« 朝練(ドーピング疑惑) | トップページ | 夜練~勝尾寺往復 »

2010年6月15日 (火)

2010FIFAワールドカップ南アフリカ大会 E組日本VSカメルーン

週末より色々あって少し疲れ気味ですが、昨日はE組の2試合観ました。これはさすがに観ないわけにはいかない。

オランダVSデンマークについては割愛。ただオランダは強い。ロッベンいなくても強い。結果的に負けたけどデンマークの戦い方は参考になる。オランダ戦はワントップは岡ちゃんか玉田で、カウンターでセンターバックや左サイドの裏を狙いまくるしかない。

さて対カメルーン。オランダVSデンマークの試合途中に速報的にスターティングメンバーが知らされる。事前の予想通り、本田ワントップ。右に松井左に大久保。調子のよいメンバーを起用。岡田監督には「情報戦」という言葉はないのか?もちょっと捻って俊輔先発とかあるかと思ったけど。まぁあんまり不満は無かった。ひたすら試合開始を待つ。今日は故あってノンアルコール。珍しいけど飲んでたら途中で寝ていただろうから結果的に良かった。その「故」についてはまたあらためて後日。

11時にキックオフ。カメルーン戦勝ち点が取れない場合はほぼ日本の南アフリカ大会が終了する。逆に勝ち点3取れたら本当に大きな希望。この試合は内容はいらん。とにかく勝ち点。

試合はお互い慎重なスタート。しかしスタート直後よりものすごい違和感。「カメルーン弱い?!」戦前よりカメルーンの不協和音や怪我人情報はあったけどこれほどとは。日本もきちんとカメルーンのよさを消すサッカーを徹底していたけれどそれにしてもまぁなんというか「エトーだけ」。組織的なプレーがないから大久保や松井の縦横の動きに対応できない。「今日はそこそこやれるかなーこのままカメルーンが覚醒しなければ。ずっと寝ててなー」と思ってると松井から本田にどんぴしゃのセンターリング、先制。

「えええええ!本田が決めた?!」

岡田監督、これで手のひら返したように評価が変わるね、よかったね!結論から言うとその後の選手交代もまぁある程度理にかなったものだし、結果的に逃げ切って日本勝利。

それにしても何故カメルーンはエトーを右に張り付かせたままだったんだろう。エトーに自由なポジション取らせたらかなりまずいことになっていたと思う。日本先制後の後半スタートでエトーがやはり右にポジションをとっていること確認したとき、心底安心した。エトーが真ん中に来ていたら・・・

とまぁ何にせよ日本勝利うれしいー

次はオランダ戦。これで思いっきりぶつかっていけるね。でも得失点勝負になるかもだから最小失点で。幸いさほど相手のDFがスピードタイプに強くないしスペースが生まれるからカウンターの徹底。これに増してサイドの攻防がキーになりそう。右サイドは思い切ってウッチーとかで真っ向勝負もみたいなぁ。多分オランダのサイドアタックまともに受けたらあかんと思う。サイドの裏をついて上がりにくいようにすることも『一つの手ではないかな。

今週は仕事に研修にワールドカップに忙しい。

追記

昨日のマンオブマッチは本田とのこと。唯一の得点者だから当然。だけど僕は阿部と遠藤を評価したい。少なくとも阿部が危険な芽を摘み取り遠藤が必死にバランサーになっていたように思えた。

|

« 朝練(ドーピング疑惑) | トップページ | 夜練~勝尾寺往復 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317409/35271934

この記事へのトラックバック一覧です: 2010FIFAワールドカップ南アフリカ大会 E組日本VSカメルーン:

« 朝練(ドーピング疑惑) | トップページ | 夜練~勝尾寺往復 »