« 週末練(写真追加) | トップページ | 心拍機能について考えてみる① »

2012年9月 3日 (月)

週末練

9/1(土):
子ども×2、妻が風邪で調子が悪いのでとてもロングに行ける状態ではなく、子どもが起きる時間にはなるべく家にいたほうがよいので早起きして6時半に出発、近所の峠まで。

自宅~京見峠~持越峠~京見峠~自宅

距離: 36.40 km
タイム: 1:43:19
平均スピード: 21.1 km/h
高度上昇値: 752 m
カロリー: 637 C
平均気温: 25.4 °C

京見峠はアウター縛りで、ゆっくり取りついていき、後半にある程度出し切る走り方で。
タイムは微妙な12:44でした。
そのまま休まずに裏京見をくだり持越峠もアウターでこなして一旦雲ヶ畑側に降りてすぐに持越峠を上り返し再び京見峠も上り返す。ちょうどなくなった水をいつもの水場で補給してクロアでパン買って帰ろうとしたら9時からの営業で買えず。
今出川通りのル・プチメックでパンを買って帰宅。
ル・プチメックはハード好きの方に特におすすめ。イートインもできてGood

帰宅後は全力家事。子どもは本調子ではないものの元気で遊んでる。昼食は具だくさん冷やしラーメン。夜ご飯は親子丼、味噌汁を用意して、後は妻に任せて街ぶら。重度の酩酊状態で帰宅。大宮おそろしい。

9/2(日):
朝一緒に寝ていた次男に7時半時くらいに起こされ、一緒にゴーバスターズと新しく始まった仮面ライダーウィザードを観る。重度一歩手前の2日酔い状態なので少し収まるまで自転車には乗らず子どもたちのお世話。
10時過ぎには2日酔いの頭痛が治まってきたから出発。

自宅~貴船~芹生峠~R477~花背~鞍馬~自宅

距離: 61.99 km
タイム: 2:46:54
平均スピード: 22.3 km/h
高度上昇値: 1,944 m
カロリー: 1,186 C
平均気温: 30.8 °C

前日のライドの疲れが若干残っているのと、前日の痛飲で絶好調とはいかないけれど、すでに日が高く暑くなっていたので涼しいところをと貴船へ。少し休んでカルピスソーダ500mlを一気飲みしてお腹がタプタプのまま芹生峠をアタック。
前回は初めてなのと、激坂慣れしてなくてかなり難儀したのだけれど、今回はしんどいながらも安定したライドができた。お地蔵様のところに差し掛かるとあともう少しという前回の印象だったから余力を掛けてラストスパート。が、そこからまだまだ結構な距離があり最後垂れる、、、タイムは20:31で前回タイムを1分以上縮めた。
しかし平均勾配11.1%はさすがに上りごたえあるなあ。
休憩も特にしないでそのままR477にシャーッと下って花背でコーラ休憩。ふと見上げるとかなり大きな積乱雲が北山にかかっていた。これは雨に振られるかな?と急いで500mlをがぶ飲みしてお腹タプタプのまま裏花背をアタック。しかし、ここスタート地点が商店の前だとわかった。ずっとその先の橋かと勘違いしてた。登録サイトの平均くんが26分台、僕のそれまでの記録(随分前に1度だけ計った)は28分台だったので目標タイムは25分くらいかと思ってアウターでガシガシ踏んでいく。芹生の後なんであんまり無理してもと勾配がきつい箇所はインナーに遠慮無く入れる。
心拍も170bpmを切らないようアゲアゲで走ったのだけれど途中でとても目標の25分ではゴールできないことがわかって焦る。
結局出し切ったにも関わらず27:06と残念な結果。登録サイトでは192wattと表示されているので芹生の後で疲れていたから?それにしても平均くんのレベルが高すぎやろ、少し下げときました(笑)

鞍馬で15分程度ぼーっとしたり呟いたりして市内に下ると先ほどの積乱雲が迫ってきたので逃げる。気づくと北も西も南も雨雲がかかっていたがふられることなく1時半に帰宅。
シャワーを浴びて完全にエネルギー枯渇状態のなか気力で親子丼を作って食べる。
その後は子どもとDVDみたりしてゆっくり過ごして4時半くらいから夕飯づくり開始。ヒルクライム並みに汗をかきながら、オクラをのせた冷奴、豚バラと白菜のミルフィーユ、ナスとピーマンの焼き煮(冷製)、レタスとじゃこのチャーハンをつくり、残り物のコールスローサラダ、酢の物とあわせて夕飯とした。

そんな週末。

けいはんな:
1番下のクラスにエントリーしているけれどまったくもって勝負のイメージがつかない。前半は登り基調で登りの最後は急坂となっていてピークを超えたら長い長い下りの先にゴールがあるコースレイアウトが理由。このクラスでは坂では遅れることはないしむしろ速いほうかもしれないけれど、そのあとの長い下りが自分には向いていない。
展開はどうなるかわからないけどうまく先頭集団に乗れていれば前半の坂で何度かアタックして人数を減らす動きができればと思う。
最終周回の急坂でアタックしても逃げ切るには下りの距離が長くて追いつかれてしまうイメージしか持てないからなるべく最終周回の下りに入るまでに人数を減らすくらいしか思いつかない(笑)
頂上ゴールやったらよかったのに。。。
はりちゅうではスタートから最終周回まで先頭集団にいた為か目立った初心者と絡む機会はなかったのだけれど、けいはんなではどうもその落車の多さといい、参加しやすい場所での開催といいはりちゅうよりもずっと危険な予感がしてきた。もう一つ上にしておけばよかったかなと思ったがどうもC2でC4でも落車は頻発しているみたいだからクラスはあんまり関係ないのかね?
自分の勝負を目指す、というよりも安全のため前で進めるのが必須だなあ。

|

« 週末練(写真追加) | トップページ | 心拍機能について考えてみる① »

コメント

自転車に酒に家事にと充実してますね。
ご家族風邪の様ですけどお大事になさって下さい。

GWにご一緒させて頂いた時のしおさんの走りは強烈でしたけど今はまた全然違うレベルにあるようですね。
けいはんな。僕も先日ちょこっとだけ試走しましたけど
コーナー付近は怖そうですよね。
後半の急坂は思いっきりアゲアゲで上ってみたら僕の場合タレて最後の下りは踏めませんでした。上りが得意でない人があそこで頑張ると最後はキツイはずです。(小太り談)

投稿: hide-life | 2012年9月 3日 (月) 19時53分

hideさん、こんにちは。
GWの時から強くなってるかよくわかりません、実際のところ。さほどTT速くなってないですし(´・ω・`)
けいはんなはきっと初心者やないやろ?って方がたくさんいると思うので10位以内に入れればええかなと思ってます。
できれば見せ場くらいは作りたいですが。
急坂はkurubiさんと走った時は50-21/19Tで走りましたがレースペースで周回してる時はもう少し落とさないと登れないかもです。

投稿: しお | 2012年9月 4日 (火) 08時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317409/46931651

この記事へのトラックバック一覧です: 週末練:

« 週末練(写真追加) | トップページ | 心拍機能について考えてみる① »