« 徘徊した3 | トップページ | GWやら自転車やらのまとめ »

2012年5月 3日 (木)

GW

写真追加(5/8)

4/28(土)
快晴。芹生、佐々里を通って美山、R162で帰宅。
120km

芹生峠は一度行っておかなければと思ってたけど、まあ好き好んでいくこともそうそうないだろうという峠。路面は荒れてて激坂。リアを滑らせながら上った。

20120428_095708
登り口の貴船。

20120428_102426
ピーク。

20120428_102431
ピークから南側。

20120428_102451
ピークから北側。

峠ではMTB乗りの方と少し談笑。
芹生北側は南ほどではないけど路面はやはり荒れてて走りにくい。
佐々里峠はまだ路肩に残雪。時折吹く風で桜吹雪。
20120428_113409
佐々里の桜。

20120428_115208
佐々里峠。

佐々里美山側は路面がきれいで走りやすく軽快にダウンヒル。
かやぶきの里までほぼ下りっぱなしで、次は美山側からと思う。
かやぶきの里では食事を摂り過ぎてお腹がつっかえて苦しい復路。
深見峠はゆるく本来はアウターで上れるところをあまりに食い過ぎで苦しくてインナーでだらだら。
結局ウッディ京北までお腹がいっぱいのまんまで帰宅。

4/29(日)
レンジフードとか掃除。

4/30(月)
山中越えで琵琶湖往復。
38km
山中越えでは京都側、滋賀側両方で時計をとったけど晒すと恥ずかしいので伏せておく(笑)
行きの頂上で石川県から来られたという荷物満載のMTBとツーリング車の同年代のふたり組と談笑。
20120430_081630_3

木之本でデポしてビワイチ北半分を廻って一旦京都市内で一泊、南半分を回るべく山中越をしたらしい。
もうちょい楽な道があるでしょうに、というと京都のショップで教えてもらったとのこと。
健闘を祈って先に琵琶湖まで下る。
20120430_083238

帰り道、夕方から天気が崩れる予報で、空模様をみると早まりそうだとふたり組に伝え忘れたなと思い、でもビワイチをしている人に余計なお世話か。
「一周中」の人に辞める理由なんてないだろうし。

帰宅後トイレやお風呂の本気掃除。
やはり天気の崩れは早かった。

5/1(火)
京見峠、持越峠、雲ヶ畑。強風。
31km

体重が61kmを超えて、割合本気で走った京見峠は伊吹前の1分も落ちていて、体重1kg1分。3kg減らせば目標タイムは楽勝だなこりゃ、と妙に自信がついた。
杉生から持越峠まで軽くタイム計測してみると大体12分程度。TT登録サイトに推薦しようと思ったけど途中平坦区間で離合困難見通しが悪い箇所がどうも気になっている。
持越峠だけだと短すぎてつまんないしな。
雲ヶ畑のダウンヒルは強風のため慎重に。
20120501_093947
下りきると立派な芦毛のサラブレッドが公道を闊歩。
対応中の警官と話をすると「ときどきあるねん(苦笑)」らしい。
ときどき?

5/2(水)
朝から大雨。次男と近所の映画村へ。
朝9時過ぎに着くとGW中にもかかわらずガラガラ。
戦隊物が大好きな次男、仮面ライダーと握手が出来て、ゴーバスターズのショーを間近でみれて、握手や頭を撫でてもらって満足気。
20120502_100801
仮面ライダー。

20120502_113712
ゴーバスターズ。
普段落ち着きのない子だけど目をキラキラさせて上機嫌に過ごした。

20120502_121937
2人で遅めのランチ、カレーを食べて雨の中ブラブラ。
一度も叱らずに次男とゆっくり過ごしてこちらも満足。

5/3(木)
午前中は床の雑巾がけとか掃除。
午後から長男と2人きりで鉄道の旅。信楽まで。
最寄り駅まで小学2年の息子と競走。結構ガチで走ってやっとついていけるほど。うん、あと3年で負けるな、こりゃ。
1時すぎの電車に文字通り息を切らせて飛び乗って京都駅で新快速に乗り換え、草津駅で草津線に乗り換えて貴生川駅で信楽高原鉄道に乗る。

20120503_135342_2
草津線。

20120503_142304
信楽高原鉄道。嫌な事故を思い出すが(笑)

20120503_142841
高度を上げると半袖Tシャツで出てきたことが不安になるくらい冷たい風が吹いてきたけど長男寒くないとのこと。

20120503_151239
信楽駅を出るとちょうど信楽焼祭りをしていた。
ブラブラして4時過ぎに同じルートで帰宅。
どうしてもカエルの置物が欲しいと言って譲らないので買ってあげたら大事そうに持って帰った。
前日と同様に一度も叱らずに過ごして満足。

5/4(金)
大正池、和束、三国越、伊賀、R162、R24
142km
朝天気が微妙で一旦着替えるも雨が降りだしたので1回脱いだ。が、意を決して出撃。
強烈な北西の風で帰りのことを考えると嫌になるくらいの追い風。
CRを出るまでav30kmとか。
20120504_110634
流れ橋。復活してた。

大正池はミドルペースで上がるがタイムは平均くんにわずか勝つ程度。
和束のローソンで昼食にナポリタン、おにぎり、ノンアルコールビール×2で腹いっぱい。
のんびり休んでぼちぼち出発。
三国越林道は思ったよりもきつい。おなか一杯だからか?
断続的にアップダウン、アップの箇所は5~10%程度の斜度があると思われる。
アップダウンの連続はヒルクライムTTコースとしてはどうかと思ったのは別としてロードで走るにはいい道。
とにかく初見で爆風、ウェットで悪路なので慎重に走る。稜線からは風の唸りが聞こえてきて気味が悪い。
童仙房で一息ついて、事前に自転車友達から得ていた通行止めの情報をあえて無視して三重県側に下りることを試みる。
通行止めの看板は4月末まで、とあったので確信を得て進むが問題なく通過。

20120504_144403
展望台周辺からの眺めは素晴らしくしばし休憩。
一息ついたところで再出発するも雨にふられるダウンヒル。
下るとそこは三重県伊賀。伊賀上野から滋賀に抜けるかR163で木津にでるかしばし悩む午後3時。
滋賀に抜ける道がどんなか事前情報がないので無難にR163。向風全開で脚にき始めたがしっかりと踏んで狛江のセブンで再び休憩と補給。
CRを使うかR24を使うか迷ったがCRで爆風に吹きさらされるよりは市街地を走ったほうがましと判断してR24を北上。
それでも吹きさらしの区間は横からの強風と格闘、風に煽られて車に轢かれる恐怖と隣合わせ時速25km程度で城陽まで。
城陽の市街地に入ると風の影響は少し弱まり再びしっかり踏んでいく。京都方面の空は真っ黒けで雨に突入する覚悟をした。
途中から少しでも屋根があったほうがと思い第二京阪に入り北上。ちょうど京都市内にはいって伏見あたりから強い雨に降られはじめる。不思議と風は弱まった。
雨の中強い撥水で助けてくれたアイウェアもこのあたりで暗くなってきたので十条でお役御免。
結局雨でぶしゃぶしゃ。
でもそういうライドもたまには良し。

5/5(土)
R162で美山かやぶきの里往復
105km
帰りは裏京見峠経由。

前日からメールで三国越方面の情報を聞いていたhideさんが美山にいくということで朝起きて僕も美山へ向かうことを連絡、12時に美山のふれあい広場待ち合わせってことで。
で子どもの世話とか家のことしてたら10時になって慌てて飛び出る。
美山まで50km程度、待ち合わせの12時まで2時間ということで結構なペースで向かう。風は南風。
快晴のGWということでバイク満載の周山街道を北上する。
高雄の上りをふらーと上って中川の集落を進むころから脚が回り始めて出発から1時間5分程度でウッディ京北に到着休憩。
10分ほど休憩してますます時間に追われて再び北上、南風にのってばびゅーんと。
深見峠の上りは無理をせず、トンネルを抜けたら下りをぶっ飛ばす。法定速度超えてたかも。ごめんなさい。
待ち合わせ場所には12時5分前に到着してhideさんを探すが自転車は見つかっても本人がいない。
暫く待つと登場されて美渓という食堂でラーメンをいただく。

20120505_131715
せっかくなのでかやぶきの里に向かってソフトクリームをいただきながら今後のルートについて話す。
hideさんどうも佐々里経由をしたいらしいがこの時点で1時過ぎ。佐々里経由だと帰宅が暗くなるだろうし夕方から天気が不安定になるという天気予報も気になってやんわりとちょっとそのコースは大変ですよと伝え、一緒に周山街道を南下することとする。2時間早けりゃ佐々里経由がよかったのですが。

帰りはやはり向風だけど頑張って30~40kmで踏んでいく。途中口の中に虫が飛び込んできて非常に苦いまずい味がして急いで水で口を濯ぐ。後ろの人はびっくりしたでしょう。ごめんなさい。。。
ウッディ京北まで踏み切って休憩。
思いつきで自転車交換をして栗尾峠に向かう。身長は同じくらいだけどフレームサイズが1サイズ小さいhideさんのバイクでしたがサドル調整せずに上りに入るとサドル調整していないのでトルクが全然掛けられず失速。リア24T,27Tの使い方もまったく不慣れで一瞬で置いていかれた・・・
ポジションて大事なんだなーと再認識。
峠の後でお互いの自転車の感想をフィードバックして再び自分の自転車にまたがって出発。大嫌いな笠トンネルは踏めるだけ踏んで車に抜かれないスピードで走り抜けて以前から京見峠をきにされてたhideさんのことを思い出して杉生で一旦停止。京見経由にしますかと?と聞くとぜひとのことで裏から京見へ。GWということで細い道を車がバンバン通って怖かった。普段みることない県外ナンバーも。
峠で少し休憩していろいろと周辺を案内しながら下り円町の交差点で解散。
脚がパンパン。
妻は飲み会にいくとのことで疲れた体で夕飯を作って11時過ぎに就寝。

5/6(日)
朝5時台になんとなく目が覚める。外をみると天気だけど前の日の疲れで脚に疲れがあって、とても芹生峠なんて上れないと思って予定してたraphaのイベントは回避。
2度寝して起きたら9時。

20120506_145247
午後からは子ども2人連れて河原町へ出かけて、偶然やってた百貨店の鉄道のイベントで子どもたちを遊ばせて、ひとしきり遊んだ後デパ地下で試飲試食を繰り返す。
帰宅後夕方京汁へ行き点検をしてもら店員さんと鈴鹿や伊吹について談笑。
連休最後の夜はお鍋にベルギービールで酩酊して終了。


|

« 徘徊した3 | トップページ | GWやら自転車やらのまとめ »

コメント

先日は終始、前を牽いて頂いて向かい風も去ることながら虫からも守って頂きました(笑)
正直、美山は遠くて過酷なイメージがあったので1人だとかなり心細く思っていたのでホント感謝してます。
実際1人だったらと振り返るとゾッとします。
そして色々見所も紹介して下さり楽しい1日となりました。重ねて御礼申し上げます。
もっと鍛え上げてちゃんとローテーション出来る様に頑張りますので、またご一緒させてくださいね!

投稿: hide-life | 2012年5月 7日 (月) 19時39分

hide-lifeさん、こんにちわ。
京都方面でしたらいつでもご案内しますよ。
前を牽くのは最初は少しずつでいいと思いますし前にでる心意気が重要やと思うので遠慮なく前にでてくださいね!

投稿: しお | 2012年5月 8日 (火) 09時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317409/45121001

この記事へのトラックバック一覧です: GW:

« 徘徊した3 | トップページ | GWやら自転車やらのまとめ »