« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

2010年6月29日 (火)

2010FIFAワールドカップ南アフリカ大会 トーナメント1回戦 日本VSパラグアイ

考えよ! ――なぜ日本人はリスクを冒さないのか? (角川oneテーマ21 A 114) 考えよ! ――なぜ日本人はリスクを冒さないのか? (角川oneテーマ21 A 114)

著者:イビチャ・オシム
販売元:角川書店(角川グループパブリッシング)
Amazon.co.jpで詳細を確認する

「考えよ!」オシムじいさんの著書で会社の人に先週金曜日に借りて昨日読み終えた本。会社なんかではよく言われる言葉が題名(笑)

以前にオシム監督について触れたけど、そこに書いた内容がほぼその時に監督自身が目指したことそのままだったので少しうれしかった。テーマは日本のサッカーについて全般的に述べているんだけど、全身全霊で命を懸けてサッカーに関わったオシムの言葉はサッカーに留まらず、人生において、あるいは仕事において、果ては教育や育児についても考えさせられる内容。

心に響いた一言「結局は限界は人がつくるもの」

以前読んだ「オシムの言葉」はその内容の壮絶さ、命がけでサッカーと関わるその姿勢に涙なくては読めなかったし読み応えがあったけど、この本は2時間程度で読める本なので11時キックオフまで手持ち無沙汰な方は是非読まれてはどうか。(※さすがにまったくサッカーの知識がないと内容がわからないかもしれないです。普通のスポーツニュースを御覧になってる人なら可)

今日はベスト16日本VSパラグアイ。勝てば日本サッカー史においてエポックな出来事。簡単なゲームにはならんだろうけど絶望的な実力差があるわけでもないはず。実はリーグ戦で一度もパラグアイの試合を見ていないのだ。取り貯めたハードディスクにはあるだろうか。あれば11時までに予習でもしよう。泥酔することないように気をつけて夜を過ごさねば・・・

つづく。つづきはよい結果の後だとうれしい。

0-0(PK5-3)という結果。押し込まれた時間もあったけど日本のシナリオどおりに進んでいったのではないだろうか。結果的に1点が取れなかったけれども120分最後まで走りきった選手を称えていいと思う。ワールドカップが始まる前は夢にも思うことができなかったような、ひょっとしたらベスト8でスペインかポルトガルと!なんてことも思い描くことができた。胸張って帰ってきてください。特に駒野。負けたのは駒野のせいじゃない。それ以上に日本の右サイドを支えたのは駒野だってみんなわかってるし。みんなもあんまり駒野批判せんといてくださいね。

岡田監督は辞任の方向らしい。オシムのピンチヒッターという難しいスタートでその道のりも相当困難があったはず。監督自身だけじゃなくご家族も相当な心労があっただろうし、それを思うとワールドカップで結果が伴って本当に良かった。お疲れ様でした。

日本の「南アフリカ大会」は終わった。でも今日から4年後の「ブラジル大会」に向けての始まり!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月27日 (日)

朝練~いろいろ

勝尾寺~清渓~天狗岩~見山~銭原~高山~北摂霊園~勝尾寺~自宅

自宅~大阪市内ウロウロ

100km

朝起きると雨は上がっているけど路面は乾いていない。なので2度寝して8時半に起床。路面が乾ききっていないからウダウダ。そろそろ良いころあいかと思い10時に出動。

勝尾寺TTはTTと言ってはアカンスピードで上る。

16:35

今日はものすごい湿気。全身汗でびしょ濡れ。勝尾寺からそのまま休まずに清渓へ。呼吸を整えて天狗岩TT。斜度がきつい前半もシッティングでやり過ごす。今日は10kmを下回らないように、と思ったが16%の標識の後何度か下回る・・・淡々と上ってゴール。

19:27

ここを20分きることが今年の目標の一つだったのだけどあっさりとクリア。今年の目標は19分切りに更新。

そのまま清渓に下りTT途中で見つけたカフェへ。以前はなかったように思うのだけどたまたま見つけたのでせっかくだから寄って見る。写真もなんもなしだけどとても美味しいトーストピザと新鮮なサラダをいただいた。イギリスパンを焼いている店。今度一斤買って帰ろう。

そのまま見山~銭原と通って高山TT、北摂霊園TTを「こなす」。TTというより走っただけ。でも噴出す汗。そのまま勝尾寺を通って府道121を下り一旦自宅へ。

自宅に帰ったところで家族は嫁の実家に遊びに行ってるので暇。ご飯を食べてのんびりしてると外が晴れ。ちょっと物足りないのでポタリングを。

大川沿い~天神橋筋~本町通り~四ツ橋~シ○ベスト~R1~堺筋~自宅

でちょうど100km。まだまだライディング的に物足りないけど梅雨の合間によく走りました。

今日はほんとはチェーンとBBを替えたかったのだけど7900系が在庫なしでできず。自転車業界ってほんと微妙な感じですね。7900系がないならじゃぁアルテグラにしとくわとか105にしとくわとか、単純にそんな話ちゃうやろ。若干殿様商売と感じてしまうのだけど、どうなんだろう。

追記

今日は市内はほぼ乾いていた路面も山の中に入るとびちゃびちゃ。いつもはないはずの滝がおおいにいたるところで発生。いつもある滝はかなり豪快な様子。白のジャージだから最初は汚れを気にしていたけどそんなこと言ってられない状態に。次に買うパンツやジャージは色がついているものにしようと思う(笑)それと泥除けくらい買うべきですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年6月26日 (土)

ダイエット~6月4週目

6/20(日) 60.4kg

6/21(月) 59.1kg

6/22(火) 59.2kg

6/23(水) 58.9kg

6/24(木) 59.2kg

6/25(金) 58.6kg

6/26(土) 58.2kg

前週の平均:59.3kg

今週の平均:59.1kg

どう考えても日曜日の体重がひどすぎる(笑)ちなみに前の夜にギョーザパーティしたため。

それはそうと、ちょっとずつだけど減ってきてるからよろしいわ。でも1週間の体重の幅が2kg強はない。次週は58kg台で推移したらいいのだけど。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年6月25日 (金)

2010FIFAワールドカップ南アフリカ大会 E組 日本VSデンマーク

昨日は夜練をしようと思っていたのだけど家についたら「今からご飯よ」ってタイミングだったので団欒を優先してしまった。まあそんなんも必要だわさ。

そんで日本戦は夜中3時半からなので早く寝るためにお酒をガバガバ飲んで布団に入る。起きたら3時半過ぎてた・・・目覚ましも何回も鳴らしてたらしく嫁はんから朝ぶつくさ言われた。

試合結果はみなさんご存知の通り3-1で快勝。すばらしい結果。1、2戦は相手のよさを消すサッカーが前面に出ていたが、デンマーク戦はしっかり自信持ってプレーしていたし、よいタイミングで点も取れた。相手のプレッシャーに対しても高い集中力を維持し、チームとして冷静に試合運びできてた。4年前先制されるも逆転されたあのオーストラリア戦が糧になっていたのか試合をきちんとクローズできて良かった。

次は29日23時からパラグアイ戦。今日の結果で当然相手も警戒してくる。特にFKを右(遠藤)、左(本田)と余すことなく晒してもうた。「こんな武器持ってんねんで」って相手をびびらせることは有効だし、これによりもっと大久保や松井のドリブルが更に効果的になる。

次の相手パラグアイに俊輔とかいいんじゃないかなぁ。(まだ言うか・・・)まぁ、使わないことで結果がともなっているから監督も使いづらいだろうなぁ。

つづくかも

| | コメント (5) | トラックバック (1)

2010年6月24日 (木)

日本酒がうまい

昨日はいつもの駅近の立ち飲み屋へ。大ビン×1(390円)、ポテサラ(200円)、一口カツ(250円)。よーわからんおっちゃんが政治やらを歴史やら国交問題やらを大声で話しててちょっと迷惑やった。自虐史観は好きじゃないんだな。

帰りにいつも寄ってる楽市ではないいわゆる街の酒屋に寄ってみると目を見張るばかりのコレクションに圧倒された。

Img57469476

わりあい上位ランキング(自分の中で)に食い込む「つくし」という焼酎があるんだけどそれを応用したいちご酒。梅酒ではなくいちごを使用。おいしい麦焼酎でつくったのならさぞかしうまいんやろうなぁ。お店の人いわく期間限定らしい。

そんな中で選んだのは栃木の日本酒「大那」。先日参加した杜氏がたくさん集まるパーティで来てはって、ガバガバ飲ませていただいてもちろんいろんな話もさせてもろうたおもろい杜氏さんがつくったお酒。

(写真後日)

湿気たっぷりの夜に適度に冷えた純米酒はサイコー。うまい日本酒飲んでるといつの間にやら全身が弛緩してふにゃふにゃに。この感覚はビールや焼酎では味わえない感覚なのだー

でもあんまり贅沢もできんので無くなったらまた紙パックの焼酎(泣)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年6月22日 (火)

夜練~予定清滝

今日は夜練で清滝に初出動の予定。クライミングリピート。夜なので当然安全重視。

内環状線~R163~清滝~

R170~第2京阪~花博通~内環状線

52km

うちを18:50分に出てR163を通り50分程度で中野まで到着。そのまま休まずTT開始、と言いたいところだけど初めてのコースでかつ夜で路面の状態がわからんのでのんびりとスタート。

ふむふむ、最初はちょっと斜度あるけどほとんど緩斜面。一応タイム計測しておいた。

12:54

目標が11分台だったから悪くないか。休まず下って休まず再スタート。明日も仕事だし9割程度で上がる。

11:51

悪くない。セーブ気味だからもう一本いっとく。今度は重めのギアでダンシングも使いながら。

13:01

ふう。3本目を降りると8時半を回ってたので帰路につく。第2京阪の側道とやらを使ってみるが我が家までは少し遠回りなのでせっかくのきれいな路面、走りやすい環境も微妙な感じ。でもR163の排ガスよりましかな。。。

清滝はあまり無理しないで登れるので夜錬には向いてるかも。勝尾寺は真っ暗になったらどうなんだろ。どっちも同じくらいの距離だから次は日が暮れた勝尾寺にチャレンジしてみるかなー

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年6月21日 (月)

つまりはそういうこと

梅雨なので週末は自転車には乗れないだろうと思っていたところ乗れてしまってうれしい誤算。結局のところ先週は平日も併せて170km以上走れた。170kmは1日で走れる距離だけど。今日も雨降らないみたいだから走ろうか?

梅雨が終わるまではこんなふうに雨の合間を見つけてゲリラ的に走ることになりそうで、いっそのことローラ台でも買ったらええんちゃうかと思ってしまうが結局まぁいいや。自転車乗らんと死ぬって訳でもないし(笑)

で、自転車屋さんに頼んでいた部品が2週間たっても到着しないものだからTELで確認すると、要は「いつくるかわからん」的な回答だけどまぁいいや。別にそれが無いと自転車乗れない訳でもないし(笑)

いくら本人は真剣に自転車に乗りたい思いを持っていて、そんでもっていろんな角度で部品の検討をしたところで、結局のところとうちゃんの趣味やら趣味のアイテムやらは世の中の必要度ランキングでいうとほんと最下位レベルなんだなぁ。当たり前だけど。あはははは。

ちょっと脱力したのでやっぱりサドルに跨らずに昨日買って飲まなかった日本酒をおうちで飲むことにしよう。子供にちょっかいかけながら。えへへ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年6月20日 (日)

朝練~金石橋往復

西田橋~勝尾寺~北摂霊園~高山~金石橋(往復)

