« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月

2013年8月26日 (月)

先週の記録

先週は全体的に超低空飛行。

というのも100kmも走った後にナイトレースで超高強度のインターバルのような練習をして、翌日睡眠3時間程度で早朝から朝市&シル練に参加という無茶のせいで心身ともに終わってしまった。
何が駄目だったかというと土曜日レース前の朝練がいらんかった。あれがなきゃここまで疲れてなかっただろうしレースももう少しいい成績だったはず。あと、先週は木~日で400kmも走ってる。走りすぎ。

もう大人なんだし、家庭もあるんだし、仕事もそれなりにしなきゃなんで少し考えろ>自分

まあ楽しくて仕方なかったんだけどね。

8/21(水):
水曜ロードはなかなかすごい人数と顔ぶれ。心身ともに駄目で久しぶりに自転車に乗るんじゃなかったと思った日。

8/24(土):
木、金と思い切って休んだ。でも疲れが取れない感じ。
雨なので1時間ローラー。LSD30min,テンポ10min×2。
回し始めは脚がまだ痛かったけどゆっくりと回していると痛みが消えた。やっぱりARはしておくべき。

8/25(日):
雨な(ry LSD20min,メディオ10min×3

久しぶりにローラーしてみると思いの外ペダリングが踏みつけるペダリングに変わっていたので修正に役に立ったかも。やっぱりどんだけ外で走るのが楽しくてもWeekdayはきちんとローラーした方がいいのかなと思った。水曜日はもともとインターバルの日だし。しかし金曜日のプリンス周回は要検討。自分の走りの幅を広げてくれるかもしれないという期待。
少し思案のしどころ。

追記:
今年の夏はピークを過ぎたのか、週末から涼しい。今朝に至っては窓を開けて寝てたら早朝寒かったくらい。
そういえばお盆前後の暑さ真っ盛りには「練習しちゃダメ。」というとある自転車乗りさんのブログのリンクがSNSでリンク付けられてリツイートされたりシェアされたりしてた。
書いてあることはものすごく真っ当なことでそのとおりなんだけど、僕はそんなことを気にせず、体調管理に人一倍気を使いながら今月もすでに1000km走った。(おそらく正午を跨いで帰宅したことは1,2度だろう。たいていは10時までに帰宅。)
それで強くなったの?速くなったのって聞かれても「さあ?」と答えるしか無いんだけど人一倍夏の暑さに強いと自負する僕はその暑い中も自転車に乗れて楽しかったなあという話。

あとはこの暑さに比例して無節操な飲み食いをした結果のブヨブヨの体で涼しくなる秋に向けてどんなふうにパフォーマンスを出していくかというのが課題。
後半戦スタートのナイトクリテはまずまずな結果だったけれど残りのけいはんな、猫目、鈴鹿エンデューロと月一でこなす4連戦は体調管理というよりもむしろ集中力の管理のような気がする。
そういった意味で実質的にけいはんなでシーズンは終わるのではないかと思い始めているのがなんとも・・・

追記の追記:
前回のレースに出て結果的には表彰も入賞もなかったけど出しきった感が強くて今までにない充実感を感じた。当然レースだから一つでも上の順位を目指すべきでそれを前提に走っているけれど、出しきるってことがどれだけ充実感に直結するのかを体感したように思う。ちょっしレースの臨み方が変わるんじゃないかなという意味でエポックなレースだったのかもしれない。それがわかるのは次のレースなので非常に楽しみになってきた。
何より「最近走ってないから」とか「体調が悪いから」とか「他にやることがあって」とか言い訳が一切ない状況を自分で作っちゃっているあたり我ながら自分に厳しいなと思う次第。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月22日 (木)

草津ナイトレース2103 データ編

ガーミンデータ
前提として、スタートラインでラップ、レース後本部までの移動まで含んでいます。

距離: 20.65 km
タイム: 32:06
平均スピード: 38.6 km/h
高度上昇値: 81 m
カロリー: 391 C
平均気温: 30.2 °C
最高速: 49.2 km/h
平均心拍: 184 bpm
最高心拍: 196 bpm
平均バイクケイデンス: 105 rpm
最高バイクケイデンス: 139 rpm

最高速:
コントロールラインの坂に入る直前と思われます。ほぼ毎周回45km以上で坂に突入という(w

ケイデンス:
高いですね。これはクリテではほぼこんな感じ。普段ローラーで100rpm以上をキープする練習をしていますしね。

心拍:
こんなもんでしょう。
公式には15周のレースですが16周回しました。ローリングスタートの1周目のポイントは加算されていません。
ではその周回のGARMINのラップ                                                                                                               
Lap 平均速度(km/h)
1 35.20
2 42.00
3 42.10
4 42.60
5 40.80
6 41.10
7 37.80
8 39.80
9 39.50
10 38.80
11 38.30
12 40.20
13 39.40
14 38.40
15 38.30
16 39.80
16周の平均速度 39.63
ポイント加算15周の平均速度 39.93

なかなか平均速度も速かったですね、暗い中なのに。

以上データ編でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月19日 (月)

草津ナイトレース2103

8/17の夜に滋賀県草津の烏丸半島、といってもよくわからないと思うけど簡単に言うと琵琶湖畔の琵琶湖博物館のとこで夜のクリテリウムが開催されたのでそれにC3で参加して来ました。
C3以上はポイントレースで、周回ごとのに1位から5ポイント、4,3,2,1とふられて総得点で順位が決まります。

調子はどうかというと、木曜日から毎日サイクリングしていた上、朝65km割合激しくライドした後に自走で30km掛けて会場入りしたので、ついた時点で脚がガクガクしていた。それでもまあレースまで2時間もあることだしと楽観的に試走したりご飯食べたりコーラがぶ飲みしてみたり、朝市メンバーと談笑したりしていた。

20130817_175914
C6のスタートだったかな?

20130817_191054
コントロールラインを越えて下り終わったコーナー。C4でもペダルをこすりながら抜けていく・・・それあかんやろ。
20130817_191845
速くて暗くて撮れませんー

20130817_193619
スタート前でーす。
課長。さん最前列僕2列目。C3デビューなので控えめなのです。

いつもの車連の曲が鳴りスタートを待ちますが、特に極度の緊張はしないです。レースなれしてきたのか。

いよいよスタートのピストル。
スタートはローリングなので焦る必要もないのですけどクリートがスムーズにはまらずに後ろの人に「をいをい。。。」と言われる。ごめなさい。。。

で何故か15番手以下に落ちてしまっていて「あーやっちまったー。課長の後ろに行きたかったのにー」と思いながら「ちょっと前行くんでどいてください」といえるわけもないので大人しく集団どまんなかで耐えることに。先導のバイクが離れてほんちゃんのスタートが開始されると一気にスピードアップ。中団に飲み込まれていた僕はなんとか位置取りをキープしながら前にでるチャンスを伺う。目が暗さになれない状況でコーナーに集団で飛び込むのは本当に怖く、この恐怖に打ち勝つか下がるかという選択を常につきつけられながら3周耐えると徐々に周りは淘汰されて走りやすくなる。
実際、最初の3,4周は平均時速が42km程度と速く、このせいで前にもいけないかわりに人数も徐々に減っていった。よくも悪くも課長。がレース序盤のペースを作って「くそぅ、こんなにスピード上げやがって!」という思いと「まあお陰で人数が減ってきてるな」と交互に思いながらやり過ごした。幸い僕自身はスピードには十分対応ができていた。なにせ亀岡盆地や朝市で狂ったようなスピードで走ったりしているので。
しかしここまで当然ポイント無し。。。

あと10周以上もあるからまだ挽回可能と思い直し4周目あたりから10番手以内についてレースに参加できた。やっと僕のレースが始まったという感じ。しかしながらレースが落ち着くと、ポイントレースなので毎周回コントロールラインに向けて加速していき位置取りが始まり、上りスプリントに突入という地獄のインターバルが毎周回繰り返され、それはもう我慢大会の様相。20人弱の先頭集団の後ろの方に下がったら後ろは真っ暗闇。あとで分かったことだけどどんどん足切りを食らっていた様子。。。。

一度いい位置で課長。と走っている時に「いくぞっ!」と声掛けられてコントロールラインに向けてリードアウトしていただき周回トップをゲットさせていただきました。それはもう完璧に牽いていただいてしかも恐ろしいスピードで、後ろはまったくついてきていないという。。。なるほど、チーム組んで数人でこれをやったらほぼ毎周回ポイントはとれるなという威力だった。
先頭をとったものだから次の周回は先頭で走るも、やっぱりかなりの脚を使う&心肺マックス。その後2周回程度回復に要してしまう。

残り7周回というアナウンスを聞く頃には絶望的な気持ちになり、あと7回もこのインターバルをこなすのかとレースを下りることさえ頭をよぎるが、ここまで来て何を言うとなんとか集団に踏みとどまり、周りを観察していける時には行くということを繰り返していく。気づくと課長。も先頭からいなくなり10名強でレースが進む。

なんとかポイントを取りに行きたかったのだけれど、やはり練習し過ぎで「いつ脚が売り切れるか」が心配、ポイントを取りに行った直後疲労で集団から脱落するのではないかという恐怖もありなかなか積極的にいけなかった意味ではやっぱり調整が充分でなかったと言える。
かといってポイントを取れないからといってのんびりしていたら取り残されるのである程度インターバルに付き合う必要があるからたまらない。

ちょいちょいポイントを取りながら最終盤3周回、この3周で1回は取りに行こうと思ってはいたけれど、それはみんなも同じでうまくスプリントができなかったり位置取りが悪かったりで結局ノーポイント。最後は8位でゴール。

ポイントは11ポイントで9位でした。
参加者とお互いに讃え合いながらレースを終えました。
少なくともC3では落車はみなかったしあまりふらつく人もいなかった分レベルが高かったかなと。
コースも綺麗で今後も夜ではなくてもいいのでレースが開催されればまた参加したいと思います。
本当に苦しかったけど久々にビンビンくるレースで楽しかったな。やっぱりクリテはおもしろいな。

最後に収穫はC3初挑戦でペースには一応対応できたし、しっかりとレースに参加できたと言う点。これも朝市などの強烈なメンバーに毎週揉まれてるお陰だなあと。

※レースより朝市のほうがしんどいという表現を関係者からよく聞くけど、このレースに限っては強烈なインターバルを15回も繰り返す点で朝市よりもキツかったですね(www

データは後日

| | コメント (4) | トラックバック (0)

お盆

リアルタイムに更新をほとんどしなかったので回想的に簡易メモをしておきます。

8/8(木):
ジテツウ71km

8/9(金):
ジテツウ73km

8/10(土):
ベッキーファンライド+ゾンネファンライド126km
Twitter繋がりのG-panさんとトレッキーさんと。

8/11(日):
大原朝市+大正池練127km
恒例の朝市後に流れ橋で待ち合わせしてトレッキーさん、kurubiさん、パシャ君と大正池へ。パシャ君が大正池を登っている時に熱中症の症状が出たためそこで終わりにして帰宅。
それにしてもCRをまともにはしれなくなるくらいの暑さだった。

8/12(月):
実家に帰省

8/13(火):
子どもと昆虫王国、船方農場、長門峡で遊ぶ

8/14(水):
子どもとプールへ。その後夕方に京都に戻る。

8/15(木):
京見峠、持越峠、江文峠、途中峠、琵琶湖大橋、烏丸半島、近江大橋、逢坂越、将軍塚で101km
江文を超えた時にこのままレースの下見に行こうと思いついて烏丸半島へ。帰路かねてから興味があった将軍塚に上る。ただ暑いだけだった。

8/16(金):
京見峠、細野、神吉、ベッキー、日吉、宇津峡、佐々江、周山街道、栗尾峠、京見峠で85km。
早朝の北山や京北方面はかなり涼しい。特に飛ばさずのんびり走った。

8/17(土):
ベッキーファンライド65km
草津ナイトクリテ自走+試走38km
草津ナイトクリテ20km

ベッキーファンライド参加する時点でかなり脚にきていて無理をしないでおこうと思うも中川から小野までの区間TTバイク参加者についていったり前に出たりでいつも通りしてしまう。その後もまあ普通にいつも通り走る。脚終わったー\(^o^)/
帰宅後少し横になったりして16時過ぎにレースに向けて自走開始。
しっかりと走って会場に17:30着。適当にそのまま試走。

ナイトクリテに関しては別エントリー予定。
帰りは課長。さんに送って頂いた。

8/18(日):
大原朝市+シルベスト練で70km。
暑くて4時過ぎに目覚めたので朝練へ。そのまま寝てたら乗るつもりはなかったのだけど。
クリーンセンター上りでAZEさんが前に出たので着いて行く。しばらくして前に出てしっかりと上げるもやはり前日までのレースや練習で脚がお疲れ気味。
踏切を越えてもついてきた5人で巡航、後ろのことはまったく気にせず。人数が多いからこれでいいんだろね。
AZEさんが長いこと牽いていて速度が33kmを下回るようになったので、2番めの人に回していけばいいのにと念を送っていたのだけどまったく変わろうとしない。しかたなく5番目を走っていた僕が前に押し出していくと活性化してしまいスピードがグーンと。
結局いつも通り高速江文に凸していく僕とケンタさんイッチーくんの3人。すぐにケンタさんと2人になってケンタさん先行、脚がパンパンなのでもう適当にやり過ごそうかと思っていたらなかなか切れのあるダンシングで先行していくので火がついた。あんまり頭使うのも面倒なので踏めるだけ踏み倒して独走、あとはタレるだけなのだが追走してくるAZEさんケンタさんをなんとか振り切り山岳賞。

その後はシル練に合流。もう完全に脚が終っているがいっとく。前日ナイトクリテにC1で出てた方もおられて終盤までいろいろお話しながら前で走ってたのでいつもの様に中盤からのスピードアップがなくてかなりの人数が残ったままであった。C1の方がスプードアップし始めると一気にいつものごとく僕とS店員、C1ライダーしか残らず3人でサバイバル、持越分岐を越えて加速した際にS店員が変速を手間取っていた様子を尻目に再加速してゴール。
ここで燃え尽きて持越登る気力もなくなり雲ヶ畑を踏まずに滑り落ちて帰宅。

昼から子どもに請われてポケモン映画、神速のゲノセクト、意外とよかった。

そんな盆休みでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月 7日 (水)

水曜ロードでしょう

前日残業で帰宅が遅くなり一人翌日に備えて3日目のカレーを2杯もいただく。夜遅くに食い過ぎ。12時半就寝、4時半起床。

トーストにジャムを塗ったくってコーヒーとともにかきこんで5時35分出発。で10分以内についてしまいそうだったので福王子711でMonster入れて合流。
20130807_055439
本日はぶらいあんさん、課長。さん、A野さん、テリーさん、いっちーさん(度々登場するイッチーくんとは違う)の6人。
御経坂峠までは良い感じでローテーションしながら。坂に入ったところで前にでて後ろからビンビンにテリーさんの気配を感じながら上げていく。ピークでもう1段あげようと思ったら何故かピークの道両脇に墓参りなのか、車と人。こりゃ駄目だとペースを落としてゆっくり通過。しかしなぜこんな朝早くから・・・

その後も中川まではローテーションしながら、集落は歓談タイム。
杉坂からもしばらくのんびりペースも森林区間に入るとA野さんが上げ始める。しっかりと付いていき前に出たらそこからは譲らないつもりで先頭を走る。水場あたりから少し速度を上げて様子見、全然振り落とせない、みんなの気配がビンビンに感じられて気合が入る。ハセガワに到達する前くらいから50-19Tに入れて全力投球しやっと振りほどけた。心拍195bpmくらいまで上がったはず。

山頂ではMTB乗りさんやくうさんたちがお出迎え。
20130807_064156

なかなかよい強度だったので予定していたジテツウを取りやめてシャワーを浴びて、普通にいつもと同じ時間に出勤しました(w

朝から自転車大好きで速くなりたいと願う人と走れて今日も楽し苦しめて幸せでした。
みんな犬のごとく先頭を追いかけ回す変態ばかりだけど(笑)今日もありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月 6日 (火)

旅立ち、そしてすぐに寂しくなる

去る土曜日、ベッキーファンライドを終えてすぐに子どもたちを実家の山口に返すべく準備をし京都駅へ。
20130803_124802
新幹線のお供に、と買った本や漫画を熱心に。
20130803_125731
新幹線に乗るで。
20130803_130229
とにかく本みたい。

今年の夏も子どもたちだけで新幹線で帰って行きました。すでに3回目なんで子どもに緊張感もなく・・・親はそれでもつくまではドキドキ。

20130803_141947

つくまでは緊張を解すべくたち飲んでました。

子どもがいないその夜は静かでいいもんだーと思ってましたけれど。
翌日自転車の練習を終えて帰ってきても子どもがいないと暇でしかたないことに気付きました(w

自転車と子どもくらいしか休日の時間の過ごし方がないという現実がつきつけられたのでした。
20130804_181459
なのでキーマカレーをつくる。
20130804_195007
グリーンピースを大量投入。
20130804_194959
枝豆とサーモン、残り物の酢の物、小松菜。

自転車で疲れきった体には酢の物とカレーのスパイスが効くのだ。
それにしても子どものいない夜や朝は静かでいいのだけれどすでにあの大騒ぎがないと寂しいと思ってしまってる。
いたらいたで「宿題やれ」や「行儀悪い」や「静かにせえ」や「片付けなさい」や「風呂は入れ」や小言お叱りを24時間言うこっちの身にもなれと思うのだけれど。

まあ静かなのも慣れるかなそのうち。今のうちに自転車にいっぱいのるか。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年8月 4日 (日)

ベッキーファンライド、朝市、アフターはシル練

8/3(土):
朝5時に起床、6時に福王子に出かけてみるとお初のシンジさんが(w
20130803_055814
短い間お付き合いいただきました。またゆっくりご一緒にいただけたらと思いました。
ゆっくり?にはならんか。
この日は少なめ(ぶらいあんさん、ヤマトさん、シンジさん、O田氏、名前不詳)なので強度は全体的にはそれほどなかったはずだけど、終始前を牽いたから個人的にはかなりキツイものがあったかな。

中川から小野まで曳ききって笠トンネルの坂は切れる。
477へののぼりはしっかりと先着、亀岡盆地への下りと盆地平坦は曳き倒して脚が終わった\(^o^)/
20130803_080526
老ノ坂は旧道をのんびり行く。

20130803_081129
ハムが攣りそうな人(笑)

桂坂のパン屋ではN原さん(同郷で一つ上の先輩)に再開!個人的にテンション上がり、N原さんの自作の自転車ギミックやらガーミン510を見せてもらって楽しかったああああ。

人数少なめだけどとてもいい練習になりました。ありがとうございました。

ベッキーには新事実が明るみになったのは秘密だ!
20130803_072414
怖いよベッキー
20130803_072504
実は浮いている。

8/4(日):
さて、疲れ取れぬ日曜朝4時半起床、6時にいつもの場所へ。この日も少なめだなあと思っていたら走り始めると早い人が合流(; ・`ω・´)

クリーンセンターののぼりで35㎞/hまで上げるとついてきたのはマッサの方とアシさん。そのまま下ってちょうど信号が赤になる前に通過、後ろが信号に引っかかるのは確実なので少し思案してこのまま逃走劇をすることとした。
3人で!と思ったらアシさんは後ろを待つ選択、マッサの人と逃げるが先頭固定。静原直線で少し前に出てもらったけどスピードが遅かったので再び前に出て江文に入るとそのまま独走して山岳賞。

聞くと信号だけでなく踏切にもひっかかったようで(www まあしらんしらん。

江文登り返しはいつもマイペースにダンシング縛りなのだけれど本日のパートナーはブライアンさん。あくまでマイペースなのがテーマなのだけれどいつも誰かが駆けてきてくれるから「上がる」
そうして集団最前線で江文を通過するとそのままDH、江文下りきる頃に課長。が最速で下ってくる。「乗れ」と言わんばかりに前に貼っいってくるものだから乗ってそこからは50㎞/hオーバーのローテ。しばらく先頭を走ったりしていたけれど脚が終わりそうだったのでそっと採石場前で降りておいた。そう、シル練があるから。

シル練の集合場所は朝市の合流で大賑わい。

実業団4人くらい。。。
序盤はいつもどおりゆるめ、中盤以降トレック乗りの方が着火、ついていくが速いからあえて挑発気味にドラフティングせず横から視界に入るようについていく。意地悪。
先頭交代しようにも先頭をなかなか譲らない頑固(www
無理やり先頭を奪うと今度はアシさんが飛んできて交代します!って。僕は蓋をしてたんですが・・・ここから地獄列車に。。。なんとか付き切れせずについていきS店員とローテ。
この日は実業団も多いこともありかなりの人数がついてきている。持越分岐まえで揺さぶるためにアタックしたら予想外にアシさんがカウンターでΣ(゚Д゚;エーッ!ってなる。ほんまにΣ(゚Д゚;エーッ!ってなって意気消沈をしてたけど少し考えなおしてギアをかけてケイデンスを105111rpm、心拍200bpm(GARMIN調べ)まで上げて追走しキャッチ、そのまま更に踏み込んで行く。残り距離を考えても追いつけないくらいまで距離を取りながらもS店員の追撃にビクビクしながらゴール。

本日空気読まない山岳賞2回目(www

20130804_084648_2
のんびり登った持越峠は朝市+シル組に加えて一条?も先におられ、老若男女入り乱れての・・・(´∀`*)ポッ
シル練集合場所でもそうだったのだけれど、あちこちで「はじめまして!」や「お久しぶりです!」の声。
人と人が繋がり楽しみも増す、そんなことを思いながら自転車にのってる幸せを感じたのでした。

裏京見も例のトレック乗りとバチバチになってしまって、そこにS店員が加わる。先ほどの雲ヶ畑で先着してしまったせいでS店員のマークが厳しい(www トレック乗りでも持て余し気味なのに後ろのS店員も気を使わなきゃの展開で:(;゙゚'ω゚'):
とりあえず水場を超えて絶対に前を譲らないトレック乗りの心を折るために圧倒的なスピードで抜き去る。このまま先頭でゴールさせてもらえるかなーと油断したら鬼スプリントでピークをS店員にとられる。。。まあE1のヒルクライマー相手だからあんまりショックない(w

ということでかなり厳しい環境で2日間自転車を乗り回した。だいぶ体調も復調、良い感じにスピードも乗ってきたしレースが楽しみになってきた。

2日間一緒に走っていただいた方々に今日も感謝。ありがとうございました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »