« 朝練~いろいろ | トップページ | ツールドフランス2010~はじまりますなぁ »

2010年6月29日 (火)

2010FIFAワールドカップ南アフリカ大会 トーナメント1回戦 日本VSパラグアイ

考えよ! ――なぜ日本人はリスクを冒さないのか? (角川oneテーマ21 A 114) 考えよ! ――なぜ日本人はリスクを冒さないのか? (角川oneテーマ21 A 114)

著者:イビチャ・オシム
販売元:角川書店(角川グループパブリッシング)
Amazon.co.jpで詳細を確認する

「考えよ!」オシムじいさんの著書で会社の人に先週金曜日に借りて昨日読み終えた本。会社なんかではよく言われる言葉が題名(笑)

以前にオシム監督について触れたけど、そこに書いた内容がほぼその時に監督自身が目指したことそのままだったので少しうれしかった。テーマは日本のサッカーについて全般的に述べているんだけど、全身全霊で命を懸けてサッカーに関わったオシムの言葉はサッカーに留まらず、人生において、あるいは仕事において、果ては教育や育児についても考えさせられる内容。

心に響いた一言「結局は限界は人がつくるもの」

以前読んだ「オシムの言葉」はその内容の壮絶さ、命がけでサッカーと関わるその姿勢に涙なくては読めなかったし読み応えがあったけど、この本は2時間程度で読める本なので11時キックオフまで手持ち無沙汰な方は是非読まれてはどうか。(※さすがにまったくサッカーの知識がないと内容がわからないかもしれないです。普通のスポーツニュースを御覧になってる人なら可)

今日はベスト16日本VSパラグアイ。勝てば日本サッカー史においてエポックな出来事。簡単なゲームにはならんだろうけど絶望的な実力差があるわけでもないはず。実はリーグ戦で一度もパラグアイの試合を見ていないのだ。取り貯めたハードディスクにはあるだろうか。あれば11時までに予習でもしよう。泥酔することないように気をつけて夜を過ごさねば・・・

つづく。つづきはよい結果の後だとうれしい。

0-0(PK5-3)という結果。押し込まれた時間もあったけど日本のシナリオどおりに進んでいったのではないだろうか。結果的に1点が取れなかったけれども120分最後まで走りきった選手を称えていいと思う。ワールドカップが始まる前は夢にも思うことができなかったような、ひょっとしたらベスト8でスペインかポルトガルと!なんてことも思い描くことができた。胸張って帰ってきてください。特に駒野。負けたのは駒野のせいじゃない。それ以上に日本の右サイドを支えたのは駒野だってみんなわかってるし。みんなもあんまり駒野批判せんといてくださいね。

岡田監督は辞任の方向らしい。オシムのピンチヒッターという難しいスタートでその道のりも相当困難があったはず。監督自身だけじゃなくご家族も相当な心労があっただろうし、それを思うとワールドカップで結果が伴って本当に良かった。お疲れ様でした。

日本の「南アフリカ大会」は終わった。でも今日から4年後の「ブラジル大会」に向けての始まり!

|

« 朝練~いろいろ | トップページ | ツールドフランス2010~はじまりますなぁ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317409/35563296

この記事へのトラックバック一覧です: 2010FIFAワールドカップ南アフリカ大会 トーナメント1回戦 日本VSパラグアイ:

« 朝練~いろいろ | トップページ | ツールドフランス2010~はじまりますなぁ »