« ジテツウ | トップページ | はりちゅう サマーエンデューロード »

2012年7月 2日 (月)

土曜朝練

朝起きて8時過ぎに出発。翌日はロードレースなので脚が疲労困憊にならないように朝練といえども70%の力で。

自宅~京見峠~周山街道~ウッディ京北~R477西進~廻り田池~神明峠~保津峡駅~六丁峠~嵯峨野~自宅
69km(av19km?)

話は少しさかのぼって金曜の夜にamazonさんからプレゼントが届く。朝やっほいしといたものだ。
20120630_004138
Garmin Edge500。使い方がまだ良くわかってません。
走りだすとわかるのだけどこの位置だとものすごく読みづらい。慣れなのか?

ということでよくわからない状況で噂の乳バンドつけて走りだす。
今日もいつもの京見峠から。アウター縛り。前日、前々日とお酒を少し控えていたので調子は悪くない様子。各ポイントでもベスト記録を更新している感覚。それでも茶屋前の急坂くらいからしんどくなり10kmを切ったり。茶屋前を過ぎて明らかにベスト記録に到達することがわかっているけど明日のこと考えてスパートしません。
気になるタイムは11:19。ベストを6秒ばかり更新。

その後はサイクリングモードで流す感じでウッディ京北まで行き一休みしてR477で廻り田方面を目指す。逆方向からは何度か通ることもあったのだけどウッディ京北からは初めて。
再出発してすぐに一つ峠を超えて一旦平坦がありそこから神吉まではほぼ2~6%程度の坂が続く(※Garminには斜度計がついているがどれほど信頼していいのかわからない)
アウターで無理しない程度に回す。
20120630_101708
R477の核心部は間違いなく百井周辺だと思うけどこの区間も十分素晴らしい。百井周辺と比べて険しさはまったくないけど山奥感はすごいし落石も多いし車も通らない。夜間は絶対は知りたくない道。

20120630_101916
林を抜けると神吉の田園風景。

そこから樒原までまた上り。アウターだと明日のことを考えると少し負荷がきつい気がしたけどこの際縛っとく。

20120630_110142
やがてピークを過ぎて軽快にテクニカルなダウンヒルをこなして保津峡でスプライト休憩。
保津峡駅から六丁方面の道を見上げるとロード乗りっぽい人が止まってるのに気づく。何しているんやろ?と思ったが。
再び走りだす。後は六丁峠だけだとおもってさすがにアウターはないだろうとインナーに入れた瞬間に先ほど保津峡駅から見上げたロード乗り2人に出くわすがここまでへちょい走りをしてたのでなんか恥ずかしくてロクに見ずに通りすぎた瞬間に相手が何か言ってきた。と、私もどっかで見たことがある人と気付いて引き返すとやっぱり以前京見峠でお会いした峠のすぐそばに住む方だった。休憩中とのこと。なぜこんなとこで?(笑)
その方のジャージは「京見峠の仙人」と銘が入っておりロードバイクもデローザの最上位クラスにカンパのレコードだった。「人生最後の1台に」とのことでした。
ほっそい道で10分程度雑談やら新たな峠の情報などを教えて頂いて解散。
六丁峠はもう無理せずにインナーで軽く上る。最初に上ったときはそれなりにしんどいと思ったけどもう全然大したことあらへんな。最近激坂をこなしたからだろうか。
そんなこんなで12時前に帰宅。
何気に上りばかりで脚にダメージを食らったサイクリングだった。。。

|

« ジテツウ | トップページ | はりちゅう サマーエンデューロード »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317409/46127585

この記事へのトラックバック一覧です: 土曜朝練:

« ジテツウ | トップページ | はりちゅう サマーエンデューロード »