58km

朝6時に起きて雨雲レーダを確認、10時半くらいに戻ればなんとか濡れずに済みそうなので急いで用意。6時50分に出発。

出発前に体重計に乗る。60.2kg!しゃれにならん。そういえば昨晩ギョーザーパーティで山盛りギョーザ食べた・・・悪夢。今日は徹底的に有酸素運動で昨晩の増分を消化しなければ。

ということでなるべく行程においてしっかり汗をかけるように気を抜かないようする。

今日も何故か勝尾寺。でも本日はあんまりハアハアせず余力を残して上がっていく。改めてコースを眺めている緩斜面が続くあまり好きではないコース。別に激坂が好きなわけではないけど。ゆっくり登るかわりに重めのギアで時折ダンシングを織り交ぜていく。ちょっとダンシングがギクシャクした感じだったから今日はダンシングの練習にそこそこの急坂がある北摂霊園でも行こうかと思いつつゴール。

17:37

そのまま休憩せず高山方面へ。ハアハアとなる手前くらいのペースで北摂霊園に到着。今日はタイムを求めてるわけではなかったので休憩をいれずにスタート。ここは序盤から10%が続くそこそこの斜面。重めのギアでほとんどダンシングでこなしていく。最近ずっとシッティングで回す登り方ばかりだったからちょっとダンシングが続くと辛くなる。北摂霊園、最後少し下ってゴールなのだけどそのピークを忘れていて結局脚を残したまま下りに突入、ゴール。

11:04

そのまま高山公民館まで下るとどこぞのチームの朝練組が大勢。スルーして高山を下る。金石橋で妙見に登るか迷ったが雨も降りそうだし引き返す。高山も重めのギアで時折ダンシングを混ぜながら淡々と登る。計測しても意味ないくらいのがんばりようだったけど。

10:22

そのまま勝尾寺を通り府道121を南下千里山を通り帰着。山を降りてからは残っていた脚を全て使うべくペダルを回しまくった。足パンパン!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010FIFAワールドカップ南アフリカ大会 E組 オランダVS日本

この試合については「まぁよくやった」というのが気持ちの大半を占めている。試合内容云々よりも勝ち抜くことが何よりも重要なリーグ戦、一晩たって起きたら予想通りカメルーンVSデンマークはデンマークが勝ち、結果日本とデンマークの直接対決でリーグ勝ちぬけが決まるというものすごくわかりやすい展開となった。これがデンマークにカメルーンが勝つようなことがあれば多少ややこしくなるし、オランダと日本が引き分けてもまた微妙な展開になるので個人的にはこれでよかったような気がする。しかも引分け以上で日本勝ち抜けだし!

それではオランダ戦内容について。

試合はやはり終始オランダ主導と言っても過言ではなかった。戦前はサイドをズタズタにされる心配をしていたけど日本はオランダの良さを徹底的に消すサッカー。相手の基点になるところに2~3人でチェックに行き攻撃の芽を摘む作戦が体力があるうちは非常に有効。前半先制されたが比較的安心して見られたのは何故だろう(笑)

松井と長谷部はやっぱり後半の15分くらいまででお役ごめんになる様な運動量。大久保は本当に調子がいいんだなー今の大久保ならまた海外から声がかかるかも。こんなに調子がいい大久保はJでもいつのことか思い出せない。後半になると運動量が落ちると同時にオランダの圧力が強くなる。それでも日本は最終ラインと阿部が踏ん張る。

交代で玉田、岡崎、俊輔がin。俊輔がまたたたかれても仕方ないようなデキ。味方の攻撃を遅くし中盤で奪われピンチを招く・・・どうしたんだ俊輔。。。俊輔投入の前は若干日本が攻勢に出ていて、ファールをもらってフリーキックのシーンが何回か続いたから俊輔投入の理由はFK要員?流石にそんな理由で投入したのなら岡田監督ひどい。

なんにせよ、次の試合で俊輔を見る事はないかも。つくづくワールドカップではうまくいかない俊輔、可哀相に。それとパワープレーするなら矢野入れないでどーすんの。

とまあ思おうところはいくつかあるけど、次は深夜のデンマーク戦。オランダ戦では少しだけ垣間見れた細かいパス交換と豊富な運動量の復活がどの程度熟成されるかが勝負!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ダイエット~6月3週目

6/13(日) 59.6kg

6/14(月) 59.5kg

6/15(火) 59.1kg

6/16(水) 59.2kg

6/17(木) 59.2kg

6/18(金) 59.1kg

6/19(土) 59.2kg

週末の馬鹿食いがあかん。今週も恐らく同じ傾向。自転車乗るからどうしても食べてまう。

前週の平均:59.2kg

今週の平均:59.3kg

できる限り食いたいものを食って飲んでをしているけど6月頭よりは若干下がった。劇的な変化を望むならもうちょっと対策が必要なんだろうなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年6月19日 (土)

朝練~高山往復

今日は朝5時に目が覚めた。雨は上がっていたけど路面がべちゃべちゃなので2度寝することに。次に目が覚めたのは7時。朝一でめばちこの術後診察に行く頃には晴れ間が。なので病院から帰ってきて自転車に乗ることにした。

今日も勝尾寺TTから。前回の反省を生かし少し余裕を持ってスタートして三叉路は9分半くらい?(やったと思う)三叉路からは回せるだけ回してみてゴール。

14:10

次は13分台!とか言ってたのに未達成。がっくり。恐らく三叉路9分前後で行かないと駄目かな。まあいいや。前回からは1分ほど短縮したし。次こそは~

しかし陽は照っていなかったけど蒸し暑くてすごい汗だったのでスポーツ飲料を自販機で買い一気に飲む。落ち着いたところで高山までのんびりペースで。公民館手前はもがいてすぐに引き返す。物足りなさがあったから箕面ダムTTをやっとく。

箕面ダムTTのコースはほとんど10%以上の傾斜が続ききつい。しかも路面べちゃべちゃでグリップがイマイチ。それこそハエがとまりそうな時速7kmまで落ちる中ゴール。

8:25

ぼちぼちかな。11時半お腹がすいてきたので再び勝尾寺を通り千里を超えて帰りまーす。今日は雨で走れないかと思ったけど思いかけず走れて良かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月17日 (木)

備忘録

ちょっとメモ。

会社帰りに寄る。

http://www.cyclowired.jp/?q=node/34180

あと今週土曜日はオランダ戦。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月16日 (水)

夜練~勝尾寺往復

自宅~府道121~西田橋~勝尾寺(往復)

37km

今日は研修で少し早く終わったから速攻でおうちにかえっていそいそと準備。6時半に出発。今日は散々北摂走っているように思えて一回も走ったことない勝尾寺TTを。(下ったことは3回くらいある)

西田橋に7時15分着。今日の日没時間は7時13分。まだ明るい。千里の丘をバビューンと超えてきたから若干息が上がってるから5分ほど休んで息整えてアタック。

向かい風の中三叉路まで回しまくった結果三叉路からの緩い斜面あんまり漕げなかった。。。ここは三叉路までは気持ち抑えたほうがいいのかな?そして三叉路からの緩い斜面をかっ飛ばしたほうがいいような気がする。

それでも最後までハアハアしてゴール。

15:09

今日は13分台を狙っていました。向かい風と睡眠時間3時間と仕事終わりと全身蕁麻疹とめばちこ切開後なのと胃が痛いのと初めてのコースなのと暗いのと(いっぱい言い訳考えてみた、ほとんど関係ない笑)・・・を考えると上々か。次は13分台行きます(断言)

今日走って一番の成果は千里山から南千里抜けて北上する府道121はアップダウンがあり道も広く車も人も少ないよい道。しかも坂あり。自宅から15分程度でアプローチできるのは魅力。

体調。

体調が悪い。蕁麻疹が出たり(かなり珍しい)そのせいでまったく寝れなかったりめばちこになったり・・・今日一日辛かった。今日は早く寝ます。明日からがんばるー

ボーナス。

ボーナスが出た。といってもそんなに生活に余裕がないから色々たくらんでもしょうがない。異音がするBBと伸びたチェーンを交換することと、レーパンを買うくらいを予定している。レーパンは2つあるうちひとつは半パン。一度ビブを履くと半パンはものすごく気に入らない(笑)まあこれくらいなら許される出費じゃないだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月15日 (火)

2010FIFAワールドカップ南アフリカ大会 E組日本VSカメルーン

週末より色々あって少し疲れ気味ですが、昨日はE組の2試合観ました。これはさすがに観ないわけにはいかない。

オランダVSデンマークについては割愛。ただオランダは強い。ロッベンいなくても強い。結果的に負けたけどデンマークの戦い方は参考になる。オランダ戦はワントップは岡ちゃんか玉田で、カウンターでセンターバックや左サイドの裏を狙いまくるしかない。

さて対カメルーン。オランダVSデンマークの試合途中に速報的にスターティングメンバーが知らされる。事前の予想通り、本田ワントップ。右に松井左に大久保。調子のよいメンバーを起用。岡田監督には「情報戦」という言葉はないのか?もちょっと捻って俊輔先発とかあるかと思ったけど。まぁあんまり不満は無かった。ひたすら試合開始を待つ。今日は故あってノンアルコール。珍しいけど飲んでたら途中で寝ていただろうから結果的に良かった。その「故」についてはまたあらためて後日。

11時にキックオフ。カメルーン戦勝ち点が取れない場合はほぼ日本の南アフリカ大会が終了する。逆に勝ち点3取れたら本当に大きな希望。この試合は内容はいらん。とにかく勝ち点。

試合はお互い慎重なスタート。しかしスタート直後よりものすごい違和感。「カメルーン弱い?!」戦前よりカメルーンの不協和音や怪我人情報はあったけどこれほどとは。日本もきちんとカメルーンのよさを消すサッカーを徹底していたけれどそれにしてもまぁなんというか「エトーだけ」。組織的なプレーがないから大久保や松井の縦横の動きに対応できない。「今日はそこそこやれるかなーこのままカメルーンが覚醒しなければ。ずっと寝ててなー」と思ってると松井から本田にどんぴしゃのセンターリング、先制。

「えええええ!本田が決めた?!」

岡田監督、これで手のひら返したように評価が変わるね、よかったね!結論から言うとその後の選手交代もまぁある程度理にかなったものだし、結果的に逃げ切って日本勝利。

それにしても何故カメルーンはエトーを右に張り付かせたままだったんだろう。エトーに自由なポジション取らせたらかなりまずいことになっていたと思う。日本先制後の後半スタートでエトーがやはり右にポジションをとっていること確認したとき、心底安心した。エトーが真ん中に来ていたら・・・

とまぁ何にせよ日本勝利うれしいー

次はオランダ戦。これで思いっきりぶつかっていけるね。でも得失点勝負になるかもだから最小失点で。幸いさほど相手のDFがスピードタイプに強くないしスペースが生まれるからカウンターの徹底。これに増してサイドの攻防がキーになりそう。右サイドは思い切ってウッチーとかで真っ向勝負もみたいなぁ。多分オランダのサイドアタックまともに受けたらあかんと思う。サイドの裏をついて上がりにくいようにすることも『一つの手ではないかな。

今週は仕事に研修にワールドカップに忙しい。

追記

昨日のマンオブマッチは本田とのこと。唯一の得点者だから当然。だけど僕は阿部と遠藤を評価したい。少なくとも阿部が危険な芽を摘み取り遠藤が必死にバランサーになっていたように思えた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月12日 (土)

朝練(ドーピング疑惑)

箕面~高山~妙見~R423~猪名川沿い~神崎川

80km

神崎川右岸から天竺川に入り結構のんびりと箕面へ。7時半くらいには箕面駅前につく。すでに日差しが強かったしTTするか迷ったけど久々に本気で走ってみた。ここは距離が短いからなまじずっと上げぱなしで行けるからしんどい。走り出したら調子が良かった。

箕面駅前TT:7:55(31秒短縮)

7分台なんて当分先だと思ってたけど案外楽に達成。しかも途中ダンプ軍団の風で吹き飛ばされそうになったり最後は流したりだったからもうちょいいける。その後高山まではのんびり。高山でいつもより長めに休んで妙見へ。

Hi3f0465_2

8時過ぎだけど今日は暑くなる予感。CCレモンが美味しかった。

どうも今日は調子がいいみたいだから妙見も強気でまわす。妙見は一回下り基調の区間があり、いつもそこでは手を抜くのだけど今日は回しまくってその勢いで最終の登りへ。流石にちょっと疲れてきたので最後はもがけず。

妙見山:22:55(210秒短縮)

Hi3f0466

誰もいないし売店も閉まってた。下りるころぞくぞくとどこぞのチームの朝練組があがってこられた。

正確にベストタイムは思い出せなかったけど随分記録更新したような気がして嬉しかった。実際うちに帰って確認したら210秒短縮って。今までだってそんなに手を抜いていたわけじゃないんだけど。

もう満足して、ちょっと所用があったので今日はこれでおしまい。高山を上り返そうか、五月山北上るか迷ったけど423を池田まで。その後猪名川沿い、神崎川と繋いで11時前に到着。

なんかドーピングでもしたようなタイム短縮に本人がびびり気味。短縮できた要因は明らかで週中で一旦夜練してるからと昨日あまりお酒を飲まなかった事。流石にまだダイエット効果は出ていない気がする。

最近あんまり速くなってる気がしないので、夜な夜な大英帝国を含む誘惑的な通販サイトをパトロールしながら「これ履いたら速くなるかな~こっちのほうがかっこええかな~」っと悩み倒してその値段の高さに躊躇していたけどこんなにタイムが縮むともうちょい今のままがんばろうと思ってしまう。でもなぁ、そのうちレーシング0やディープなリムのかっちょいいやつはいていちびたるねん!覚えとけ!(誰にいってんの・・・)

あんまり関係ないが・・・

Hi3f0463

コラムをカットしてツライチに。更にポジションを出す予定。つまりダストキャップをうすっぺらいやつにする。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010年6月11日 (金)

2010FIFAワールドカップ南アフリカ大会 開幕!!

※書き始めたのは月曜日。ちょこちょこと今日まで書いてるので出だしが変だけど気にしない!

昨日は結局子連れだったので9時前には帰宅。パーティ会場を出る時はこれからあるであろう2次会、3次会に、飲み足りていない感じがして未練が若干あったけど、立食のうえ子連れで疲れたのか帰宅するとどっと疲れが。いつも思ってることだけどまぁ20代のようには遊べないんだろう(笑)
そして帰宅後もネットしながらちびちびと焼酎をやってしまったからか、今朝お酒が残ってる。二日酔いというほどではないけど、明らかに朝6時の時点では酔いが残ってた感じ。さすが高い酒なだけあって頭が痛いと気持ち悪いとかまったくなし。お酒は適量にせねば。

さて4年に1度のサッカーワールドカップ。今週より開幕らしいが、ここのところ自転車に興味のほとんどが移っていてなおかつ残りのサッカーへの興味は代表や世界のサッカーではなく「ガンバ大阪」あるいは「Jリーグ」に向かっている為変な気負いがない。だけどいざ開幕すると思うとやっぱり楽しみだったりする。問題は時差で、辛いだろうなー何が辛いってワールドカップだけじゃなくて続いてツールドフランスもあるからちょっと絶望的な気分にさせられる(笑)

日本サッカー協会の会長がドイツ大会での日本代表の結果とそれまでの強化の過程、監督人事について批判される中、その矛先をなんとか逸らそうとして「オシムが、、、あ今オシムっていっちゃったね」という前代未聞のお恥ずかしい会見から本当にオシムが監督となってその強烈で強固な哲学と類まれなる指導力、豊かな経験で日本代表を光さす方向へ導きはじめた。
無理に海外組を召集せず国内組を中心に一つの「チーム」をつくり上げるたことは結果的には今の代表のベース(ここにきて少し揺らいでるかもしれないけど)になっているし、最初は懐疑的であったオシム爺さんの運営にいつしか共感を覚えるようになっていた。
そもそもが寄せ集めである代表を一つの「チーム」につくり上げるために、いくら選手として優れているからといって海外組をチームコンセプトの根幹とせず普段から同じリーグで戦う国内組をベースとし、そこにスペシャルな海外で活躍する選手をエッセンスとして入れ込んでいった。ある時点で目指していたのはテクニックに優れて器用かつ俊敏性と勤勉さに豊かな日本人の特徴を生かしたハードワークを伴うパスサッカー。それが一つの実として結んだのがヨーロッパ遠征のスイス戦だったのかもしれない。

その後はご存知の通りオシム爺さんが生死の境を彷徨い、生還。命賭けで監督してくれてありがとう。「続き」が見たかったです。そして監督は岡田さんへ。

この人事についてはとやかくいうつもりはない。だけどやっぱり「オシムだったらどんなサッカーになったのかなぁ」という思いはずっと今でも思ってしまう。これが岡田さんの一番不幸なところで、ご本人もそれを承知の上での就任のはずだろう。
その後の日本代表はオシム監督の作り上げたサッカーとどこかで決別しなければならないと誰もが思っていても、「チーム」は継続をすることこそが強みの追求の近道になるものだから矛盾を内包してワールドカップ予選を戦う。

シード国である日本は3次予選から。バーレーン、オマーン、タイと戦う。キーはバーレーンと思われ、実際にアウェーで負けて不安を覚えた人も多いかったはず。その頃はまだオシム色が強いチーム編成、コンセプトだったように記憶しているがちょうどそのバーレーン戦の敗戦を境に「岡田色」を出すようになった。

ともあれ3次予選を1位で通過した日本代表は2009年最終予選に臨む。オーストラリア、バーレーン、カタール、ウズベキスタンのグループA。北朝鮮、韓国、サウジ、イラン、UAEというグループBよりはましかもな?という感じ。最大の焦点はドイツで煮え湯を飲まされたオーストラリアとの力差が現時点でどの程度なのか、であった。(予選は突破するだろうという思いがあったから)結果から言うと2位通過して本戦出場決定したが、オーストラリアとホームで引き分け、アウェーで負けた。実質的に疑いの余地が無い確かな力差があった。これにより世界との間は縮むどころか開いていることをはっきりと認識。オーストラリア以外のチームにも辛勝が多く、アジアの盟主(であったと思う。一時期は。)から降ろされたという印象を受けた。

そして臨む2010FIFAワールドカップ南アフリカ大会。直前での試合はもう一歩だしチームが一丸になっているように思えないのが残念。一番苦しいのは監督だし命張って戦うのは選手だからみんなも文句ばっかりいってんと応援しようぜーテレビの前で、スクリーンの前で。

どきどきして来た。そんな4年に一度のサッカー馬鹿の祭典、今日開幕!!

| | コメント (2) | トラックバック (1)

ダイエット~6月2週目

ダイエットの記録。

6/6(日) 58.9kg

6/7(月) 59.5kg

6/8(火) 59.9kg

6/9(水) 59.3kg

6/10(木) 59.1kg

6/11(金) 58.5kg

ここ数日は夜おかずと飲酒のみで、ごはんと味噌汁は抜く。そのかわり朝ご飯と味噌汁にしている。夜はいつもドカ食いしててそれが太る一因なのは間違いないから。

基本的にはダイエットではないかも。無理はしていない。多分いわゆる『○○○ダイエット』なんてものはせずとも食生活の改善である程度落ちる(はず)

落ちなければテープでも巻くか(笑)

前週の平均:59.6kg

今週の平均:59.2kg

ちょっと落ちた?誤差の範囲?でも下がったからモチベーションが維持できそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月10日 (木)

夜練

昨日の夜練の記録。

淀川右岸堤防横~43~伝法~常吉橋~舞洲。

舞洲~常吉橋~梅田~自宅。

19:20出発、22:10?着。

65kmくらい。途中までサイコンをリセットするの忘れてたので正確な距離はわからない。

舞洲は20:00~21:00淡々と走った。夢洲に渡ることも頭によぎったけど撤収。のんびりと梅田経由で帰る。帰りは意外と時間がかかった。今度は野里方面から帰ってみよう。

ちょっと睡眠不足で疲れが取りきれていないみたいだから今日は早く寝よう。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年6月 9日 (水)

6/9はロック(69)の日

だそうで、日本限定ながらオリコンで後世に残したいバンドベスト10をやっていた。ベスト3は以下の通り。

1位:B'z

2位:BOOWY

3位:X JAPAN

まあ広く母集団を取ったら1位はそうなのかと思う。興行的にも。2位も3位も後の音楽シーンに多大な影響を与えているからまぁ納得。その他ベスト10についても「そうなんだろうなー、それなりに理由があるなぁ」と思って見てたら10位に「THEE MICHELLE GUN ELEPHANT」。

ふ~ん、結構結構マニアックな部類かと思ってたから意外。大学生の時分に金がないなか3回くらいライブに行った。そのうち2回くらいはチキンジョージだったような気がする。攻撃的で骨太なロックを聞かせる貴重なバンドだったしライブパフォーマンスは生活費削っても観に行く価値があるものだった。

それにしても「ユニコーン」はないし「プリンセスプリンセス」はないし「ラウドネス」はないのは淋しいような。

意図せず音楽ネタが2回も続いた。

今日は夜練で舞洲予定。

週末は天気が微妙だけど土曜日は晴れそうだから朝練予定。朝練は基本北摂方面で朝5~7時出発予定。もう11時過ぎるとかなり暑い。だから可能な限り早朝出発かつ暑くなってきたら日陰がありそうな道で。そんな都合のいい道はよー知らんけど(笑)

ご一緒できる方はなんらかの手段で連絡くださーい。コース時間等は相談でー

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年6月 8日 (火)

レンタル

iPodの中身にまったく新鮮味がなくなったから久しぶりにレンタル屋に仕入れに行ってきた。借りたのは以下。

いつもは洋楽80年代ロック、90年代前半、オルタナティブが中心!

1.プリンセスプリンセス『プリ2』

2.X『X SINGLES』

3.徳永英明『VOCALIST2』

4.徳永英明『VOCALIST3』

5.complex『complex best』

6.LINDBERG『BEST OF SINGLE』

7.『古典落語入門ベスト』古今亭志ん生、桂文楽、三遊亭金馬など

7だけ異色だけど本命。その他回顧主義と言われても気にしない!

RED WARRIORSを借りるの忘れた・・・つうかレンタル屋にあるのだろうか。

青春の1ページ。知ってる人いるかな?KATZE。

このままyoutubeでskid row⇒Boowyと繋いだ(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 6日 (日)

パーティ

今日は多分10年くらい前からお世話になっているとある中崎町の日本酒バーの15周年パーティ。ホテルニューオータニの18階のスペースでサンセットを見ながら日本各地の純米酒を呑み倒すパーティ。

11人の蔵元、杜氏が来ておられ各テーブルにてご本人が客にサーブっしながらお話自由という超贅沢なパーティ。もちろん呑み放題。うちは一家4人で参加。とうちゃん家族そっちのけで飲み倒しのつもり。

うへへ、いいだろー(笑)でも参加費もスペシャルなんだぜー(泣)来賓の造酒屋は以下の通り。

島根県出雲市 旭日酒造 寺田栄里子

神奈川県愛甲郡 大矢孝酒造 大矢俊介

栃木県大田原市 菊の里酒造 齋藤豊 『大那』

栃木県真岡市 辻善兵衛商店 辻寛之

群馬県太田市 島岡酒造 島岡利宣

山口県萩市 澄川酒造 澄川宜史 『東洋美人』

滋賀県長浜市 冨田酒造 冨田泰伸

滋賀県東近江市 中澤酒造 中澤一洋 『一博』

鳥取県鳥取市 西本酒造 豊澤恵美 『笑』

島根県大田市 若林酒造 山口竜馬 『石のかんばせ』

山口県岩国市 村重酒造 日下信次 『協会 八号酵母』

『  』は銘柄で実際に今日呑んだお酒。ほかにものんだかも知れないけど失念。。。どれも本当に美味しかったけどハートをわしづかみにされたのは「一博」と「石のかんばせ」、「協会八号酵母」、「東洋美人」

特に「一博」は秀逸すぎる!なんというかこれを普段からのんでたら他の酒を飲めなくなる・・・文句のつけようがなくてそれ以上に感想がでてこない。(追記。下記に他銘柄色々書いてるわりに「一博」は一番文章が短いけど今日一番美味しいと思ったお酒。言葉にし辛いだけです。)

それと対照的に「石のかんばせ」は普段からいつものんでいたいお酒。杜氏の温かい人柄がそのままお酒に出ているような飲み口も後味も程よいお酒。んーこれははまる人多いだろうなぁ。温泉津温泉も久しぶりにいきたいなー

「協会八号酵母」。これははっきりいって「水のようなお酒」と一線を画しのみやすくはない。独特のキックがあり、一口目で味に引き込まれる。ワイルドなのみくちについついつまみが進む感じ。一言でいうと「オヤジ殺し」。山口県岩国のお酒で山口出身で岩国(正確には和木町)に住んでたこともある私は応援せざるを得ない(笑)

「東洋美人」も山口のお酒。ラベルはお米が取れる番地「611」とか数字で表される。確かに番地ごとに味が違う!日本酒もワインの世界と同じなのか。もちろんお米にあわせて仕込が違うのだろうけどその丁寧なお仕事に驚愕。今度実家に帰ったときはぜひ蔵元にお邪魔したい。杜氏イケメン。多分同い年くらい?

しかし今の蔵元、杜氏はみなイケメンで美人であった。女性の杜氏と話するのはドキドキ(笑)

ちなみに息子たちはきれいなお姉さま(ほんとに美人なねえちゃん)のスカートに手を突っ込んだり手紙を書いて渡したり・・・やりたい放題。とうちゃんちがう意味でドキドキ。「息子がすいません!!!」とかいいながら久しぶりに若い女性とお話しました(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (3)

2010年6月 5日 (土)

朝練~胡麻往復

胡麻往復159km

府道14~府道110~忍頂寺~府道46~府道6~R9~府道25

~府道19~府道50~胡麻~ゾンネ(往復)

朝6時に起きると予報どおり快晴。「練習」の心構えでサドルに跨って府道110に向けて走り出す。

週中に夜練したせいか、非常に脚が回る。ひさしぶりにタイム計測しようかと思ったけど脚が回る割りに遅かったらショックだからやめとく(笑)午前だけのライドと思っていたけど体調と天気が良すぎたので亀岡に下りて妻に電話して時間をもらう。

目的地をゾンネにする。半年前から噂を聞いていつか行こうと思いつつタイミングを逃していたけど今日こそ、と思い亀岡から府道25を北上。若干逆風の中あくまで「練習」なので30kmを下回らないペースでこなす。

Hi3f0443

府道25号。八木を過ぎたあたり(のはず)

府道19に入り日吉に向かう道でアンカー乗りの方をパスしたのだけど37~40kmで飛ばしていたのでまさかついてきていないだろうと思っていたところ後ろにべた付けされていてびっくりした。高速の状態でしばらくついてこられたので途中からは手信号をする。日吉スプリングの手前で減速しその方と2、3言葉を交わして別れ胡麻へと急ぐ。トンネルを越えると逆風がきつくなるがもがきながら進む。

9時半に胡麻駅到着。詳しい場所はわからない為しばしうろうろ。ネットで見覚えのある建物を発見しようやく到着。

Hi3f0444

ゾンネ到着。9時40分くらい?勝手がわからないから自転車を持ってテラスをウロウロ。してるうちにおばあ様が声を掛けてきた。「みぞこへいれとき~」みぞこ???よくよく話をすると『溝』のこと。溝にホイルを差し込んどけばええってことらしい。確かに。このおばあ様と立ち話をすること15分。どうやらゾンネのおかみさん、だんなさんの母上。話した内容は胡麻の人口構成、身の上話、周りの住宅にどんな人が住んでるか、どどに出勤してるかなど多種多彩(笑)

Hi3f0445_2

ひとしきりしゃべったあとやっと店内へ(笑)焼きたてのメロンパンとライチのパンとハンバーガー。

Hi3f0447

テラスから見える景色。自然と田園風景と新興住宅地。

Hi3f0448

ゾンネ。

Hi3f0450

距離が160kmくらいになるように日吉ダム周回。

Hi3f0451

暑い!コーラめっちゃうまいーーーーー

その後は往路と一転して追い風基調。40kmオーバーのペースで亀岡まで。

亀岡からは淡々と上り返して彩都、万博外周とつないで2時半前に帰宅。最後まで妥協せず脚を廻したけど流石に150kmを超えた時点からつらくなってきた。そういえば昼飯食べてなかった。走るのに夢中で忘れてた。

平地中心に自分なりに妥協せずがんばれた。府道25を中心に路面も見通しもよくサイクリングにはうってつけ。距離も往復140kmと今の自分にはちょうど良いと思う。また走りに行こう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 4日 (金)

iPad考

果たしてiPadは必要か否か。結論的に言えば不要なんだろうなぁ。

でも欲しい!

3GかWi-Fiのみかについて。おもちゃとしては間違いなく3G。でもiPadを外に持ち歩くことはあっても通信する必要があるか自分のライフスタイル的に疑問だなぁ。通勤中でインターネットするくらいか。でも電車の中であれを出すのもなぁ・・・

機能面について。部屋に散乱する雑誌、捨てるに捨てれない本なんかがまとまるのは素敵過ぎる。これだけでも買う価値あり。発売日に触り倒した感想としては電子書籍としての使用感は問題なし。ブラウザに関しても使用感は秀逸。拡大、縮小、移動は十分実用に耐えられる。というか、これからはタッチの時代や!と思わざるを得ない。しかも家でわざわざPC(しかもデスクトップで移動できない)を立ち上げることが非常に億劫な身としては非常に魅力的。写真のビューワなんてデジタルフォトフレーム代わりになるし。

重量について。重い。あんなもん片手でずっと持ってたら疲れる。いやそのうち鍛えられるのを狙ってるのか?両手持ち前提な気がする。

値段について。3G64GBで月々3220円。通信費込み。3Gなし64GBが月々3050円。勝負にならん。しかも3Gは金利なし。(3Gなしは金利年率6%)3220円が安いか高いかということだけど、まぁ十分価値あると思う。

結論:まだまだ我慢。すんごい欲しいし衝動買いしてしまいそうな勢いだけど。

なぜかというと

■重い。よくわからんけど中身はiPhoneと同程度だと仮定したら単純にバッテリーと筐体、多分表面のガラス?が重いんだろな。だとしたらまだまだ軽くなる。

■次世代でどんな進化をするのか見極めたいこと、社会の流れがどうなるか見極めたい。特に出版とかインフラとか。

■なんであんなにでかいのに64GB?もっとでかくできるやろ。

■amazonで決済、即ダウンロードで本が読める、発売日に書店に行かんでもいい、なんてライフスタイルになったらやばい。やばすぎることに酔って衝動買いの確率が高まる。

その他疑問点。

PCにつないでデータを保管することはできるか?iPodとiTunesの関係みたいに。たまる一方だときつい。そのうち消さなきゃあかんくなるから。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ダイエット~6月1週目

ダイエット1週目まとめ。メモ。
6/1 59.4kg
6/2 59.9kg
6/3 59.4kg
6/4 59.7kg
土日は自転車に乗るし結構体重が変動するのでWeekDayだけで一旦まとめ。
今週は継続して毎朝用(小)を足したあと体重をはかった結果上の通り。

普通に生活するのにはほぼ自分がベストだと思っている体重+2~3Kgで推移。
恐らく自転車乗りとしてはベスト体重-○kgでないとあかんのだと思う。。。
今週は間食はほとんど取らなかったし、原因はやっぱり食事の量だな。

実はこんな内容エントリするつもりはなかった。そのかわりいいグラフ作成用のブログパーツを見つけてきて淡々と記録を掲載してモチベーションを高める予定だったんだけどいいのが見つからなかった為メモのエントリ。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2010年6月 3日 (木)

週末練

土日北摂方面早朝(6~7時)出発。

コース、距離、所要時間等は未決定で調整可。一応「練習」という位置付けなんでハアハア言いながらの見た目気持ちわる目のサイクリング(笑)

誰かご一緒します?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

夜練

19:00~22:00

70km

マイシマ周回、ユメシマ周回。

今日は定時退社日なので遠慮なく5時半に会社を出る。一昔前だったら明るいうちに会社でることなんて罪悪感さえ感じていたのに今は(笑)

7時過ぎにおうちを出て舞洲へ。淀川右岸堤防下を43まで走ったほうが信号も無くほぼ直線的に目的地に向かえるから圧倒的に早いのだけど、換えチューブの予備が欲しかったから梅田経由で常吉橋から上陸。

今日のテーマは「淡々と」

8時過ぎから9時まで淡々と周回。何周した途中から数えるのやめたからわからん。ちょうど坂の区間が向かい風だったのでなかなかいい練習になった。自分のペースだと周回の度に信号に捕まる。捕まるのが嫌だけどオーバーペースになるよりましだからペースを守る。誰も見ていないし車通りも少ないけど律儀に全て信号を守った。若干馬鹿馬鹿しいなと思う(笑)

9時過ぎに夢洲に行ってみるが、渡るための橋が大型車両ばかりで怖い・・・早く歩道作って欲しいなぁ。初上陸の夢洲には誰もいなかったけどのんびり周回して9時半に撤収。確かにあの直線の長さ、見通しのよさ、車の少なさは魅力的だな。自転車乗りが集まるわけだ。でも多分今後も舞洲がメインだな、きっと。帰りの橋はもがき倒して登る。

帰りは淀川右岸堤防下をずばっと、行きたかったのだけどこの道は自動車は下流へ向けての一方通行(自転車除く)。覚悟はしていたけど夜この道を上流に向かうのは相当怖い。何度か怖い思いをしながら無事うちに到着。もう2度と使わない。

夜走るのは相当久しぶり。多分半年振りくらい?平日の夜にはちょうどよい心地よい疲れを得ることができた。毎週水曜日か金曜日、気負わず走ろう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年6月 2日 (水)

初体験

初体験
いろいろと悩みが尽きない日々を送っているんだけど、そんなかでも「自転車乗りとして剃るか剃らざるか」というロードバイク購入以来9ヶ月常に意識してきた課題に昨日一定の結末を出した。

酔った勢いで「剃る」

酔っていた割にT字カミソリによる流血はなかった。しかしシェービンクローションくらい使うべきやったわ〜

今朝素になってみると異常な恥ずかしさがこみ上げてきた!そしてツルツルのままスーツ着るといつもと違うその無防備な感覚にそこはかとなく不安感を覚える・・・

剃ったら剃ったでどのくらいの間隔でメンテすべきかとか電器ひげ剃使ったらどないやろかとか別の悩みを抱えることになった。

この気恥ずかしい気持ちには慣れるんやろか?

ただひとつ言えるのは「すね毛が重くて」とか「すね毛のせいで空気抵抗が大きくて」とか言い訳のネタが減ったということ。

そしてすね毛が無くなったのに何故か前日から体重が500g増えていたことに朝から戦慄。

『これ以上どこを剃ればいいんだ?』

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »