« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

2010年12月31日 (金)

大晦日

今年も気づけば大晦日。

自転車関係を中心にいろいろな方と知り合いになれたことはとてもよかったです。

色々書きたいことや書くべきことがあるけど今年はこれまで。

また来年もよろしくお願いします。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年12月24日 (金)

ん?

第1回六甲山ヒルクライム・チャレンジ in 芦有(ろゆう)

伊吹落選したし。3/27(日)はかなりプライベートなことで忙しいことになっているはずなんだけど。でもあんまり迷ってたらは早いもん勝ちみたいだからあっという間に締め切られるだろう。

どうしたもんかな。

追記

伊吹抽選発表後の絶妙なタイミングでの告知、どう考えても「落選した皆さん、いらっしゃ~い」的な感じ。もう少しで乗せられるところだった(笑)

しかもヒルクライムレースにしてはどうなんだか、高低差が300mも満たない。簡単に言うと勝尾寺を1kmばかり距離伸ばした感じ。

そう思うと敢えて挑戦するのもまた一興かと思ったが微妙。グランフォンド福井あたりに照準を絞ろうかなと思ったりもしてる。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

天皇誕生日 朝練

朝は普通に5時過ぎに目が覚めていつもどおり布団の中でIpod touchでネットしたりメールチェックしたりして6時半に布団から抜け出す。

朝ごはんは前日に届いたバウルーでホットサンドをつくった。6枚切りのパンでは若干厚いからやっぱり説明書どおり8枚切りがいいんだろう。中身はベーシックにチーズとハム。これで少し朝食に彩りがでるだろう。

41j2mnpenql__ss500_

コーヒーを飲んでると次男が起きてきたもんだから少し遊びながらウェアに着替える。早起きしたのに結局出たのは8時過ぎ。

自宅~神崎川右岸~天竺川~箕面~高山~勝尾寺~自宅

55km

年内で10度以上の気温で走ることはできないだろうこの日は、少し遠出するつもりで家を出たけど天竺川を走っているときに雨に降られ、箕面につく頃には雨は上がったけど箕面も路面がかなりウェット。正確な計測はしていないけど8分半前後のペースで箕面駅前TTコースを上がり高山まで駅前から35分前後で到着。いつものコーラを飲みながらさて、どこ行こうと思案していると体が冷えてテンションまで冷えたので下山することにしていつもどおり勝尾寺経由で自宅へ。

なんとなく低調なのは体重が増えているからか。怖くて体重計に乗っていないけど恐らく大台に乗ってるようないないような。12月は仕方がないと自分に言い聞かせる。正月を過ぎたらちょっとは節制しよう。そんなこんなの自転車生活。

夜はご飯を家で食べた後に長男とひらがなの練習をしてお風呂の準備をし終わってから思いつきで外出していつもの立ち飲み屋へ。立ち飲み屋を出て家にかえるとこまで記憶があるがそこから記憶が途絶。朝起きるとコタツ。そんななか目覚ましもかけていないのにいつもと同じ6時に目が覚めるあたり、自分もなかなかやるなと思った。

ほんで今日は少し頭が重い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月19日 (日)

週末 朝練 関西シクロ観戦

朝5時に胃が痛くて目が覚めて胃薬を飲んで再び寝床へ。そのままipod touchで諸兄のブログやらを徘徊して6時過ぎに寝床を抜け出す。あ~寒い寒い。

自宅~淀川右岸~R2~武庫川CR~生瀬~有馬街道~船坂セブン~県道82~ちょっと迷う~田園運動公園(往復)

93km

GoogleMapで検索したらクロスの会場までは最短で37km程度だったのだけど街中をくねくねと走らされるGoogle先生の言うとおりにはできそうになかったのでさほど遠回りでもないだろうと淀川右岸でR2に出て武庫川CRを終点まで、R176を避けて有馬街道、船坂から県道82で行くことにした。

