帰りに最寄り駅より手前で降りて散歩、これはいいかも。でもカバンが邪魔。

伊吹方面

日曜日の天気は曇り。ただし気象庁の予報ではC判定と気象庁もあんまり自信のないねんという予報。(予報にはABCの判定がついてて気象庁の自信を表している)早く自信もって発表いただきたい(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 6日 (火)

お熱

昨年12月くらいにヤフオクで格安で落としておいた夏用のサイクルジャージを日曜日初めて着たのだけど、そしたら昨日洗濯時に気付いた妻に『自転車関係の服どんどん増えるなぁ』って牽制されてしまった(笑)新品並みにきれいだけど中古で安かったんだよ・・・と言い訳。

タイトルは珍しく長男が高熱をだして、しかも3日たっても熱が下がらないから。普段長男はほとんど病気にかからないし、熱を出してもすぐに下がるからちょっと心配。食事もあまり食べないから(普段からあんまり食べないけど)かなり痩せてきた。とうちゃんかあちゃん心配全開だぜー早くよくなれー

つづく、かもしれない

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 5日 (月)

自転車関係いろいろ

ロンド・ファン・フラーンデレンいわゆるツールドフランドルですごいものみた。

中継はかなり早い時間からあったようだけど観始めたのは10時過ぎ。終盤の勝負どころでカンチェラーラとボーネンが集団から抜け出し後続を引き離す。このままだとスプリントに勝るボーネンの勝ちかなーって思っていたら最後の難所ミュール・カペルミュールという自転車2台くらいしか併走できないような狭い石畳にて・・・

ミュールの傾斜20%区間でカンチェラーラはシッティングのままボーネンを突き放した!ボーネンも追いすがろうと必死にのダンシングするも一瞬で置いていかれた。ボーネンがよろけながらダンシングする場所でシッティングのままって・・・いつぞやのツール(確か2007?)でのラスムッセン対コンタドール(ドーピング問題でラスムーはその後消えるけど)くらいびびった。

ゴールもスイス国旗を観客から手渡されたカンチェ、ゴール寸前にスイス国旗を降ろしゴール。熱狂的なベルギーファンの前でこれまたベルギーの英雄ボーネンを正々堂々と圧倒的な力で打ち破った上にこんな配慮までできるなんてかっこよすぎるぜ。まじめな話、惚れ直した。

いやー来週はパリ・ルーべ。こりゃカンチェ包囲網だなぁ。そのくらい昨日のカンチェラーラは衝撃だった。熱いぜ北の地獄。

そんで伊吹方面の話。

運営から17Kmでの開催は無理だから12kmでやるよーってな感じでメールが来た。これについてはちょっと残念に思うけど、まあ12kmなら六甲と同じ距離やしそれはそれで初参加の身としてはよいのかも、でもやっぱ残念無念。12km短縮について、運営に3回もやってるのだから前もって除雪しろよ的な文句たれているブログを見かけたのだけど、雪山を見たことないんやろうなぁ。先週の寒波を思うとしょうがないだろうに。HPに13km以降の写真が。雪崩れあるかもだから進入すなよと書いてある。ゴール後いけるとこまでいってみよーとか思っていたんだけど先回りされた。不純な気持ちはどやらお見通しようだ。ちなみに今日現在日曜日の天気は曇り曇り時々雨。前日の予報で雨の確率が高いようであれば思い切って取り止める。気温はやや高め。今週ずっと気温が高いから当日やっぱ除雪完了したから17kmでやるよー的サプライズは無いか?無いよな普通。

ゼッケン番号は『1537』です。見かけたら是非声をおかけください。

昨日ショップの人と話をしていると12kmのコースだとちょうど六甲逆瀬川コースのタイムから10分引いたタイムらしい。ということで目標は45分とします。

あとは備忘録的に。

レンタカー24時間営業で近所にある店を見つける必要あり。自転車ばらしたら軽自動車でも大丈夫かな。軽なら12時間5000円切るし財布にやさしい。5時にレンタルして5時半に積み込み完了で出発したい。って何時に起きなきゃなんだよ。

■駐車場開門:4:00

■5時半出発、7時半に到着予定。

■受付:6:00~9:10

■荷物預け:6:00~9:20

■スタート:移動が10:00、開始が10:33

すっかり忘れてた。髪の毛を切る。メットから髪はみだしまくりでみっともない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 4日 (日)

六甲山にでも行ったら?

って言われたので六甲山に登って来ました。これにはいろいろと紆余曲折がありまして・・・

今日は北摂の山を越えて美山に行く予定でした。そしてもちろんその通りに朝出発して府道120~忍頂寺~清坂を越えて峠を下りきった時のことでした。リア側が変速でききないし・・・

清坂からの下りで変速の調子がおかしかったので下りながらカチャカチャ変速の具合を確認していましたが下りきった46号との合流地点でお亡くなりになられましたー

シフター死んだのかと思って一瞬来週の伊吹のことを思うと冷や汗もんでしたが、よくよく見るとワイヤーが切れていました(完全には切断されてない状態でしたが)

それとローで固定されていたのでとりあえず帰れることに安心、これがTOP固定だときつかったはず(笑)ワイヤーの切断が原因だと予測していても実際シフターにも影響があったらいけないと思ってショップに行くことにする。

テンションダダ下がりで46号を下って、テンションが下がっているが故に先を急がずシャルドンに寄る。アンパンとマフィンをいただく。ここはコーヒー等の飲み物を自由に飲め、店内外に食事のスペースがあって本当に使い勝手がいい。寄るのは2回目(のはず)

Hi3f0220

出来立てのアンパンは美味しかった

その後いろいろと何故か茨木で迷いながら10時半に一旦うちに到着。出掛けは山用にウィンドブレークだったのだけど、平地に戻ってきて気温が随分上がった為夏用のコスチューム変更、tubiさんに電話して対応できそうか確認のTelを入れて、OKだったから速攻で行く。

結果的にはやっぱりワイヤーの切断が原因でした。ほんと来週でなくて良かったねーなんて店長さんとお話しながら、これから行くのにどっかええとこあります?って聞いたら十三峠かなー、でも私十三峠行ったことおまへん、十三峠は入り口がわかりにくいからなあーじゃあ六甲山がええんとちゃますかーなんて話をして六甲山に登ることにした(笑)

逆瀬川についてふと気づいたのだけどこの時点で今日は90Km走っていた・・・足はしっかり残っている感じがしたから気にせず登る。足も廻るしせっかくだから記録を狙おうとがんばる。ひたすらがんばる。そしたら最初の12%表示のところで足が攣る・・・90km走っていたからか、いつもより多めに廻したからか・・・クランク廻しながら回復を待つ。しかしこの時かなり辛かった。宝殿を過ぎてもだましまだまし廻していくけど結局最後まで足が攣るか攣らないかの瀬戸際で全力を出し切ることはできなった。それでも一応記録更新。

タイム:55:05

Hi3f0221

2時半ごろの一軒茶屋。登山者と少しお話しながら休憩。

一軒茶屋でぶどうサイダーをぐびーっと飲んでぶわーっと来た道をダウンヒル。しかし減速帯はなんとかならんのかなあ。40Kmで突っ込むと吹っ飛びそうになる。こわー

下りきってぶわーっと帰路をぶっ飛ばし武庫川CR~2号線~なにわCRでなんだかんだ言って140Km超のロングライドになった。

人生においてふくらはぎだけじゃなく太ももまで攣るという経験なんかもしたけどライディング的には充実していたように思う。攣っていた足も岐路をすっとばしてたら直ったし。

さて来週の伊吹山は~(日曜日の夜だけに)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 3日 (土)

今日は花見だから

お昼から弁当とお酒を引っさげて近所の柴島浄水場に家族4人で向かう。若干曇り気味。

Hi3f0206

ちょっとだけ曇りになったりもして肌寒かったけど桜は綺麗だった

お弁当さんつつきながら日本酒(ワンカップ)を呑みいい気分でした。息子たちは桜をろくに見ずそこらじゅうを駆け回っていたけどそれなりに楽しんでいた様子。下の子がう○ちをしたのでそれを契機に3時半くらいに撤収。

Hi3f0201

間抜けな顔してるなぁ、口閉じろよー

オムツも替えて、気を取り直して寄り道で赤川鉄橋。ママはおうちに直帰。何故来ないんだろう(笑)ここに来た時すっごい楽しそうなのに。

Hi3f0214

ちっちゃく写っているのは息子たち。

彼らはここが大好き。貨物専用のこの線路、すぐそばを割合低速で貨物列車が通り迫力満点。ごっつい一眼レフを構えた鉄もたくさん。この日も貨物列車を見れて子供たちも満足そう。休日は夕方4時半くらいに通ります。もちろんほかの時間も通っているのですが見に行くのはいつもこの時間帯。

今日は5時過ぎに起きて自転車乗ってお昼からお酒呑んで充実?した1日でした。満足したので10時過ぎに就寝(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は花見

なので自転車に乗るのは10時までと決めて。

朝5時半に起きて6時15分に出発。今日は箕面~切畑~銭原~見山~忍頂寺~110~彩都。

天気もよくて気持ちいい。

箕面でTT。今日のルートではここしか計測区間はないし来週に向けて気合入れる為ちょっと上げてみた。

タイム:8:26

もがき倒したわけでもないけど70秒の更新。更新前は流した時の記録だから比較にならない。計測区間を過ぎてしばらく呼吸を整えた後は高山に向けて時速20Kmを基本キープしつつ登る。

Hi3f0199

高山にて

高山到着時刻が8時ちょうどだったので妙見へ行こうか迷ったけど明日も乗る予定だし高山をくだり切畑~銭原経由で流して帰ることにした。普段は110から登って箕面を下ることが多いのだけどその逆をたどるルート。実はこれは初めてで、見慣れた風景画随分違って見えて新鮮であった。箕面以北は随分冷え込んでいたらしく、先日の雨でできた水溜りが日陰では凍っていた。ウィンドブレイクジャージではければ凍えてたはず。ウェアの選択が難しい季節。見山でトイレ休憩してその後はまっすぐおうちへ。

予定通り10時ちょうど着。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 2日 (金)

立ち飲みで座る

帰宅時効率よく乗り継ぎができる電車が決まっていて20分に1本なのだけど、昨日帰宅時に寸でのところで乗り逃してしまい、仕方なく次の電車に乗った。これが新快速で京都をでると高槻まで止まらない。高槻から阪急に乗り換えるが阪急の駅につくと次の快速急行(これに乗らないとかなり最寄駅まで時間がかかる)まで15分あったので駅近の立ち飲み屋へ。

しかし立ち飲み屋と言っておきながらしっかりイスがあり、何故かがっかり。座って飲むとペースが鈍るぜ。大ビン一本流し込んで駅へ。380円。

昨晩は気付かなかったけど結構大阪でも雨風が強くなったみたいで、今朝通勤時桜が随分散っていた。週末が見ごろのよう。明日は天気は良いが12度くらいで、少し肌寒いかな。花見は日曜日にしたほうがいいかなー迷うなー

週末は1日にロングライド、1日早朝ライドで。

早朝ライドは箕面高山往復、時間があれば妙見。ロングはまだ詳細は立ててないけど北摂方面で150km程度の予定。恐らく110~忍頂時~清坂か銭原~亀岡~372で日吉方面か篠山方面。この当たりは天気、気温その時の体調で決めたい。心は美山方面に傾斜気味。

伊吹は完走できればいいや、と思っている自分がいるんだけどやっぱり景色や雰囲気を楽しむ余裕を多少のこしつつも出し切らないといかんな。若干気合がたりてないじゃないか自分。ロードに乗り始めた時はちょうど1年後の乗鞍にでることを目標にしていたじゃないか。すでにエントリが始まっているぞ、どうする自分。締め切りは4/20だー。

悩む・・・悩まないことにする。乗鞍から目を背ける。理由は先立つものがないから。乗鞍は交通費、宿泊費ともに結構な額になる。子供手当や給料やらが増えるからといって父ちゃんの遊びにばかり使ってはならない(はず。自分への言い聞かせ)

そのかわり視線の先は日帰りで臨める大台ケ原と熊野古道方面へ。

一方で直近の視線はおっちゃんの聖地天満立ち飲み屋へ。大ビン350円の激戦区に身を投じてみたい。会社帰りではわざわざ我が家を通過する天満だがなるべく自然な形で参戦してみるつもり。ちょっと散歩に行ってくるとだけ告げて出て行くとか。そんなん言った日には子供のついて行くっていいよる(笑)自然な参戦を模索することとする。

つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »