« 京見峠×3 | トップページ | 伊吹山ドライブウェイヒルクライム2013 考察 »

2013年4月15日 (月)

伊吹山ドライブウェイヒルクライム2013

4/13(土):
午後からリカバリライドで本当にゆっくりと京見峠~持越峠~雲ヶ畑~汁ベストと回る。
天気がいいから完全夏服でいくもダウンヒルや向い風は寒くて仕方なかった。
汁では補給食とタイヤの追加をする。絞った体をみた店員さんにそんなに痩せたらパワーや持久力が心配ですねと心配されました。今までがデブすぎたのです。そして来年は汁のジャージででましょうと勧誘されといた。実際のところサポートとか考えるとそれも悪くないなと思いながらも笑ってごまかしておきました。
タイヤを新品に履き替えて皮を少しはがしてその日は終わり。夜は何故か唐揚げつくって自爆しときました。
10時半就寝。

4/14(日):
朝4時半起床。脚に少し張りがあって不安になる。
朝食はご飯と味噌汁、バナナ、ヨーグルト、コーヒー。

体重55kg:(;゙゚'ω゚'):54kgジャストで出るつもりがー

準備を整えて5時半に自宅を出発、hideさん待ち合わせの京都南まで自走。無事乗っけていただく。6時に出発、伊吹のSAで何故かチームのみんなが居てびっくり。待ち合わせは別の場所なのに。そこからが最悪。
関ヶ原ICを出るところで渋滞、会場の駐車場に入るのに渋滞、結局待たされまくった挙句予備駐車場に廻される。この時点でほぼ手荷物預かりの時間に間に合わない事態。

運営がク(自主規制

僕自身はヒルクライムにかける思いはそれほど強くないから「ク(自主規制)が!」と思うだけだったけれど、このレースのために頑張ってきた方々がたくさんいる中その努力を無にするような運営はいかがなもんかなと思う。

集合時間になってもゼッケンつけてたり荷物預けしてたりでもうバタバタ。アップなんてできるはずもなく半分諦め、やっつけ。

移動時間になり緊張感なくkurubiさんとスタート地点へ。当然、カテゴリの後ろの方に並んでもうなんていうか・・・
それでも普通にスタート、あまりの緊張感のなさにスタート地点でラップボタンを押すの忘れてて、少し下から計測した状態。

さて、スタートしてすぐにkurubiさんがグイグイ、というか、アップもしていないのにありえないスピードだしてすっ飛んでいかれた。「一緒に回して行きましょう」という言葉は何だったのか、という状態。しばらく追うも心拍がいきなり180bpmを越えてヽ(´Д`;)ノアゥア…

視界から消え始めた時点で自分のペースに切り替える。すると前方でチェーンを落としたkurubiさん、毎日努力されていたのにこんなことでレースが台無しになるなんて、、、と思いながら横を通り過ぎるときにはチェーンが掛かったように見えたので「まだ大丈夫、追いついてきて!」と声をかけて先行する。
そこからしばらく後ろに数人引き連れて進むも先頭交代なんかはしてくれない(´・ω・`)
風が強かったから交代してくれたら嬉しかったのだけれど。
中間地点くらいで25分台だったからひょっとして50分くらいでいけるの?と勘違い。←ここはかなり微妙な思い違い、記憶違いしてるかも。

短縮コースのゴール地点は手元で37分ジャストくらいで、実質的には36分台。「残り5kmもあんのか、そして結局やっぱり54、55分くらいでゴールか?」とやる気が超絶減退した。
ここからは未知の世界だったけれど、まあそれまでのコースと斜度の変化など雰囲気は変わらず、ただ寒くなってきたことは分かった。

残り2kmとのスタッフさんの声にあと「あと2kmか、しんどいな、ん?あと2km以上あるやろ?」と・・・
この辺はダレて175bpmを下回るくらいになっていた。
ゴールがはるか遠くに見え始めてやる気減退気味のところにほぼはじめてというくらい同じカテゴリの人に抜かれてやる気出して最後は踏ん張ってゴール。手元の時計では56分ジャスト。

ゴールしてすぐに後ろをすぐ来るであろうkurubiさんのゴールを写真取るために待機もなかなか来ない(´・ω・`)
脚攣ったらしく随分遅れてゴール。
きちんとアップする時間があればこんなことにならなかったのだろうな、やっぱり運営がク(自主規制)

荷物を受け取り着込んでバナナ、ミルクティーをいただく。ミルクティー、運営の中の人寸胴から紙コップを使ってコップに入れていた。何を言っているのかわからないと思うが、、、

上ではツイッターつながりのいっちーさんやヤマトさんjinjinさんとも会うことができてク(自主規制)寒い中退屈せず楽しく過ごせてよかったです。
リザルト張り出しにあんまり興味を持てなかったけれど正確なタイムを知りたいので見に行くと30位台、55分半くらいで、リザルト用紙の1枚目でびっくりΣ(゚∀゚ノ)ノキャー

下山はお楽しみの豪快ダウンヒル、何度か絶景を楽しむために立ち止まりましたが爽快に下って行きました。下った先ではちょうどプロのスタート時間で、下山待ちに巻き込まれずに済んでラッキーでした。

あとは淡々とお片づけして、米原でトンカツくってhideさんに京都南まで送って頂きました。本当にありがとうございました。
リカバリ自走で帰宅、夜は焼肉、アイスと暴飲暴食しときました。

自分的には計算上は53分くらいいけたはずだったので少し心残りでした。
去年はそれなりにゴール後は脚がガクガクになるほどだったけれど今年は普通でした。もちろんもがき続ければ速く走れるというわけじゃないヒルクライム、淡々とペースを刻むのが効率がよいと思っているのだけれど、いくらなんでも出し切った感がなさすぎ。これも(自主規制)

1時間弱のヒルクライムレースは本当にしんどくて気が遠くなって行きましたが、来年出ることがあれば50分を切るようにしたいと思います(ほざいときました)
それに時間とかお金とか家族的なこととかが許されるなら実業団登録もしてみたいなという思いが芽生えてきていて、ちょっとこれからのことを少し考えてみようかと。

|

« 京見峠×3 | トップページ | 伊吹山ドライブウェイヒルクライム2013 考察 »

コメント

お疲れさまでした。つぶやいていた肉の写真がめちゃ旨そうでしたよ(笑)

投稿: treky | 2013年4月15日 (月) 12時54分

trekyさん、お疲れ様でした。
お肉美味しかったです、ほんと。でも今日からまた節制した生活にします(笑)

投稿: しお | 2013年4月15日 (月) 13時25分

伊吹山お疲れ様でした。
朝から、なんとも言えない感じのスタートでしたね。
スタート地点で、jinjinさんと一緒に探していたのですが見当たらず…
頂上でお会い出来て良かったです^ ^
次は美山です…C5がないので、僕もC4の予定です。
又、宜しくお願いします。

投稿: ヤマト | 2013年4月15日 (月) 21時04分

ヤマトさん、お疲れ様でした。
すいません、kurubiさんと後ろの方に並んでいました(w
事前に何のジャージ着るか聞いていてよかったです。スレ違った時にピンときたので。
美山では協調できればしていきましょうね!
あとサイクリングにも行きましょう。

投稿: しお | 2013年4月15日 (月) 23時18分

凄い結果ですやん!お疲れ様でした。
伊吹山は第1回大会から「く」運営が改善されないまま
今日に至る、、、ですが、大人の事情がいろいろ
あると思います。

>時間とかお金とか家族的なこととかが許されるなら実業団登録

だれもが通る道です(笑。

投稿: ロラお | 2013年4月16日 (火) 10時48分

ロラアニキ、お疲れ様です。
今回はなんとかパワーウエイトレシオでごまかしておきました(笑)
さすがに終盤はバテてしましましたが。
実業団登録、今年一年で登録できるような脚をつくったり環境を整えたり情報収集はしようかなと思っています。
アニキもご存知と思われる手術から今度実業団に復帰されるあの方に今度お会いした際、イロイロ聞いてみようかなとか思っています。

投稿: しお | 2013年4月16日 (火) 11時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317409/51238120

この記事へのトラックバック一覧です: 伊吹山ドライブウェイヒルクライム2013:

« 京見峠×3 | トップページ | 伊吹山ドライブウェイヒルクライム2013 考察 »