前日の晩の暴飲暴食を気にして朝ごはんを抜いてコーヒーのみで7時過ぎに出発。天気はとても良かったけど気温は低い。R2の温度計は3度、ただし路駐も風もあまりなく快調に走れた。生瀬では更に気温が低くなり1度。有馬街道は下ったことはあっても上ったことがなかったがケイデンスを一定にして上っていく。船坂につく頃にはかなり気温がひくいはずだけど汗だく。セブンイレブンで補給と休憩を取り震えながら金仙寺湖を抜け少々迷いながらも自宅を出て2時間半程度で会場についた。

Hi3f0712

ちょうどC2、M1、L1のスタート。

Hi3f0717

押したり担いだり乗ったりで登る坂。苦しそうだったり嬉しそうだったり悲喜交々(笑)

激しく泥に突っ込んでこけた本人も大笑い、見ている観客も大笑い。見てるだけでも十分楽しいけど目に毒なのも事実。

寒いのもあるし昼からは子供と遊びたかったので11時には会場を後にしてノンストップで自宅に帰宅。帰りは迷うことなく、かつ下り基調だったので2時間で帰れた。

来週は丹波運動公園が会場のようなので天気がよければ胡麻のパン屋付きプランでまた寄ることにしよう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

週末 忘年会

大学のクラスメイトと忘年会。大学卒業以来毎年欠かさずやっている。

詳細は避け記録のみ。

Hi3f0710

天満で。待ち合わせの6時にみんな10分くらい遅れてくるみたいだから早くついた僕は躊躇なく得一へ。

Hi3f0709_2

得一のとなりの沖縄料理屋が今日の会場。安くはないけど美味しかった。泡盛をガバガバのんだった。

Hi3f0711

3件目は天満駅周辺のここ。ここでは日本酒メインで。

最後は近くの中華料理屋の双龍居。写真なしだけどここで食事メインの流れで参った。うまいには違いなかったのだけど激辛料理のコンボのおかげで朝の5時台に胃薬を飲む羽目に・・・

でも家に11時前には着くという健全な飲み会でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

週末 土曜朝練

朝起きたらまずまずの天気だったので9時にサドルに跨って出勤。こんな時間だからのんびりと。

自宅~神崎川右岸~天竺川~箕面駅前~高山~箕面駅前~豊中シ○ベスト~自宅

60km

時間が遅いこともありあおられることもなくマイペースで箕面を上がる。高山まで一定のケイデンスを保ったまま到着。本当はのんびりとサイクリングにしようと思ったのだけど休憩してたらうちに帰りたくなったので豊中のシ○ベストに寄り道して帰った。冬用の靴下を見るために寄ったのだけどピンと来なかったのですぐに撤収。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月17日 (金)

いぶき

落選しました。
キャンセル待ちになりますがテンション落ちまくりですわ(笑)
明日どこいこかな…

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年12月14日 (火)

KYOSUKE HIMURO TOUR2010-11 "BORDERLESS"

先週くらいから嫌で嫌でたまらなかった何十人もいる中でとある発表をするというちょっと面倒で苦手なお仕事が終わったのは3時半。発表時間が前倒しになったおかげで一旦家によって着替えてからライブ会場にいけそうだったので急いで片付けて職場を出る。ライブ会場は大阪国際会議場。最寄駅のJR福島駅に着くまでにガソリン(ビール)を一本消化。サラリーマン帰宅時間に通勤電車でビールとかちょっとどうかと思ったけど気にしない!

福島からてくてく歩いていると川に巨大なアヒルが浮かんでる。去年あたりは天満橋らへんに浮かんでいたはずだが・・・・

そうこうするうちに会場に到着、友人を待ちさっそく会場入りするんだけど入り口に「ジャンピング禁止」の看板。まぁ僕はジャンピングなんか特にしないからいいけど、ロックコンサートだぜ?する奴はするだろ・・・と少し思ってしまった。

客層は高め。そりゃそうか、もう氷室自身50歳だもんなぁ。僕自身もライブがあれば行くけどとうの昔に「信者」であることは辞めている。氷室に限らず結構そんな人多いんじゃないかな。CDも売れていないって言うしね。

開演は定刻どおり。聞き込みの少なさからセットリストが把握できない・・・ああ、この曲なんだっけ、どのアルバムに入ってたっけ?とかそんな感じ。友人はBoowyの曲を演奏することを大いに期待してたみたいだけど、今日は最新のアルバム中心にやって、Boowy多分やらないんじゃない?と言っておいたが、まったくもってその通りの展開。新譜からライブで使えそうな曲をほぼ演奏、その他は本人が「レアな曲」と言ってた、もうタイトルさえ思い出せない曲を数曲、比較的最近めな定番曲(クラウディアとかワイロマとか)で構成されてた。

演奏、コンディションに関してはツアー後半戦一発目ということで氷室の声の調子がよくすばらしいの一言。演奏もいつものメンバーで安定していた。「計算されつくした」感はあったけどパフォーマンスレベルは非常に高かったので個人的には満足。僕らみたいな昔の曲やってくれたら嬉しいと思っちゃう層には選曲が微妙かと思うセットリストだったけど、そんな不満を吹き飛ばすパフォーマンスでした。

アンコール終了後証明全点灯、退場を促すアナウンスで退場しかけた、つうかホールからでた時に2回目のアンコールが始まる。あれ?前から2回やってたっけ?だまされた。習慣が変わったらしい。次から気をつけなきゃ。

終了後は福島駅周辺で面白そうなお店を横目でちらちらしつつドリンク300円の居酒屋で楽しいおしゃべりをして午前様になる前には帰宅。何故かまったく眠くなかったので夜更かし、そして今は相当眠い(笑)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

やれやれ

『ノルウェイの森』は言わずと知れた村上春樹の代表作。それを映画化すると聞いた時正直やめてくれと思った。

村上春樹の小説ならねじまき鳥とかハードボイルドワンダーランドとか小説としては完成度の高いものが他にもあるし、羊男3部作といった名作もある。でもやっぱり春樹の小説の中で少し特別なのはベタでもノルウェイの森なのは今でも変わらない。

映画を観にいこうと思ったのもほぼ「怖いもの見たさ」。原作の小説に思い入れがある以上、どんだけ贔屓目にみても「小説とのギャップがどれだけあるか」の判定しかできないと最初から思っていたから。

そんな視点で感想を書くことにする。←最初から肯定的に観ていない(笑)

それと限られた2時間という枠だからしょうがないという意見も除外する。

構成に関して

小説の冒頭、ルフトハンザ機の中での場面、緑のうちで火事を見ながらビールを飲む場面、ワタナベと緑の父親とのからみ、レイコさんとの直子の音楽葬がないこと。これがすべて致命的。ルフトハンザ機の中での場面はほぼこの小説の主題(もちろん色々なテーマがある)を提起している部分だし、「私のこといつまでも忘れないで」という直子の言葉の意味を表現する為には絶対に必要な場面。緑、レイコ関係は後述。

性描写に関して

(実際はよくわからないけど)15分に1回はセックスかセックスを連想するシーンか台詞が出てくる。原作では映画で観るよりもより生々しい描写だ。しかし小説中は常に死と隣り合わせの雰囲気の中だからこそよりいっそう性というものが生の象徴となっているように感じているから生々しい表現でもそれほど僕は不快には思わなかった。映画中ではそのあたりのバランスがまったく欠如していて、最後には露骨すぎて不快感すら感じた。別に僕はセックスが嫌いではないんだけど(笑)

直子、緑に関して

何故主人公のワタナベが直子、緑に惹かれて行ったのか、そのあたりの描写が欠如していたように思える。それゆえに何故主人公がメンヘラの直子に執着しているのか、緑のどこに惹かれているのか提示不足過ぎて、極論すると2又かけてますよー的な感じに受け止めかねない。直子との再会後、東京の街をあてもなく歩くシーンで直子との距離感を説明するのに十分、という人もいるかもしれないがただの映像遊びにしか見えなかった。緑に関してもただ小説中の台詞を使いまわしでやり取りしているだけでお互いが惹かれあうエピソードが欠落している。何故緑が料理うまくなったのか、所見のワタナベが脳腫瘍で闘病中の緑の父親にきゅうりを食べさせることができたか等。あーなんかうまくまとめれてない。

ハツミさん、突撃隊

この映画、突き詰めて考えたら永沢さんもハツミさんもあんな感じの登場ならいらないのかも、と今は思う。でも出すならハツミさんとのビリヤードのシーンはキヅキとの接点もあるから必要なはず。突撃隊の出し方、ひどすぎる。小説読者以外まったく理解できなかったのではないか。「スエズ運河」のくだりも。

レイコさん

映画中では直子が死んだあといきなりワタナベのうちに来て「セックスをするべき」とか言って、ワタナベは「ほんとにするんっすか?」とか引き気味。原作では直子の死や葬儀をきちんと自分の中で消化できていないワタナベとレイコさんが、レイコさんのギターの弾き語り50曲することで区切りをつける大事な場面を経た上で自然とお互いが求める。あんな表現じゃレイコさん、ただセックスしにワタナベのうちに来ただけ・・・そしてやっぱり音楽葬はかなり意味のあるシーンだと思うんだけどね。

結論、これはノルウェイの森のイメージ映像。

うまくかけてないトコは訂正するかも。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年12月13日 (月)

週末

土曜日は朝少し自転車に乗るつもりだったのだけど前日に立ち飲み屋でパパ友?と12時過ぎまで飲んでしまったのでキャンセル。そのかわり妻が終日どっか京都の方を一人でうろうろしたいとのたまうので子供のお世話に集中。

お昼は和風スパゲッティ(鳥のささ身、玉葱をいためたん、塩と醤油で味付け、鰹節、もみ海苔トッピング)、夜は妻が作ったカレーにコールスローサラダ、から揚げを作った。料理は低調だった。

日曜日こそ自転車に乗ろう、そしてロング走しようと思い8時過ぎに出発。なんだか暖かい気がしたけど下りの寒さが恐怖なのでウィンドブレイクジャージ+夏用インナーで。

自宅~神崎川~天竺川~箕面駅前~高山~勝尾寺~自宅

55km

箕面に9時着、丁度駅前を過ぎる頃とある集団と同タイミングに。どうやらt○biの朝練?かな。ずっと高山まで抜きつ抜かれつ。おかげで強度が上がったのでロング走目的で出たのに高山に着く頃にはやる気が半減して、帰って公開された『ノルウェイの森』でも観にいくかと思い勝尾寺経由で帰宅。

最近あんまり乗れてないなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 9日 (木)

おでん指数

昨晩の飲み歩きのことを考えてたらおでん指数が高くなってきたので週末はおでんでもまたつろくっかな。

というつぶやき。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

遠征

昨晩は夕方から中ノ島でセミナーに参加していたので、セミナーが終了した5時ごろからいつもあまり行くことがない駅ビル方面をぶらりとしてみることにした。

Hi3f0699

中ノ島から西の方角。

立ち寄ったのは2ビル?の「しげ家」。

Hi3f0700

サッポロラガー(380円)、ポテサラ(150円)、ハムカツ(150円)。ポテサラは塩コショウがきいてて結構スパイシーな味付けだったが結構好みかも。いつもスーパードライばかり飲んでるので、ラガーは久しぶり。角のない味でとっても美味しかった。

ほんで天満に移動。谷町線で中崎町下車。最近来ないうちに随分変わった感じがした中崎町商店街。そこをずーっと歩いて天満の市場方面へ。

2件目は「やまなか」。

Hi3f0703

てんぷらを食べながら立ち飲みでは味わえない美味しい純米酒を飲もうと思って。でもてんぷらやってなかった・・・しょんぼりしながら頼んだのは「鯛のきずし」。

Hi3f0702

丁寧なお仕事でこれはこれでとっても美味しかった。飲んだお酒は「一博(300円台)」と「七本槍(400円台)」。

3件目は黒崎町の「杜○屋」ここはあえて伏字にしておく。このころから何飲んだか記憶があやふや。そしてこの店、お酒の値段がわからないのでー。多分一杯目は「石のかんばせ」。あてにおでんと何か食った覚えがあるけど、あとがっつりスパゲティを食べて、ここであんまり長居すると財布によくないので適当に終了。22時に雨に打たれながらおうちに帰った。

普段会社帰りに寄れない地域を回れて楽しかったわ。

それにしても1人で飲むのに慣れると大勢で(特に会社関係とか)飲むのにかなりパワーがいるようになっしまったような気がする。

写真は夜にでも。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年12月 7日 (火)

スマート

スマートフォンについてはしばらく(少なくとも2010年度は)静観しようと思ってる。僕が使っているキャリアがスマートフォン市場で大きく出遅れたauってこともあって余計にそう思っていた。

だけど2011年は事情が変わりそう。auが本気出してきた。もちろん最近発売されて話題のIS03っていう機種のことではなくこの記事。

http://www.jiji.com/jc/c?g=ind_30&k=2010120600769

データ通信に関しては通話用の回線とは別にして下り40MBがでるWIMAXを使うとのこと。これは夢が広がるなあ。デザリングとかもできたりしたら完璧。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年12月 6日 (月)

日曜日 万博公園

Hi3f0682

太陽の塔。次男は何故か「たいようのたわー」と言う。

12月になっても日中は穏やかで暖かい日だったので子供連れで万博公園へ。自転車に乗った後11時過ぎから出発。

近所のスーパーで色々と惣菜とか買い込んで電車に乗って万博公園に着いたのは13時ごろ。

子供たちはご飯のことを忘れて駆けずり回る。おとおちゃんはお腹がすいたのでござ敷いて持ち込んだアルコールとともにおかずを食べる。

Hi3f0684

男3人のお昼ご飯。

Hi3f0686_2

携帯のコンロでカップ焼きそばを食べる。息子、外で食べる効果か、大絶賛。ほんとは色々と仕込んで料理したかったんだけど・・・

Hi3f0693

すかしてるね(笑)

Hi3f0696_2

いつまでも仲良くね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

朝練 高山往復(日曜日)

久しぶりに自転車に乗るという目的で6時に起きた。最近土日のんびり7、8時くらいまで寝てるもんだからちょっと気合入れなおす為もあって。起きたら期待したとおりの快晴。ただし気温が予想より低い。

自宅~天竺川沿い~箕面駅前~高山~勝尾寺~千里をずばっと~自宅

55km

お昼前には子供と一緒にピクニックに出かけようと思っていたので3時間以内の短時間練で高山往復。ペースは極端に上げすぎず高回転を心がけて。

うちを出ると寒い。完全真冬仕様(インナーのみ夏物)で出撃したけど顔が、耳が冷たい。今冬初めて経験する冷たく乾いた本格的な冬の空気。でも10分も漕げば体が温まり心地よく感じはじめた。

箕面に着くとちょうど朝錬の時間で高山までのそれぞれの区間で抜いたり抜かれたりになったが、こちらは特に意識せず一定の強度で淡々と上る。箕面駅前TTは計測しなかったけど恐らく感覚的には9分台。最後は公民館の手前からじわりとスピードを上げ1人スプリントして、ごった返している公民館のはしっこで少し休憩して引き返す。

とにかく下りは強烈に寒かった。。。まだ本格的な冬の寒さに慣れていないのかもしれない。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

土曜日 鶴見緑地

朝起きると晴天だったので子供たちと鶴見緑地に行く。

アスレチックに積極的に挑むようになったのを見ると息子たちも随分成長したなぁと実感する。まだ3歳の次男はともかく長男さんはだいぶほっといても良くなった。

幼い子供特有の無鉄砲さにはハラハラさせられるけど。

Hi3f0669

ノーアイデアで適当に鶴見緑地に来て昼になりおなかがすいてきて思いついた。日曜日も天気がいいから子供と万博公園にでも行こう。携帯ボンベ持って。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 2日 (木)

伊吹

パナソニックヒルクライムin伊吹山ドライブウェイにエントリしました。

今年から抽選ということだけどエントリしたカテゴリは900名という一番多い枠。落ちたら目標がなくなる気がするし、落ちたら落ちたで安心するような気もするし。なんだろこの気持ちは(笑)

いい加減ホイルくらい換えたほうがいい。シャマルかユーラスあたりが某英国通販屋で25%OFFとかになったらぽちりそうだ。。。

さて今週末は自転車に乗ってどこいこかな。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »