« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月

2013年11月27日 (水)

週末練と関西シクロクロス

11/23(土):
この週もtwitter、FBで呼びかけをして御幸橋に9名集まる。人数も多いし脚もバラバラなので強度を上げなすぎないようにペースを作るもローテをしていくと自然に?意図的に上がる。
まあ仕方ないなと走れる人たちは放っておいて遅れた人のところまで下がってゆっくりと大正池まで。

登り始め、ペースが遅く9名がまとまっていたので車が抜けられない状況。前に出て高強度で牽きバラけさせる。途中からは全開走行して和束町の看板までついてきた2名を牽きたおして折り返し最後尾までお迎え、最後尾のくうさんには「あなた達紅葉きれいなのにみてないでしょう」とお言葉をいただき「あははは・・・」と笑ってた。
結局28分程度掛けて山岳賞峠までのんびり上り、みんなと合流、和束ローソンまで下り始める。

最後尾で降りて行くと途中で参加者が落車したらしく、「救急!やばいっ!」の声、慌てて自転車をおり119番。混乱してうまく状況を伝えられなかったがなんとか伝えきる。
怪我の具合は詳細は割愛するがかなりやばい状態だった。場所が場所なだけに救急がつくのは20分掛かった。
城陽方面のとある病院に搬送されるとのことで自転車でひとり病院に向かう。残った人に警察対応、落車した人の自転車の対応を任せた。

病院につくと落車した方の配偶者も丁度駆けつけてきたところで状況をお伝えする。老眼および混乱から病院からの私が書類を変わって記載したり、落ち着かない様子だったので一緒について行動した。一旦処置を終えた落車された方と少しだけ会話する瞬間があったが、きちんと受け答えされたので一安心。
後続の対応を終えて駆けつけてきた他の自転車仲間と少し話して解散。

落車事故は非常に残念だし、自分が呼び掛けた走行会でのことなので少なからずショックを受けた日となった。
落車の原因は状況からして恐らくパニックプレーキあるいは石等を踏んだことによるものと思われますが、誰もその瞬間をみていないのでわかりません。

今回のことで色々と思うところがありますが、ここを見ている人に伝えたいことを後述します。
・事故は誰にでも起こることと認識しましょう(今回落車された方は非常に慎重な方です)
・不幸にも事故を目の当たりにした場合混乱する可能性があります。普段からどんな対応をするべきか頭に入れておいたほうがいいです。
・今どこにいるのか説明できないと119番しても伝えられません。他人任せにせずルートを頭にいれるようにしましょう。

・自分の緊急連絡先等がわかるようにしましょう。今回は本人の意識があったので救急隊員が聞き出して連絡しました。個人情報なのでシェアなどは難しいですけれど、連絡先や血液型など記載したものをツール缶に入れていることを仲間に伝えるだけでも対応が随分ちがうと思います。

11/24:
正直なところ前日のことで自転車に乗る気はあまりしなかったけれど朝市のメンバーのことなので行って状況説明しなきゃといつもの集合場所へ。
参加者は少なかったけれど伝えれることを伝えた。
走行はメンバー的に僕が牽く時間が長い感じになって非常に疲れた。。。

朝市会場でも少しお話してそのまま途中越、琵琶湖大橋を超え砂地獄自転車大会が開かれているマイアミへ。
自転車仲間の熱い走りに少し落ち込んだ気持ちも束の間の元気を頂いた。そして熱い走りをした仲間はみんなシングルの成績、一人は表彰台のてっぺん!すごい!
そして自転車フォトグラファーの兄貴には大学卒業以来再会、お互い自転車でまたつながるんだからびっくりだなあ。

帰りものんびり一人走って山中越えして豪快なDHを楽しんで帰宅した。

走る前はまったく気乗りしない状態だったけどあのまま乗らずにいたらウジウジしていただろうから結果的にはよかったんだと思う。それに仲間の熱い熱い走りがみれたし。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年11月19日 (火)

週末練

11/16(土):
前日にtwitterとfacebookで呼びかけ、7時御幸橋、7時15分流れ橋集合で大正池方面へ。
前日呼びかけにもかかわらずそれなりの人数が集まっていただき感謝です。
6時過ぎにブラブラ出発、桂川CRを走っているとシンジくんに迎撃される。27km程度でおしゃべりしながらのんびり御幸橋に。背割でクロさんが迎撃、キングとO氏も合流して流れ橋へ。
流れ橋へはKYアタックが掛かってアゲアゲになる。。。
流れ橋でケンタくん、K-TANさんが合流も、お仕事でシンジくん、休養でクロさんがここでお見送り。

30kmくらいでのんびり巡行もローテをしていると段々速度が上がって・・・
大正池は出鼻で少し上げると集団崩壊、多分あのまま行けば19分台ペース、ケンタくん先行も後続を待つ動き、O氏が追いついたところで恐らく20分台ペース、僕は後続の様子を見にペースを大幅に落とす。最後尾を待って一緒にピークへ。
ここでお仕事のK-TANさんさよーなら。

残った4人で和束のローソンでのんびりお話をして湯船県境までアゲアゲで行き307,422で瀬田に出て1号で帰宅。

結果として少し上げすぎ。ま、大正池以降のメンバーは脚を知っている仲なので問題なかっただろうけど。
次からはもう少し強度を落としてコースも湯船折り返しか307で宇治に出るのでええかな。

兎にも角にもお付き合い頂いた皆様有難うございました。
基本的には毎週声掛けしますので都合が合えばよろしくお願いします。
タイム: 4:02:21
移動時間: 4:00:14
経過時間: 24:13:35
平均スピード: 27.3 km/h
平均移動速度: 27.6 km/h
最高スピード: 53.3 km/h
高度上昇値: 989 m
高度下降値: 1,012 m
最低高度: 1 m
最高高度: 403 m
平均心拍: 152 bpm
最高心拍: 194 bpm
平均バイクケイデンス: 87 rpm
最高バイクケイデンス: 237 rpm

11/17(日):
いつものように朝市サイクリング、集合場所手前でパンクチャーな課長。さんのポンピング手伝いで上半身アップ完了。
前日の疲れかまったく走れまへん・・・ローテで前でようにもしんどくてテリーさんにいっぱい牽かせてしまってスイマセン。。。
でもいつもはそれなりに前牽いてるからたまにはこんなんもええか、と思ったのも事実。なんとか江文の下まで食らいついていくもO氏に坂の途中でぶっちぎられ、最後には明らかに牽き疲れてたれていたテリーさんにも追いつかれて(;´д`)トホホ…

タイム: 1:34:01
移動時間: 1:33:05
経過時間: 2:26:41
平均スピード: 25.9 km/h
平均移動速度: 26.2 km/h
最高スピード: 59.2 km/h
高度上昇値: 458 m
高度下降値: 453 m
最低高度: 38 m
最高高度: 309 m
平均心拍: 141 bpm
最高心拍: 179 bpm
平均バイクケイデンス: 81 rpm
最高バイクケイデンス: 138 rpm

こんな日もあるさーと失意の中帰宅。

翌日、ぺしゃんこの後輪「パンクしてたか!」
バルブコアが抜けかけてました。
疲れもあったけど空気圧が低すぎたのかもしれないという日曜日の朝市サイクリングでした。
色々ダメでしたが無事故でありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月12日 (火)

ベッキーファンライド

11/9(土):
久しぶりな気がするベッキーファンライド、6時半にいつものコンビニで集合、人数が少ないがきついメンバーで青いファイヤーマン、アッシさん、課長。さん、O氏。
あれmugenさん来るって言ってたけどな・・・
出鼻から37kmまであがる滑り出しで「今日はファンライドじゃない、修行だ」と感じる、御経坂峠、中川の上り、神吉の上りは苦行そのもの、みんな顔歪んでた(www

ベッキー前で談笑後、僕は1人離脱してゾンネへ。
初めてのパンジャージお披露目、おばあちゃんも奥さんもめっちゃ喜んでくれた!でいろいろとサービスしていただく。

もうここまでで脚が随分終わっていたけれど日吉ほ持越峠経由で帰ろうとするも途中で通行止め看板。行ってもよかったがかなりもの寂しい峠なのでどうなっているかわからない以上引き返す。日吉ダムから神吉に登って細野経由で帰宅。

みんなで走るのはすごく楽しいし強度もあがるけれど、1人で走る時間も自分に向き合う為には必要だなと思いました。
この日もみなさんありがとうございました。
距離: 101.95 km
タイム: 3:45:53
平均スピード: 27.1 km/h
高度上昇値: 1,390 m
カロリー: 1,868 C
平均気温: 12.0 °C
最高スピード: 59.0 km/h
平均心拍: 152 bpm
最高心拍: 250 bpm
平均バイクケイデンス: 83 rpm
最高バイクケイデンス: 223 rpm

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年11月 7日 (木)

【オフトレ】少しまじめに更新していきますね

アクセス解析なんてほとんどしないですけれどどれくらいの人数がアクセスしてくれているのかくらいはたまにチェックしています。
サボってた間にはかなり減っていたし、こうして更新するとそれなりの方がみてくださっているのでありがたいことです。

オフトレもぼちぼち開始したのでデータをのっけて置きます。

まずは鈴鹿。
距離: 51.80 km
タイム: 1:23:50
高度上昇値: 634 m
カロリー: 1,066 C
平均気温: 22.6 °C
平均スピード: 37.1 km/h
最高スピード: 64.4 km/h
平均心拍: 185 bpm
最高心拍: 201 bpm
平均バイクケイデンス: 93 rpm
最高バイクケイデンス: 158 rpm

しょぼいですねー久しぶりのレースペースで平均スピードとか最高スピードとか。
別のエントリにも書きましたが3周回を3回と非効率にも程がある感じだったけれどこの数字はひどい。平均心拍も高いことから頑張っての結果。正直へこみまんな。
最高スピードはコンパクトだとこのへんが妥当なライン、出そうと思えばもう少し出せると思うけどケイデンスをこれ以上上げるのはふらつく危険もでてくるし。

続いて昨日のトレーニング

距離: 53.74 km
タイム: 2:09:45
平均スピード: 24.9 km/h
高度上昇値: 855 m
カロリー: 924 C
平均気温: 17.7 °C
平均スピード: 24.9 km/h
平均移動速度: 25.0 km/h
最高スピード: 58.8 km/h
平均心拍: 144 bpm
最高心拍: 186 bpm
平均バイクケイデンス: 73 rpm
最高バイクケイデンス: 235 rpm

最初の京見峠で30-30を8本したのでそれ以降は根性絞り出しみたいな走りになったけれど、いつもはローラーでやるインターバルを勝手知ったる峠で試してみたらどうだろうと思って挑戦したのはよかったのかな。
ただ、やっぱりつづら折りもあるし、少し狭いから車に気をつけなきゃなので30-30には適していないかも。
30-30というよりも「ここからここまでは全力」みたいな区間制でもいいかもしれない。逆に雲ケ畑なんかは適しているんだろうなと思った。
詳細を記録しておくと50-21Tor23Tでインターバル、レスト中は25Tでかなりゆっくり。
ヒルクライムでインターバルをやるのは斜度によってはレストにならないところがツライけれど逆に負荷もかけやすく心拍も上がりやすくて良い面もあるような。
しばらく続けてみようと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月 6日 (水)

【オフトレ】紅葉はまだ

朝起きたら具合が悪くて仕方がなく泣く泣く水曜ロードは回避して二度寝。

子どもが小学校やらに出かけてのんびりしてたら少し良くなってきたので鈴鹿モードの自転車を通常モードに変更、整備なんかしてたらすっかり元気になってきた。

一体なんだったんだろう。。。 ということで自転車を通常モードに直して10時過ぎに出発。

京見峠は30-30を8本、残り1キロを流して1305。
杉坂から持越まで心拍80%縛り。 クリーンセンターは全力でもがいて、採石場から80%縛りで学校まで。
江文は最後は90%まで上がるように踏んでいく。
大原ファミマで休憩して江文登り返し90%まで。
下りも踏んで市原まで85%で。 あとは流して帰宅。

オフトレはじめました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月 5日 (火)

鈴鹿エンデューロ

会社の人と参加する鈴鹿8時間耐久レース当日、朝起きるとすでに6時で3時間のお寝坊。
行くか迷うところだけどチームのエンデューロなので行くことにした。

本当は着いてくるといった次男も連れて行く予定だったけれどそんなこんなで置いていく。
あとで聞くと朝起きて僕がいないのを知り泣いたらしい・・・ごめんよ。こんなことしちゃダメだよな・・・

会場についたのは9時前、すでに始まっていたけれど5人で1人3周くらいずつ走ろうというユルユルな感じ。
1回目はまったくアップも無しで臨み軽く1周、2周めに入るところでAZEさん見かけて後ろに入ってもらおうとするも調子悪そうですぐに切れた。その後8時間の先頭集団に乗るも千切れる。全然レースペースに入っていけなかった。

2回目は4時間が終了する前に回ってきたので楽しみにしていた4時間のゴールが見えなかった・・・2回目は先頭集団に遭遇しないから9分ちょいくらいのペースでいい感じにはしている人を吸収してローテーションして走る。ローテといってもほとんど前を牽いていたのだけれど。

2回目が終わって4時間の表彰、知り合いのシンジさん、AZEさんが表彰台にあがるので写真係。一緒に走ればすぐに分かる速さ、強さだけれどさすがの結果。
すごいなーとか言ってるだけじゃなくてまだまだ強くなろうと密かに思ったのでした。

3回目は実質最後の出番なのでがんばるつもりでコースに出て行く、1周めのヘアピンで後ろから先頭集団がやってきたので飛び乗った。シマノ、愛三、イナーメが半分くらい占める明らかに「違う」雰囲気。最初は遠慮がちに最後尾を走っていたけれどシマノの選手が後ろに回ってくれて列に加えてもらった感じ、そこからはローテーするので前に行ったり後ろに行ったり、でも3周で終わりの自分があんまりいらんことしてもな、と基本的には遠慮がちに列に加わっていた。
なんとか着いて行くのがやっとという感じで、これについていけるのは精々5周程度、もしかしたら太っていなくて乗り込んでいた夏前のコンディションならもう少しいけるか、という実感。「そこ」に居続けるにはもう一段階上に行かなければならないな、と。

しかし会社の人と参加したはずのレースだけれど、自転車友達のみんなと騒いだりお話したり挨拶したりというのが忙しくて会社の人とあんまり絡んでない(www

まさしくお祭りな感じで非常に楽しかった。1人で参戦というのはAZEさん見てたら大変そうだなというのもあるけど、春も出てみようかな、ソロで。

ということで今年の自転車のイベントらしいイベントは終了。
守山クリテ、伊吹山ヒルクライム、ワーサイクリテ、美山、クレフィールエンデューロ、飯南ヒルクライム、草津ナイトクリテ、キャットアイクリテ、鈴鹿エンデューロでほぼ月一ペースで参戦。

それなりにたくさんレースに出たな。クリテもエンデューロもヒルクライムもある程度できるところが自分のいいところなのかなーと思いながらもどれもちゅーと半端なリザルト。
また来年のことは考えていないけれどきっと守山クリテからかな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年11月 1日 (金)

2010年のころのまま

赤川鉄橋が封鎖されたという。

2011年に長男が小学校に入学するまで淡路に住んでいたので赤川鉄橋はまさに近所、鉄道好きの息子を連れてよく遊びに行ったし、ロードバイクでよく通った橋。
高所恐怖症気味の僕は隙間が見える板張りの仮橋を通る時は少し緊張していたのをよく覚えている。

恐らく最後に赤川鉄橋に行ったのは2010年の秋頃だろう、息子2人と橋を渡り河川敷で走り回って遊んだ。それまでも何度も何度も息子と通って運良くそこを通る貨物を見たら子どもと一緒にはしゃいだ。
あの頃の僕は自分のしてきたことのせいで大きな問題を抱えていた。だからその土地を離れて2008年より転職して通っている会社がある京都に2011年引っ越しをした。結局のところ引っ越しをしたからといって問題からは逃れなれないわけだけれど。

就職をして1年横浜で過ごしたあとに大阪に配属になって一人暮らしを始めた2000年にワンルームマンションを借りたのが淡路だった。
2004年に結婚して部屋を借りた際にも淡路から離れることなく2LDKのマンションを借りて暮らし、長男が生まれ、次男が生まれ京都に引越するまで都合10年暮らした街。

京都に引っ越ししてからは淡路には2度ほど通っていた淡路駅前の立ち飲み屋に行った。それ以外の場所には単純なノスタルジックな気持ちになりきれずに脚が向かない。あの立ち飲み屋は最後の心の拠り所だった。今でも電車で淡路を通過するだけでも複雑な気持ちになる。唯一の気休めは大きく変わりつつある駅周辺の光景。

赤川鉄橋が封鎖されると聞いても行きたいなという気持ちよりその反対の気持ちが結局は強く、行かなかった。
だから僕の中ではしばらくまだ鉄橋は2010年の秋のままだ。

いつか息子と歩く日が来るのかなーと漠然とした思いはあるけれど今じゃないという思いがつよいニュース。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »